<< 今日は一眼 運不運 >>

直葬

新聞に、今日初めて目にした言葉、「直葬」についての記事がありました。
直葬とは、通夜や告別式を行わずに遺体を火葬するだけだけのことで、以前は身寄りのない人が対象の福祉サービスだったそうです。
ですが今や一般化してきて、都市部では積極的に請け負う業者が増えてきたそうです。
自宅や病院から直接火葬場に運ぶので、費用は大変安上がりに済みます。
以前は身寄りのない人しか対象とならなかったのに、ここ3.4年で葬送のスタイルの一つになっていて、家族の有無や経済状況にかかわらずこれを望む人たちが増えているそうです。
そして驚くべきことに、今や都市部では全体の2~3割が直葬なのだそうです。
田舎に住んでいる人から見れば、普通にお葬式をやったとしても都会のやり方は合理的に運ぶなあと思っていたのに、そのうえ更にこの直葬方式が増えていくのなら、田舎と都会の葬儀のやり方は、どんどんかけ離れていくと思います。
結婚式をやらない若い人たちが増えているのはわかっていましたが、お葬式をやらない人たちが増えていることは、今日初めて知りました。
で・・・自分が亡くなった場合を想像してみると、やはり子供たちに面倒な思いはさせたくないので、私もこのやり方でいいという考えに落ち着きます。
ただ、自分が遺族の立場を考えてみると、親しかった人の一つの人生が確かにこの世にあったわけですから、少し時間をかけて、けじめをつける意味でも、簡素なお通夜や告別式はあったほうがいいのかなとも思います。
でも、田舎では直葬というのは聞いたことがありませんから、私の葬儀は究極の簡素な方法でやるように、娘たちに言っておくつもりです。
f0138305_17175253.jpg

by esiko1837 | 2009-04-21 17:15 | Comments(17)
Commented by mistylife at 2009-04-21 20:26
最近ご近所で御主人が亡くなられてお葬式がありませんでした。とても合理的、進歩的な考えの奥さんだなと思いました。
わたしの場合長生きする気でいますから、参列者のことを考えると直葬でいいと思いました。そして海への散骨、これは前々から決めていることです。
あんまり、簡素にものごとを済ませてしまうのは味気ないと思いますが、それは人それぞれの考え方で良いのではないでしょうか。
Commented by nuts-co at 2009-04-21 20:31 x
桜の写真が話題に似合いすぎです。葬儀社のシステムが不透明でものすごく腹立たしい思いをした経験があるので、シンプルもありかなと思いますけど、なにか非日常な儀式でもないと、きっと乗り越えがたいものがあるんじゃないかな、とも思うんですけど。
Commented by まき at 2009-04-21 21:14 x
>少し時間をかけて、けじめをつける意味でも、簡素なお通夜や告別式はあったほうがいいのかな

分かります。こういう儀式って、実は残された人たちが故人の死を乗り越えたり実感したりするためのものでもあると思うのです。言い方は直接過ぎるけど、意識に叩き込まないと、亡くなったという実感もわかないというか・・・。
 人と動物を同列に扱うと怒る人もいるかもしれませんが、私はミケもロッキーも離れているうちに死んでしまったので未だに死んだという実感がわかないのです。
 お棺の中に横たわる姿を見てお別れを言う、その準備をする、というのは気持ちに区切りをつけるために必要なのかもしれないな、と最近思ってきました。
Commented by Lucian at 2009-04-21 21:38 x
葬儀は残された遺族の気持ちのけじめにもなるわけですが、本来は亡くなった人を送る為の儀式です。
長い闘病生活などで心の準備ができた人などを除けば、亡くなった人はすぐには自分の死を自覚できないまま彷徨ったり、やり残したことを続けようとしたりするといわれています。
セレモニーは、向こうの世界への旅立ちをうながし、援助するために行なうのです。
たとえば、身内や親しい人だけでお別れ会をすることでもいいと思います。
Commented by パナファン at 2009-04-21 21:53 x
セカイモンのサイト、覗かせていただきました。今までは ほとんど ヤフーオークションのサイトを観ていましたが、お陰様で大きく視野が広がりました。早速 会員登録も終了し204.99ドルで提示されたZ1015も発見、あとはクリックするのみです。ところで この商品、新品が送られてくるのでしょうか?  
色々と親切なご教授 有難うございました。
Commented at 2009-04-21 22:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2009-04-22 00:08
私は戒名は絶対イヤで、墓もいらない、葬式もできればシンプルがいいと思っているけれど、自分で自分の葬式を出すわけにはいかないし、まかせるしかないかなぁと思っています。
Commented by 時平 at 2009-04-22 05:23 x
おはようございます
身近に考える問題ですね
私ん所でも ここ何年か前から 葬式を自宅でやる人はありません
すべて葬祭場です
でもあれでは・・・葬儀屋さん儲け過ぎ・・・
考えなければ いけません(家にも80過ぎのばあ様いますので)
なんて言ってますが自分もどうなるか分かりません・・けど(笑)

