<   2009年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

産地直売所

f0138305_17163822.jpg

私の住んでいる所は農村地帯なので、野菜の産地直売所があります。
うちのように、農業をやっていない人にはとっても有り難い場所で、おかげでいつも新鮮で安い野菜を食べることができます。
下仁田ネギ・・・・太いのが7本で250円(本場物よりは小ぶりです)。
リンゴ・・・・大小混じって10個500円。
ホウレンソウ・・・・肉厚でものすごく活きのよいのが110円。
ごぼう・・・・細くないのが2本210円。
こういうのがすぐ近くで買えるので、畑がなくとも困りません。
気仙沼の海産物も売られていて、よく昆布や鰹節を買うのですが、今回は「限定生産」の文字に惹かれて、金華サバの味噌煮というのを初めて買ってみました。
はっきり言って・・・・・普通のサバ缶とは別物でした!!
脂が乗っていて、大根おろしで食べたらとっても美味しかったのです。
すぐにまた行って、あるだけ買い占めてきましたが・・・・今時、あんまりサバ缶なんて食べている人はいないかもしれませんね。

今日は今までの仇を取られたようにどんと雪が降りました。
多分除雪車が出ると思うんですが、湿った重い雪なので、しなった木や竹が道路を塞いでいないかと心配です。
眺めてる分にはいいんですけどねえ。
f0138305_1924786.jpg

by esiko1837 | 2009-01-31 17:30

結果報告

数日前に始めた切干大根&乾燥芋作りですが、普段の良い行いが影響してか(?)、連日見事に晴天続きで、昨日順調に完成いたしました。
結果は、この通りです。
f0138305_1029490.jpg

元は、大根は13本、サツマイモは10k1箱-焼き芋3本ーふかしイモ4本です。
乾燥すると、本当になんでこんなにガッカリするほど量が減るんでしょうね・・・しばし感慨にふけってしまいました。
前回はストーブで乾かしてしまったので切干大根になりましたが、今回は外に出しておいたので、凍って溶けて干されての繰り返しの、「凍み大根」の出来上がりです。
で、せっかくやっと乾いたのに、早速昨夜のおかずとなって登場です。
f0138305_10392635.jpg

凍み大根のほうが、心なしか切干大根よりも歯ごたえがあるような気がしました。
乾燥芋は、明後日母の母が百歳の誕生日で(本人は植物状態ですが)、母の兄弟が久々に集まってお祝いをするというので、お茶菓子に持って行ってもらうことにしました。
なにしろ来た人来た人に自作だと言って自慢タラタラで出してしまうので、10k弱の乾燥芋がもう少ししかありません・・・・。
また作ろうかなと、目下考え中です。

今朝は、ちょっと先が見えないくらいに靄がかかっていて、見慣れた家の周りが、まるでスリーピーホローのように幻想的でした。
f0138305_10454531.jpg
f0138305_10455687.jpg

istDS DA21F3.2
by esiko1837 | 2009-01-30 10:47

青山孝さん

元フォーリーブスの青山孝さんが肝臓がんで亡くなったという記事が、今朝のスポーツ各紙一面トップに載っています。
肝臓がんをおして舞台に立っていたそうですから、相当の覚悟で臨んでいたのだと思います。
本人は勿論一番大変なのですが、それを見守るメンバーや家族の思いもまた随分辛いものがあったことでしょう。
最期まで自分の好きなように出来たのですから、青山さんは本望だったのでしょうね。
普通の人間だったら、やはり一日でも長くと、病院にいるほうを選ぶと思うのですが、これは目標がある人と無い人とでは、当然変わってくる気もします。

私は前に書いたことがありますが、元祖ジャニーズのファンクラブ会員でした。
少ないお小遣いを何か月も貯めて、やっと申し込みをして憧れの会員になった途端、ジャニーズ事務所から「ジャニーズは解散します。会員は引き続き、今度デビューするフォーリーブズの会員になります」という手紙が来て、ものすごくガッカリして、せめてお金を返してほしいと心底思ったものです。
そのジャニーズですが、リーダーだったMさんが、何年も前に亡くなっています。
しばらく前に、某放送局で通訳をしている友人の所に新しく入ってきた女性がその娘さんだったという話を聞いて驚いたことがあります。
また、その友人が参加している熟年の演劇サークルを主宰している方の親友が、やはり元ジャニーズのIさんだそうで、またこれも驚かされました。
今のジャニーズ事務所はわかりませんが、昔はサイン帳を送ってやると、ちゃんとサインをして返送してくれました。
長い間大事にしていたのですが・・・・・・・・・いったいどこに行ってしまったのでしょうか。
そう言えば、40年近くも前に取得した美濃部亮吉都知事の名前入りの美容師免許証は、もう30年以上も行方不明のままです。
f0138305_751347.jpg
f0138305_762829.jpg
f0138305_765530.jpg

