<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

あなたはどちらを思い出しますか?

「サヨナライツカ」という恋愛映画のDVDを見ました。
主演は十数年ぶりにカムバックした中山美穂さんで、原作はご主人の辻仁成さんです。
映画としては結構辛口の評価が多いのですが、私は相手役のN氏目当てなので
かなり満足度は高いです。
この映画のテーマとなっている詩があって何度も出てくるのですが、その後半の部分はこうです。

サヨナライツカ
永遠の幸福なんてないように 永遠の不幸もない
いつかサヨナラがやってきて いつかコンニチワがやってくる
人間は死ぬとき 愛されたことを思い出すヒトと
愛したことを思い出すヒトにわかれる
私はきっと愛したことを思い出す

さて、あなたはどちらを思い出しますか?
私は・・・こういう詩にドップリと浸れるような性格だったら、人生はもうちょっと違っていたのかもしれません。
私の最期に頭をよぎるものは、△△が食べたかったとか、□□を飲みたかったとか、食欲系に決まっています。
f0138305_1726539.jpg
f0138305_17262441.jpg
f0138305_17265066.jpg

by esiko1837 | 2010-06-29 17:30

井上ひさし氏追悼番組

昨日と一昨日のラジオ深夜便「明日への言葉」は、井上ひさしさんのインタビューの再放送でした。
私は例によって配達中で、乗ったり降りたりで飛び飛びにしか聞いていないのですが、中でこういうくだりがありました。(うろ覚えですが、大体こんな感じです)
アナ 「観客は、井上さんの舞台に行けば笑わせて貰えると期待している訳ですが、
    笑いを作り出すのは大変な苦労なのでしょうね」
井上氏「そりゃあ大変です。人間に本来備わっているのは悲しみだけなんです。生まれた瞬間から
    みんな平等に死に向かって進み始めるのですから、悲しみしかありません。
    悲しみだけでは生きられないから、笑いを創りだすのです。本来備わっていないものを
    無理に生み出すのですから、それは大変な苦労なんです」
と、大体こういう感じのことを話されていました。
こういう事は誰でもおぼろげには認識しているのですが、このようにズバッと表現されると、
さすがに国語の達人は違うなあと、感心して益々聞き惚れてしまいます。
晩年は、こまつ座の経営のために劇作に重点を置かざるをえなかったようですが、
氏がやり残したことは、凡人には計り知れないほどたくさんあるのでしょう。
享年75歳は、今の時代ではあまりも早すぎです。

で、我々も等しく死に向かって一歩一歩と進んでいるわけです。
その悲しみを紛らわせたり忘れたりするために、仕事や趣味はとても有り難いものです。
と、ここまで書いてきて、何を書きたかったのかわからなくなってきましたが、
でもこういう無駄なブログでも、悲しみを紛らわす役には立っているのかな・・・と。
そういうことにしておきましょう。
f0138305_15322079.jpg

by esiko1837 | 2010-06-26 15:32

保護色の彼

今朝、軽いお天気雨の空に大きな虹がかかっていました。
カシオの24mmでも虹の全体が入り切らなかったので、
NEX-5はパノラマ撮影が出来ることを思い出して初めてやってみました。
f0138305_112911.jpg

ご覧の通り、合成はガクガクの結果になりました。
カメラを正確に水平移動していないと、こんな結果になるようです。
普段の私なら咄嗟にカメラの新しい機能なんて思い出さずに、
左右二枚撮影して横に並べて一枚にするところです。
なのに、思い出したばっかりにこのザマです。
練習してパノラマ撮影をものにするか、はたまた二度とやらないか、
さて、私はどっちでせう・・・。
で、虹を取り終わって目を足下に転じたら、保護色の彼(彼女?)がひっそりと棲息していました。
f0138305_11374633.jpg

