<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

五郎治殿御始末

父が亡くなってから、遺品は殆ど処分したのですが、程々の読書家だった父が遺したそれなりの量の本は、
図書館に持って行って引き取って貰いました。
その時に、私が読みそうな本は残しておいて、たまに引っ張り出して読んでいました。
その最後の一冊が浅田次郎氏の「五郎治殿御始末」で、つい先日読み終えました。
「新しき世を生きよ 武士という職業が消えた 明治維新の大失業にもみずからの誇りを貫いた侍達の物語」
と、帯に書いてある短編集です。
6編、武士の誇りを貫いた話があるのですが、中でも表題になった「五郎治殿御始末」には泣きました。
浅田氏の5代前の父祖の五郎治殿のことを、氏が曾祖父から聞いた形で書いてあります。
私が痛く感じてしまった部分の抜粋です。

「社会科学の進歩と共に、人類もまたたゆみない進化を遂げると考えるのは、大いなる誤解である。
たとえば時代と共に衰弱する芸術の有り様は、明快にその事実を証明する。
近代日本の悲劇は、近代日本人の奢りそのものであった。
 誰しも父祖の記憶をたぐれば、明治維新という時代がさほど遙かなものではないことに気づき愕然とする。
実はその驚きの分だけ、我々はその時代を遠い歴史上の出来事として葬りさっているのである。
 さほど遠くはない昔、突如として立ちはだかった近代化の垣根の前に、戸惑いうろたえながらも
とにもかくにも乗り越えた人々の労苦を、私はいくつかの物語に書いた。
 開き直って刀を筆に持ち替えただけだと嘯けば、父祖の魂はおそらく叱る気力も萎えて言うであろう。 
理屈をこねるでない、この馬鹿者と。」

発刊は、父が亡くなる一年前でした。
多分、だいぶ惚けてきていた父が最後に買った本だと思われます。
果たして父が読んだか読まなかったのかはわかりません。
大震災で原発事故があって、人類がもう一度文明のなんたるかを考え直す必要のあるこの時に、
この本を読めと、私に父が遺していってくれたような気がしてなりません。
「カメラやネットにばかりうつつを抜かしてるでない、この馬鹿者。」と。
f0138305_947296.jpg
f0138305_9474581.jpg
f0138305_948120.jpg
f0138305_9481740.jpg
f0138305_9483321.jpg
f0138305_9484533.jpg
f0138305_9495128.jpg
f0138305_9515827.jpg

by esiko1837 | 2011-04-29 09:52 | Comments(16)

平泉周辺

仙台までの新幹線が再開だというその初日の昨日、娘を迎えに一関駅まで行って来ました。
去年咲き終わってから行って残念な思いを抱えていた、平泉の「達谷窟」の枝垂れ桜を見るべく、
2時間も早く家を出て平泉経由で行きました。
f0138305_10183177.jpg
f0138305_10191359.jpg
f0138305_10193287.jpg
f0138305_10195184.jpg
f0138305_10201183.jpg
f0138305_10203239.jpg
f0138305_1021254.jpg

行く途中のヒガンザクラや山桜はもう咲いていましたが、お目当ての「達谷窟」の枝垂れ桜は
まだ一分か二分の咲き始めで、見頃になるのはGWになるのではないでしょうか。
今年は絶対に見る!覚悟です。
f0138305_10241766.jpg
f0138305_10244758.jpg

f0138305_10332351.jpg

同じく、藤の花ももうちょっとでした。
f0138305_10252951.jpg

厳美渓の「道の駅」で「餅定食」を食べてから一関駅に行ったのですが、
昨日の東北新幹線は停電が二回有って、運休が21本も出たそうです。
悪運が強い娘は、ちゃんとスムーズに仙台からは特別快速に乗って帰ってまいりました。
10時30分だというのに、まだ寝ています・・・。
f0138305_10294965.jpg
f0138305_103040100.jpg

by esiko1837 | 2011-04-26 10:30 | Comments(26)

アイスクリームだって

建物が全部流されて、町が全く機能しなくなっていた陸前高田市に、
今日はローソンが復活してオープンしたそうです。
市内に数店あったローソンが全滅して、その中の2店の店主さんが共同で設立し
プレハブの店舗で営業を始めたそうです。
賑わっている店内の様子を映しながら、店主さんへのインタビューがありました。
「何が一番売れましたか?」という質問に、店主さんは「アイスクリームでした。
お客さんは今まで買い物は隣の大船渡市に行ってたと思うんですが、アイスは溶けるので
買ってこられませんから」と答えていました。
ナルホドネ!
震災以来、商店は皆無になっていたので、買い物そのものが陸前高田では出来なかったんです。
市民の方々は本当に不自由だったと思います。
時を同じくしてガソリンスタンドも、大きなタンクを置いたような状態で、市内での営業が一カ所で始まったそうです。
少しずつ少しずつこうやって「前へ」進んでくれるといいですね。
f0138305_19412696.jpg
f0138305_1942638.jpg

by esiko1837 | 2011-04-22 19:42 | Comments(26)