(昨日夕方の気仙沼の白鳥ですが、暗くてイマイチの写真ばかりでした)
by esiko1837 | 2009-01-29 07:08

大河ドラマ

ここ数年視聴率が低迷していたNHKの大河ドラマですが、「篤姫」が久々のヒットとなり、その後を受けて始まった「天地人」は、更に視聴率が高いそうです。
ホームドラマ仕立てということで、今まで敬遠して見なかったような「女子供」の取り込みに成功したのでしょうか。
昔のお父さんは、まず殆どが大河ドラマを見ていたものです。
大河の第一作は、尾上松緑主演の「花の生涯」でした。
桜田門外の変で亡くなった、井伊直弼の生涯で、歌舞伎役者の尾上松緑さんが重厚に演じていました。
第二作は、長谷川一夫主演の「赤穂浪士」でしたが、「おのおのがた・・・・」のフレーズが、後々まで語り継がれています。
第三作が緒方拳の「太閤記」で、第四作が「源義経」と続きます。
当時はどこでも一家に一台しかテレビ無くて、当然のように父親がチャンネル権を持っていましたので、毎週欠かさずにどこの家でも一家そろって見ていたのではないでしょうか。
追われて吉野山まで来た菊之助(当時)の義経と藤純子の静御前が別れを惜しんで、追手がそこまで迫っているのに、グズグズと歌を詠んだり舞ったりしているのを見た父が、「いつまでそんなことやってるんだ!!そんなビロビロした衣装なんか脱いでモンペでもはいてサッサと逃げろー!!」と、テレビに向かって叫んでいた声を・・・・私は昨日のことのように覚えています。
さっきのことは全然思い出せないのに、40年以上も前のことを鮮明に覚えているのはどうしてなのでしょうね。
それはそれとして・・・絢爛豪華な配役と作りで、主役も歌舞伎界とか映画界の大御所を起用するのが当たり前だった大河ドラマも、「篤姫」は宮崎あおい、「天地人」は妻夫木聡、しかもホームドラマ仕立と、大河ドラマも随分と様変わりしましたね。
f0138305_2043070.jpg
f0138305_20598.jpg

by esiko1837 | 2009-01-27 20:05

次はさつまいも

乾物組合トップのnuts-coさんの後をどこまでも付いていく覚悟の今日この頃ですが、昨日はまた真似をして、千葉から送ってもらった有機栽培の紅あづまを干しました。
まず洗って蒸して皮をむいて切って干したのですが、干した段階で午後3時だったので、今日のお天気がとても気になるところです。
f0138305_613122.jpg

f0138305_6132426.jpg

小さな芋はそのままで、大きな芋は縦半分に切って蒸したのですが、切った方は蒸すときに皮と実の間に蒸気が入るので、皮が一気につるんとむけてしまうので、お勧めです。

切干大根を作る時に、ついでにおかずもと思って、ストーブにブリ大根の鍋をかけていました。
その鍋の蓋の上にのせていたお玉の柄の合成樹脂の部分が、ストーブの熱ですっかり溶けていたようで、不注意につかんでしまった私の手にべったりとついて火傷をしてしまいました。
とにかく冷やそうと、寝るまで氷水に入れていたのですが、以前に半信半疑で買っておいた万能薬だというマヌカオイルのクリームが見事に効きました。
寝られないかもしれないと思うほどの痛さで、水膨れも皮がむけるのも覚悟していたのに、水膨れにさえならず、2日後には跡形もなく治ってしまいました。
お勧めです。
f0138305_6271269.jpg

by esiko1837 | 2009-01-26 06:26

氷点下7度

今朝はとても冷え込んで、氷点下7度まで下がりました。
一昨日届いたのにテストしていなかったタムロン18-200mmを持って、その寒さの証拠を捕らえようと、朝食後に家の前50mの川付近をブラブラしてきました。
f0138305_13281252.jpg

f0138305_1381750.jpg
f0138305_1384110.jpg
f0138305_1394947.jpg

ハイズームのレンズだと、どうしても望遠端を使いたくなりますね。

ほかのことで忙しくて、カメラの設定を全然煮詰めていないので、イマイチの写真が多いのですが・・・・これは私が近づいたために急に飛び立ったカモの写真が、かなり見るに堪えなかったので、セピアにしてみたらブレが減って見えるような気がしたので載せておきます。
f0138305_13141327.jpg