この手がダメな方はごめんなさい。
私も以前はダメだったんですが、カメラが好きになってからは大丈夫になりました。
カメラさえ持っていれば、高所も閉所も大丈夫です。
でも、撮り終わって我に返ったときが大変です。
↓口直し。
f0138305_11403020.jpg
f0138305_1141840.jpg
f0138305_11414685.jpg

by esiko1837 | 2010-06-24 11:42

夏至ですが、「歳末助け合い」の話題

昨日は夏至でした。
なので、これからは、冬至に向かって段々日が短くなっていきます。
せっかく夜明けが早くなって喜んだのもつかの間、あっという間にまた遅くなっていきます。
と、毎年毎年同じ事を書いているのですが、こんな事を飽きずに書いてられるのは、
日々普通に暮らせている証拠と喜ばねばなりません。
f0138305_13455688.jpg
f0138305_13461376.jpg
f0138305_13462415.jpg
f0138305_1346364.jpg
f0138305_13465318.jpg

ラジオ深夜便の歌として、今、ボニージャックスの「そして葉桜のとき」が流れています。
今朝の深夜便「明日への言葉」は、このボニージャックスのメンバー4人の中のお二人でした。
話を聞いているうちに、私が歌を毎朝聴きながらイメージしていたのは、デュークエイセスだったと判明。
話の内容に所々?と思いながら聴いているうちに、デュークエイセスの名前が出てきたので、
そこで私が思い違いしていることに気づきました。
昔々のある年末、12月23日にボニージャックスが宮城県塩竃市でクリスマスコンサートをし、
翌24日は九州での公演予定だったそうです。
一方デュークエイセスは、12月24日に仙台でクリスマスコンサートの予定だったのに、
その日は東北が豪雪と悪天候で飛行機が運航不能になってしまったのだそうです。
既に宮城県にいたボニージャックスが仙台で、仙台には行けないけれど九州は行けるデュークが
そちらにと相談のうえ交換して、なんとかコンサートのキャンセルだけは避けられたということです。
で、これがホントの「歳末助け合い」・・・・だとラジオでは言っていました。
「そして葉桜のとき」は、アラ還世代が聴くと胸がキューンと音の出るほど切ない歌です。
心臓疾患のあるかたは、聴かないでおいたほうが無難ですが、でもいい歌ですよ。
by esiko1837 | 2010-06-22 14:14

二万円で夕陽を見に青森へ

JR東日本の「大人の休日パス」(3日間乗り放題)を使って、友人と3人で来月の頭に
青森の夕陽を見に行くことにしました。
決めたのは早かったものの、近場だと思って呑気にしていて、昨日切符を買いに駅に行きました。
一ノ関から盛岡まで「やまびこ」、盛岡からら八戸まで「はやて」、八戸から青森まで「白鳥」、
青森から弘前まで鈍行で行き、弘前市内を散策した後で五能線の「リゾートしかみ」最終で深浦に行きます。
田舎なので全然混んでいないだろうと高をくくっていたのがとんでもなくて、
白鳥号は売り切れていました。
そういえば7月ですものね、海峡トンネル経由で北海道に行く人若い人たちが買ったのでしょう、きっと。
で、ここはいくら混んでいてもその自由席に乗っていくことにして、今回の主目的である
夕陽海岸を見ながら海岸線を走る「リゾートしらかみ」が問題です。
北海道に無関係なローカル線なのでがら空きだろうと思い、夕陽を見るんだったら席は海側じゃないとねー!のノリで、「海側の席をお願いします」と言いました。
駅員さんは、「この時期、しらかみは一番混む時期ですからね。あるかなあ」と言いながら
探してくれましたが、「6席残っていましたが、離れいるのでどうしますか?」と聞いてきました。
我々はさっきの「海側じゃないとねー」の強気はどこへやら、「どこでも構いません。乗せてもらえるだけで結構です」モードで買わせていただきました。
なにせ、リゾートしらかみは全席指定なので、席が無かったら計画そのもが挫折なのです。
で、このメンバーでの旅行は、最安がモットーなので、宿も激激安安を探します。
夕陽海岸の真ん前に二食付きで6800円というのが有ったのですが、隣とふすま一枚で
タバコの煙も漏れ入って来ると口コミに有ったので更に探すと、基本は8800円ですが
料理にこだわりが無ければ6500円、しかも駅からの送迎も可というのを発見。
早速電話して、「6500円でも送迎をしていただけますか?」と聞いたらOKということで、
無事に予約することが出来ました。
今回、JRの乗り放題パスが12000円、宿が6500円、12湖へのバス代いくばくか、
昼食二回で1000円くらいということで、二万円ちょいで、五能線の列車から夕陽海岸を眺めて
海の近くのペンションに泊まり、翌日は白神山地の入口にある12湖をウォーキングをし、
帰りは秋田に抜けて駅の周りを散策し、秋田駅から「こまち」で盛岡に行き、
そこから「やまびこ」で一ノ関に帰還するという計画が出来ました。
大人の休日倶楽部パスは、以前は年に4回あったような気がするのですが、利用者が増えて慢心したのか、今年からたったの2回になってしまいました。
でも一回使えば元が取れますで、是非皆様もご利用下さい。
ミドルだと50歳から加入できますよ。
f0138305_1795354.jpg

