<< 四月の雪 沖縄に行ってきました >>

平和な日々


この歳になると、やらねばならぬことは、ほぼ日常生活関連のことばかりです。
昔よりは4時間も遅く起き、掃除洗濯と朝食を最低限にササッーと済ませれば、あとは何をしてもよいことになります。
うちは夫殆どが何もしないので、以前は面白くない気持ちも有ったりしましたが、
近所の人に愚痴ったら、「じゃあ、あんたのやることがなくなるじゃないの」と言われて物凄く納得したことがあります。
でも、夫は私が言えば何でもやるので、まあそれはそれでよしということにしています。
本日も私が言ったので朝食後に車二台のタイヤ交換をしてくれました。
と、家庭内はこんな毎日ですが、昨日は友人がカボチャの煮たのを持って来てくれました。
「あのね、このカボチャ、切るときに硬くて大変だったからうんと美味しいかと思ったら、
とんでもなく不味いの!うんと美味しくないよ!本当に不味いの!」と言って置いてゆきました。
そこまで不味いんかい?と思いながら夕食に頂いたのですが、これが本当に不味くて・・・短い老い先の語り草がひとつ増えました。
近所の友人たちと、こんな感じで笑いあえる毎日が、本当に楽しくて有難いと思っています。
国内外のニュースを見ると、この平和な毎日が壊れるのではという漠然たる不安がわいてきます。
私は、今何かが具体的に起こって全てが終わりになることが有っても、
友人たちに恵まれ、家族もまあまあ大きな問題もなくて、それなりに楽しい人生だったと諦められる気がしています。
でも、娘や孫の事を考えると、それは諦められることではありません。
娘も孫も、そして若い人たちみんなの老後が平和でありますようにと切に願うばかりです。
      
f0138305_14170195.jpg




by esiko1837 | 2017-04-10 14:19
<< 四月の雪 沖縄に行ってきました >>