閉店セール

数日前に、馴染みの店から閉店セールのお知らせハガキが届きました。
f0138305_19541661.jpg

この店とはもう20年来の付き合いで、店主さんとは、韓国ドラマのDVDを貸し借りするような仲でした。
娘達の卒入学式などの学校行事出席用や、仕事関係の集まりや旅行用しか買わなかったので、
たまにしか行きませんでしたが、でも外出用の洋服はほとんでこの店でお世話になっていました。
去年廃業してからは必要もなくなったし手元不如意でもあり、全く行っていませんでした。
でも、あちらも終わり、こちらも終わりと重なって、一つの時代が終わったような気がしてきて
寂しさがこみ上げてきます。
Nさんは、まだまだお店を続けたかっただろうなあと思います。
震災のために不本意に店を閉じることになってしまい、残念な思いをしていることと思います。
Nさんの顔を見るため、、お別れを言うためにだけでも行ってみようかなと思っています。
f0138305_20143464.jpg

f0138305_20264936.jpg

f0138305_20153482.jpg
f0138305_20155283.jpg
f0138305_20164518.jpg

by esiko1837 | 2011-04-20 20:16 | Comments(18)

塞翁が馬

叔母さん達のお見舞いに行って来た友人から聞いた話です。
A叔母さん宅は少し前までは市街地にありましたが、量販店から店舗用敷地に売ってくれと言われて
売ったのですが、その代金について話が食い違っていた所があって悔しい思いをしていたそうです。
A叔母さん宅では住む家を建てるべくあちこち探したものの、便利の良い所はどこも買うことが出来なくて
仕方なく市街地から離れたかなり不便な山の方に建てたそうです。
そこに大津波です・・・その量販店は流され、不本意ながらも山の方に家を建てたA叔母さん宅は無事でした。
ずーっと市街地に住んでいたとしたら、家は流され宅地は価値が無くなり、叔母さんの命だって
危なかったかもしれません。
A叔母さんの妹のB叔母さんは一人暮らしだったそうです。
A叔母さんの息子であるCさんは、B叔母さん宅から歩いて5分の会社に勤めていたそうです。
地震後、Cさんはもうちょっと仕事を片づけてから避難しようと思っていたのに、
一人暮らしのB叔母さんを避難させなければと思って、仕事を切り上げて叔母さん宅に行き
自宅に連れて帰ったそうです。
B叔母さんは「Cのお陰で助かった」と言い、Cさんは「B叔母さんが居たから仕事をやめて帰ったので助かった」と
お互いに命の恩人だと言い合っているそうです。
塞翁が馬・・・・と言っていいのかどうかわかりませんが、何がどこでどういう結果を生むかわかりませんし、
その結果は、死ぬ時までにコロコロ変わります。
B叔母さんは家ごと全部流されてしまい、Cさんは仕事を失いましたが、家はあるし命も有りました。
今回の震災では、何百何千というエピソードが有ったことでしょう。
生き残った方々はその経験を語り継ぐ事が出来ますが、命をなくされた方々はその経験を、
誰にも語り継ぐことが出来ないんですよね。
f0138305_9341299.jpg

f0138305_9343278.jpg

f0138305_9314765.jpg
f0138305_9321440.jpg
f0138305_9324167.jpg
f0138305_933152.jpg

by esiko1837 | 2011-04-19 09:35 | Comments(16)

シルバーレディの必需品(in inaka)

友人が明日、被災された叔母様をお見舞いに行くと言うので、
持っていってもらおうと、こんなのを編んでいます。
f0138305_993858.jpg

チョット見なんだかわからないと思いますが、帽子です。
いつまでも毛糸の帽子でもないでしょうと思って、春夏用の糸を使って編んでいます。
昨日、試作品を作ったら案外に良かったので、「これ叔母さんに持っていって」と友に託したら、
「受け入れてる叔母と、身を寄せてる叔母と、2人いるのよ」と言われて、今日も編んでいます。
一作目でちょっと気に入らない部分があったので、それは友に被って貰うことにして(!)、
今日また二つ編む予定です。
編み物は楽しい・・・。