by esiko1837 | 2009-01-25 13:29

深夜便の歌

NHKのラジオ深夜便では、月替わり(?)で、深夜便の歌が流れます。
今の曲は、菅原洋一さんの「ひとひらの雪」と、松坂慶子さんの「やさしさの季節」です。
私は、最近はあまり聞かなくなりましたが、菅原洋一さんの歌が大好きでした。
少し前にここで書きましたが、最近聞いた75才の洋一さんの歌は、昔に比べて随分と声量が落ちたなあと寂しい思いがしていました。
ラジオから流れる「ひとひらの雪」を初めて聞いた時は、正直、かなりガッカリしました。
声量が落ちて声に伸びも(昔より)無くなって、高音部は苦しそうにさえ感じたからです。
そのうえ、サビの「好きよ~好きよ~好きよ~好きよ~」の部分では、技量の落ちた分をカバーしようとでもするように、感情を露骨に込め過ぎていると感じました。
昔はもっと品よく歌っていたのに・・・と、悲しい気がしました。
ですが、毎日聞いているうちに、段々受け取り方が変わってきて、以前の余裕たっぷりで歌っていた頃の洋一さんよりも、ずっとずっと胸に切なく迫ってくるようになりました。
聞き手を感動させる歌って、技量ばかりではないんですね。
今の洋一さんの歌は、75歳の生身の体とこれまでの道のりとで熟成された、今の洋一さんにしか歌えないものなのだと思うようになりました。
私は、半分以上の曲は手持ちのアルバムに入っているにも関わらず、「歌手生活50周年記念アルバム ひとひらの雪」を、昨日ネットで注文してしまいました。
しかし・・・もうひとつの深夜便の歌「やさしさの季節」のほうの松坂慶子さんは、誰も歌唱力なんて期待していないはず(失礼)ですから、その分、かなり楽ですよね。
みんな多分、「松坂さん、随分歌がうまくなったなあ」と感じると思います!
f0138305_733739.jpg

by esiko1837 | 2009-01-25 07:02

切干大根続きの続き

H20年分の決算と確定申告の準備がほぼ終わった解放感から、今日もまた張り切って切干大根作りをしました。
なにしろ、朝から青空で、とっても良いお天気だったのです。
f0138305_16415439.jpg

張り切って土のムロから大きな大根を13本出して、皮をむいて切って茹でて、全部干したら、こうなりました。
f0138305_16433939.jpg

前回使ったあのザルでは全く足りなかったので、窓から網戸を外して台に乗せ、その上にござを敷いたら、なんとか全部広げることができました。
まるで宮崎の産地に行ったよう・・・・ではありませんが、この大量の大根が、干し上がったらまた激減するのかと思うと、少々悲しい気もします。
今日は良いお天気の割にはあまり乾燥しなくて凍ってしまったので、今回のは「凍み大根」になってしまう可能性が大きいですが、それはそれでどんな出来上がりになるのか、とても楽しみです。

25日朝の様子です。
夜間はシートをかけていましたが、すっかり凍ってしまいました。
f0138305_863198.jpg

by esiko1837 | 2009-01-24 16:50

切干大根続き

昨夜から今朝にかけて、ずーっと雨降りでした。
これでは絶対に自然乾燥は無理だと思って考えた結果、こういうことになってしまいました。
f0138305_13334080.jpg

ストーブの威力はものすごくて、一時間もしないうちに、すっかり乾燥してしまいました。
f0138305_13351121.jpg

なんだか虚しくなるくらいに、小さくなってしまいました。
それはそれとして・・・・気になるのは、その出来具合というか味です。
乾いたそばからぬるま湯に入れてもどして、冷蔵庫の中にあったものと一緒に早速煮てみました。
f0138305_13412560.jpg

nuts-coさんの言われるとおり!!!!
え?というくらいに、自作の切干大根は、歯ごたえがあって美味しいです。
ですが、娘がこのお皿を見るなり言いました。
「あらあ・・・・せっかく乾いたのに・・・・・」
言われてみれば、たった二日間とは言え手塩にかけた可愛いものをすぐに我が手にかけてしまって・・・・でも大根ですからね!
次回は、ちゃんと天気予報を見てから実行したいと思います。
by esiko1837 | 2009-01-23 13:45

切干大根

nuts-coさんのブログで、手作りの切干大根があまりにも美味しそうだったので、夫の実家から大量に貰って土に埋めて保存してある大根を使って、私も昨日、挑戦してみました。
本当は午前中にやるつもりがお天気が悪くて、夕方晴れてきたので慌てて作業をしたのですが
昨夜から今現在まで、ずーっと弱い雨が降っています。
これは、お日さまで一気に干し上げてしまわないといけないのですが、どうしようもありません。
夕方ちょっと晴れたからって・・・私の判断ミスですね。
で、かび臭くなったり腐ったりするのも嫌なので、こんな塩梅になってしまいました。
果たして食べられるのが出来るのだろうか・・・・ダメなようだったら、このまま煮て食べてしまうしかないですね。
でも、冷蔵庫に入れて乾燥という手もアリかな?と思ってもいます。
そして・・・入りきらなかった分は、カメラを出して除湿庫に入れちゃうとか・・・。
名案はさて?
f0138305_14262764.jpg

by esiko1837 | 2009-01-22 14:27