ただ納棺は自宅で身内だけで・・・というのが増えてきました
それはとてもいいことですよね  必要以上に見せることはありません。。
Commented by jmiin at 2009-04-22 05:36
僕は散骨して欲しいのですが、嫁ハンはなぜか反対しています。
いや、そもそも「私より先に逝く事はまかり成らぬ」と強く言いつけら
れて居るので、散骨してくれる事になるのは僕の子供、と言う事に
なりそうです。
今から良く言って聞かせなきゃ。
Commented by esiko1837 at 2009-04-22 06:01
mistylifeさん、おたくのあたりうちよりは遥かに都会ですが、でもまだまだ田舎の風習が残っていますよね。
その地でお葬式をしなかったということは、相当に決心が必要だったと思います。
田舎では、よその家のことをあれこれ言うことが当たり前のようにまかり通っていますからね。
何事も先達がいないことには、後が続きません・・・。

nuts-coさん、葬儀社は一回こっきりのことなので、たちの良くない業者に頼んでしまうととても不愉快なことになってしまいますよね。
葬儀社さえ気持ちよく対応してくれるのだったら、故人へお別れを言うために、簡素な式は必要かもと思います。

まきちゃんも気持の区切りをつけるために、あったほうがいいと思ってるのね。
ほんと、「直葬」って、「直送」みたいだよね・・・・・。
これじゃあ故人があまりにも可哀そうです。






Commented by esiko1837 at 2009-04-22 06:09
Lucianさん、「身内や親しい人だけでお別れ会をすることでもいいと思います」・・・多分、これからの葬儀の形態は、こういうふうになってくるのではないでしょうか。
私の経験談ですが、うちはこの土地にネイチブではないので、本家も分家もありません。
田舎なのでいろいろとうるさく言う人がいて、最後の祓いの席で近所の人からしこたま文句を言われました。
出席者の皆さんの前で・・・。
こういうことがあると、葬儀はしないほうが楽という思いもありますが、それでは故人に申し訳ないので、多分やると思います。

パナファンさん、出品物のページに、newとかusedとか書いてあると思いますから、よく見てみてください。
その値段だったら新品だとは思いますけど。
出品者がショップだったら、ほぼ全部が新品のようですよ。

Commented by esiko1837 at 2009-04-22 06:19
K様も葬儀社には腹立たしいことがあったのですね。
こうしてみると、式をやらないと決めた人たちの理由のひとつは、葬儀社が信用できないからかもしれませんね。
葬式経済という言葉にどきっとしましたが、いわゆるお祭り値段になってしまうケースが多いのかなと思いました。
それにしても、一年に二度も・・・・大変でしたね。

自分の葬儀はいらないなあと思っている私ですが、戒名のことは抜けていました。
聞いた話ですが、お寺さん用のパソコンソフトがあって、ドラッグ一つで檀家の人間を過去帳に移動するんだそうです。
戒名はどうなのかなと、今思いました。
何か条件を入力したら、ぱっと出てくる・・・うーーーん、どうなのかなあ。