うちのあたりでも、やっと春の花々が咲き始めました。
空気の重苦しい日々が続いていますが、春の訪れで少しは明るくなるといいですね。
f0138305_9173213.jpg
f0138305_918457.jpg
f0138305_918236.jpg
f0138305_9184176.jpg
f0138305_9185544.jpg

f0138305_1659838.jpg

by esiko1837 | 2011-04-17 09:23 | Comments(21)

高田交番

昨日の毎日新聞に、こういう記事が載っていました。
こんなに若いのに、こんなことになってしまって、新人記者さんには辛い毎日のことと思います。
f0138305_16192264.jpg

この殉職されたお父さんの勤め先だった高田交番に、36年前は私の父が勤めていました。
私はもう結婚していて一関に住んでいましたが、東京の姉と一緒に、単身赴任だった父の所に
娘を連れて泊まりがけで海水浴に何回か行ったのでした。
あの頃の高田松原は、海水浴客でとても賑わっていましたが、
娘は海をとても怖がって、水の中にはついに一度も入りませんでした。
f0138305_16264231.jpg

あれから36年・・・・とてつもない大津波がこの海水浴場を襲うなんて、
あの時浜辺にいた人達は誰も思っていなかったでしょうね。
f0138305_16272020.jpg
f0138305_16274417.jpg

by esiko1837 | 2011-04-15 16:29 | Comments(16)

こんなん出ました

全国民挙げて節電を実行中ですが、センサー付きの照明を廊下用に探していたら
こんなのを見つけました。
電球を取り替えるだけ・・・なんだそうです。
さっき届いたので、早速これから付け替えます。
一個五千円くらいするので、ちょっと高めですが、でも消し忘れの多い人がいるお宅では
いいかと思います。
うちは3人中2人がそうなので買ってみました。
使ってみて良かったら、増やす予定です。
f0138305_17114484.jpg

by esiko1837 | 2011-04-13 17:12 | Comments(20)

後方の後方で

正確なことはわかりませんが、知人から聞いた話では、自衛隊がこれから一年間(別の情報だと一ヶ月)、
復旧作業にあたるため、500人体制で室根に駐留するそうです。
f0138305_6324723.jpg
f0138305_6332193.jpg

茶の間から自衛隊の夥しい数の車を見た母が、「戦争が始まったみたいだ」と言いました。
うちは自衛隊が常駐地となる体育館の真ん前にあるので、毎日この光景を見ることになりますが、
まさに被災地は戦後のような状況になっているんですよね。
今日の新聞に、対策を強化するため、一関市役所室根支所に支援本部気仙沼支援室を設置したと載っていました。
数日前、高校時代の同級生が、定年退職してそのまま室長を引き受けたと言っていました。
退職記念の奥様との旅行は当分お預けだそうです。
その彼も同級生、市長も同級生、前に書いたボランティア団体の家を探せと言ってきた和尚さんも同級生、
こんなに頑張ってる同級生がたくさんいるんだと思うと、胸が熱くなって誇らしくなります。
なのに私は、自衛隊の方々を横目に見ながらカメラをブラブラ下げてお散歩なのです。
なんだかなあ・・・・と恥ずかしい気持ちになるのですが、後方の後方にいて
出来ることはしようと思っています。
f0138305_6481585.jpg
f0138305_6484532.jpg

by esiko1837 | 2011-04-11 06:49 | Comments(22)

枝る

今日の新聞に載っていたネット造語です。
「枝る」・・・寝る間も惜しんで働くも、上司に恵まれず必要以上の努力を強いられる・・・・・だそうです。
枝野さんの会見を見ていたうちの老母は言いました・・・「この人、よくこなしているよね」って。
「こなしている?」・・良い意味なのか悪い意味なのかわかりませんが、老母はそう言いました。
聞き返すと面倒なので・・・そのままにしておきましたが、何となく言い得ているような・・。
未曾有の大災害なので誰がトップでもその対応は至難だと思うのですが、
わざわざヘリで災害地を訪れても「頑張ります」としか言えないトップに
被災者の大多数の方は落胆していると思います。

さてワタクシ、3月11日の震災後、食器棚のものを半減しました。
壊れて使いものにならなくなったテレビを新しいのに買い換えたのですが、
今度は倒れないように後ろからヒモをかけ、パソコンもヒモで棚の足に結びつけました。
テグスのような細いヒモがあれば良かったのですが・・我が家に有った一番細いヒモは
麻ヒモでした。
見かけは悪いですが、効果は同じです・・・・・。
f0138305_1391565.jpg

by esiko1837 | 2011-04-09 13:10 | Comments(19)