去年の写真です。K-m&100mmマクロ
by esiko1837 | 2010-06-19 17:10

シベリア抑留者法成立

16日の国会で、シベリア抑留者法が可決されました。
第二次大戦後にシベリアやモンゴルに強制抑留された日本人に、
帰国時期に応じて一人あたり25万から150万円の特別給付金を支給する
特別措置法が、今週中にも施行されます。
またこの法は、政府に対して強制抑留の実態調査や死亡者の遺骨収集などに関する
総合対策を盛り込んだ基本方針策定を義務づけました。
戦後65年経って、やっと・・・・・の感が否めませんが、ようやく抑留者への
慰謝が図られるのは、生存者にとってもご遺族にとっても、少しは心の平穏を取り戻す
一助になればいいなと思います。
この法が成立したことが少しでも多くの人の目や耳に入り、教科書でしか戦争を知らない
多くの人たちにその愚かさを知って欲しいと強く思います。
折りも折り、井上ひさしさんの遺作「一週間」が30日に新潮社から発売されます。
シベリアに抑留された日本兵向けにソ連が出す「日本新聞」の編集に携わる中年男性を主人公に、
シベリア抑留はなぜ起きたか、当時のソ連や日本軍とは何だったかを問うという大きな
テーマながら、笑いや冒険活劇風な展開を入れ、さらに絶望の中にかすかに浮かぶ希望、
過去を受け止め伝えることの大切さなどを訴える、井上作品の集大成・・・だそうです。
戦争や抑留の歴史を次代に伝えるためにも、若い人たちにたくさん読んでもらいたいのです。
f0138305_1062319.jpg
f0138305_1063925.jpg
f0138305_1065069.jpg
f0138305_1071055.jpg

f0138305_10172293.jpg

f0138305_1072452.jpg

毎日こんなことばかりしている自分は平和ボケしてるなあと思いつつ・・・・。
by esiko1837 | 2010-06-18 10:08

アダプターでマクロレンズ

今朝は結構な降りの雨だったので、カメラは持参しましたがあまり撮らずに帰ってきました。
で、昨日は注文していたαマウントレンズ用のアダプタが届いたので、家の周りで試してみました。
純正なので絞り値は伝達できますが、フォーカスはマニュアルになります。
不安はあったものの、液晶が未だかつて無い見え易さなので、老眼の私でもなんとかなりそうです。
試し撮り程度なので、三脚は使用していません。
それからこのカメラはWBもかなり正確なので、オートで使っています。
レンズは、除湿庫に入れっぱなしだったsonyの50mmF2.8です。
f0138305_11282269.jpg
f0138305_11283249.jpg
f0138305_11284520.jpg
f0138305_112907.jpg
f0138305_11291992.jpg
f0138305_11293144.jpg
f0138305_11294452.jpg

f0138305_11391748.jpg

NEXの手ぶれ補正はレンズの方に付いているので、このレンズ使用だと手ぶれ補正ナシになります。
なので、三脚を使えばもうちょっと綺麗に撮れると思います。
人間三脚のブルさんが羨ましいです。
by esiko1837 | 2010-06-16 11:32