Commented by esiko1837 at 2009-04-22 06:38
時平さん、同じ田舎仲間だと思っていたのに、葬儀を自宅でやる人はもういないんですか?
うちの町には、そういう施設がないんです!!!!
ですからイヤでも自宅でやることになってしまうんです。
うちの町にも早く葬祭場ができてくれるよう、切実に願っているんです。
母には、それまで頑張って生きててもらわないと・・・なんてね。
納棺ですが、これはまったく時平さんのおっしゃる通り、身内だけで行いたいものです。
よその人には見せたくないし、自分だったら見られたくないですよね。
よその人だって、決して見たくはないと思います。

jmiinさんは、よっぽど奥さまに愛されていんですね。
仲がよさそうで羨ましい限りです。
奥さまは、ペットが亡くなったらきっぱり忘れてあげてることが供養だとの哲学をおもちでしたよね。
jmiinさんの死を見たくないということは、これでjmiinさんがペットではなく人間として見てもらっていると証明されたことになります!!
がんばって長生きしてください。
なんてね。
Commented by esiko1837 at 2009-04-22 06:44
こういうテーマはレスがつかないかなと思っていましたが、皆さんもそれなりに関心があるのですね。
ブログの最初ほうに書きましたが、私の父は本人の意思で医大に献体だったので、亡くなった翌日に車で持っていかれて、二年間は葬儀ができませんでした。
あの二年間の私たち家族の胸の内は、どう表現したらいいのかわかりません。
葬儀がどうこうは関係なくて、早く葬儀を出したい、ただこれだけでした。
本人のたっての希望でしたから従うしかなかったのですが、あの二年間は、魂や霊というものをあまり信じない私でも、父がその辺に彷徨っているようで、落ち着かない日々を過ごしました。
二年後に簡単な葬儀を行って、やっと安らかな気持ちになったのでした。
母が一番かわいそうでした。
Commented by jmiin at 2009-04-22 23:49
敵は、大昔、夫婦同然の異性を亡くしている様です。
その事に関しては僕は一切触れない事にしています。夫婦間の
「闇」ですね。
ま、闇もいいじゃないですか。そう言うのがあった方がお互いに
刺激を持って、楽しく生活出来ると思っています。

ああ、また良い事書いちゃった^^;
Commented by esiko1837 at 2009-04-23 15:58
あら・・・そういう事情があったのですか。
生き別れは理由があるからいいけれど、死に別れは思いが残ると言いますから、奥さまは大変な思いをされたと思います。
そんな奥さまをして結婚までこぎつけたjmiinさんって、よっぽど優しい性格の持ち主なんでしょうね。
正直・・・・見直しました・・・。
Commented by 臥竜 at 2009-04-23 23:36 x
私も葬式不要、戒名不要の組です。 義父が亡くなったとき遺言で墓も要らない葬式もいらないとの事で自宅からこの直葬にしました。火葬の後遺骨を引き取り親戚友人を呼んで故人を偲ぶ会を自宅で行いました。写真に花を飾っての食事会でした。 納棺、葬式、火葬場でのお別れ、遺骨収拾、埋葬、色々定義はありますがそれはやはり生きている人の為大切なのかもしれませんね。 実家では初代からの立派な墓があり12代目の私の要求通りの葬式・戒名無用にはならないかも知れませんが、こちらで直葬にしてもらおうと思ってます。ちなみに米国の火葬は高温で骨が全く残らなくサラサラと砂の様になりますので、海へ散布、花火で打ち上げ、花壇へ撒く等が行われてます。 私のも海へ散布してもらいたいと思ってます。 残された人の為のケジメが葬式かもしれませんね。 「おくりびと」見てジーンとしました。 こんな様に考えるようになったのはやっぱりオジンになったのかな~~。
<< 今日は一眼 運不運 >>