ボケコントロール

今朝は、弱い雨の中での配達でした。
雨でも晴れでも私は必ずカメラを持って出発します。
配達の最後は直ぐご近所なのですが、そこの畑で雨に濡れた赤いイチゴが目を引いたので
これは撮らにゃあなるまいとカメラをあっち向けたりこっち向けたりしていたのですが、
その姿を畑の主に見つかってしまいました。
イチゴのなっているよその畑にしゃがみ込んでいたら・・・それは疑われても仕方ないですよね。
ってか、これはもう盗人と決定されても仕方のない状況です。
ですが、言い訳するのも可笑しいので、いつもの「まあイイッカ!」流で、「おはようございます」と大きな挨拶だけして帰ってきました。
ということで、イチゴのベストショットはありません。
NEX5は、ボケコントロールボタンがついています。
マクロモードでこのボタンを見てみると最大値になっていますので、特にいじる必要は無いようです。
f0138305_11414851.jpg
f0138305_11421473.jpg
f0138305_11423365.jpg
f0138305_11425155.jpg
f0138305_11431381.jpg
f0138305_11432975.jpg
f0138305_11434789.jpg

私の頭にもボケコントロールボタンが欲しいなあと思いましたが、必要無いようです。
いつもボケ値最大のマクロモードなので、調整不能です。
by esiko1837 | 2010-06-15 11:46

細倉鉱山旧社宅オープンセット

今朝の7時半過ぎに、「クボタ民謡お国巡り」という東北民放ローカルのTV番組を見ていたら
昔懐かしい住宅の町なみからの放送でした。
場所は宮城県の栗原市だったので、そんなに遠くないからと朝食後に行ってみました。
適当に見当をつけて出発したのでたどり着くのにちょっと迷いましたが、楽しめる所でした。
少し前までは実際に住んでいたそうで、また「東京タワー」という映画のロケ地になったそうです。
入場料はなんと一人100円!
駐車場もあるので、近くの方も遠くの方も是非機会が有っても無くても訪れて欲しい所です。
写真をたくさん載せますので、サラサラっーと流し見して下さいませ。
f0138305_19373263.jpg
f0138305_19374845.jpg
f0138305_19375961.jpg
f0138305_19381677.jpg
f0138305_19382746.jpg
f0138305_19384095.jpg
f0138305_19385280.jpg
f0138305_1939785.jpg
f0138305_19392256.jpg
f0138305_19393423.jpg
f0138305_19395576.jpg
f0138305_1940943.jpg
f0138305_19402342.jpg
f0138305_19403474.jpg
f0138305_194046100.jpg
f0138305_1941020.jpg
f0138305_19411161.jpg
f0138305_19412635.jpg
f0138305_19422441.jpg

途中、宮城大地震の被災者用のプレハブ仮設住宅がいくつも見られて、
いまだそこで暮らしておられるかたがたくさんおられると思うと心が痛みました。
管さん、何とかして下さい!!

少し追加です。
f0138305_754599.jpg
f0138305_76096.jpg
f0138305_762958.jpg
f0138305_764769.jpg
f0138305_77414.jpg

by esiko1837 | 2010-06-13 19:49

sonyのミラーレス

どうせバレルので自白しますが、kissX4を下取りに出して、sonyのミラーレスNEX5ズームレンズセットを手に入れました。
超軽量なので、旅行には最適です。
でもモードを変えるのにいちいちメニューから行く必要があるので、操作性は悪いです。
いつでもどこでもオートだったら快適かもしれません。
f0138305_1347233.jpg
f0138305_13475570.jpg
f0138305_13492254.jpg

で、こっちはカシオのコンデジです。
f0138305_1350511.jpg
f0138305_1353682.jpg
f0138305_13532016.jpg

両者の値段はかなり違うんですが、描写の違いは・・・あまり無いですよね。
わかっちゃいるけど懲りない私です。
by esiko1837 | 2010-06-12 13:55