<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小松左京さん

日本SF界の巨人、小松左京さんが26日に亡くなられました。
膨大な知的エネルギーと森羅万象への好奇心と冒険心に満ち、
「ルネンサンス的巨人」「人間コンピューター」などの異名をとったそうです。
また、この度の大震災にも心を痛め、最期まで日本の未来を考え続けていたそうです。
亡くなる二日前の24日、付き添っていた家族に
「今は大変な時期かもしれないけれど、この危機は必ず乗り越えられる。
この先、日本は必ずユートピアを実現できると思う。
日本と日本人を信じている」と語ったそうです。
小松氏は、ご自身が重篤な病状に至っても尚、最期までを日本の行く末を心にかけ、
日本と日本人に絶望していなかったのですね。
胸が熱くなりました。
f0138305_17122984.jpg
f0138305_17124651.jpg
f0138305_1713296.jpg
f0138305_17131624.jpg

by esiko1837 | 2011-07-30 17:15

クイズです この花は?

時平さんは多分ご存知でしょうが、他にこの花の名前を知ってる方はいらっしゃいますか?
f0138305_9364948.jpg

葉っぱを見て気付かれた方がいるかもしれませんが、そうです、タバコの花です。
f0138305_938398.jpg

昔は一関から東側一帯は葉たばこの一大産地で、「東山たばこ」という名で有名でした。
最近では消費量の減少と作業が重労働であることから、葉たばこの畑は殆ど見られなくなってしまいました。
そもそもはこの隣に咲いている筈の蓮の花が目当て出かけたのですが、そっちはまだまだで、
代わりにこの花を見つけたので、若い頃の農協勤務時代を思い出して懐かしくなってしまったのでした。
で、蓮の花が咲く筈の別の所に回ってみたら、こっちはもう見頃になっていました。
f0138305_9434021.jpg
f0138305_9441897.jpg
f0138305_9454991.jpg

ヤマユリもまだ元気に咲き誇っています。
f0138305_948892.jpg

さてこれは?
f0138305_9484219.jpg

コンフリー
f0138305_9492135.jpg

ほかにもいろいろ
f0138305_950233.jpg
f0138305_9505374.jpg
f0138305_9511796.jpg
f0138305_9515863.jpg
f0138305_9522841.jpg

そしてなんともう、萩の花まで咲き始めていました。
f0138305_9534534.jpg

涼しい秋はもうすぐそこまで来ています!
なんてね。
by esiko1837 | 2011-07-27 09:53

静かなバラ公園

昨日、参加しているグループで山形に行って来ました。
村山市にある「東沢バラ公園」に立ち寄ったのですが、バラ祭りは先週で終わっていたので
入場料は無料でしたが、前に来たときとは違って、とっても閑散としていました。
バラのピークは過ぎたものの、静かな雰囲気の中をゆっくり見て歩くのもまた良いものです。
f0138305_20465411.jpg
f0138305_20471762.jpg
f0138305_20484523.jpg

これもバラなら
f0138305_2049155.jpg

これもバラ
f0138305_2050959.jpg

しかしまあ、いろんなバラがあるものです。
f0138305_2051932.jpg
f0138305_20513490.jpg
f0138305_2052085.jpg
f0138305_20522254.jpg
f0138305_20525745.jpg

市の公園なのですが、手入れにはかなりの労力と愛情が注がれていると思います。
バラ祭り中に来るとバラの苗木やサクランボや特産品などを売っていてとても賑やかなのですが、
終わった途端にこの静けさです。
まだまだ花は残っていますので、静かに見て歩きたい方は、終わった直後が狙い目かもしれません。
by esiko1837 | 2011-07-25 20:57

ホームセンターで

築22年である我が家の台所の床が汚くなったので張り替えるべく
ホームセンターにクッションフロアーを買いに行きました。
私の計算だと、90センチ幅で7メートル必要でした。
90センチ幅しか無いと思って行ったのに、売り場には180センチ幅も置いてありました。
その数種類の180センチ幅のものの隣りに、「値下げ品」として半端に残った180センチ幅のが
2本立てかけてありました。
一本は3.7メートルだったのですが値段がついてなかったので、近くにいた「実習生」の名札をつけた店員さんを呼んで聞いてみたら
正規品のほうの値段を見て、「一メートル1400円ですから、5180円です」と答えました。
布地などでもそうなんですが、半端に残ったのは普通、相当割引値段にしてあるんです。
この実習生は上司に相談もせずにアッサリそう答えたので、それは無いでしょうと思い、
「値下げ品って書いてあるんだから、それより安くなってるはずよ。私がこれをかついでレジに持っていって聞いたらいいのかな?」と言うと
彼はちょっと怒った感じになって、「いいですよ。私が聞いてきますから」と担いでレジに歩いていきました。
結局は上司が出てきて3割引になったのですが、そもそもは値段がついていなかったのが悪いものの、
実習生でも正規の店員さんでも、わからなければわかる人に聞くのが筋ですよね。
いくら実習生でも、これはちょっと・・・と思ったことでした。
f0138305_20403226.jpg
f0138305_20405049.jpg
f0138305_20411589.jpg
f0138305_20421743.jpg

by esiko1837 | 2011-07-22 20:42

取れないので撮れない

G2に着けたトイレンズが取れなくなりました。
ちょっとやそっとじゃトイレンズを認識してくれないので、
力任せにアダプタをギュッと締め込んでたら、取れなくなってしまいました。
もっと強く力を入れてみるべきか、はたまた何か道具を使ってみるべきか・・考え中です。
明日あたりパカッと外れてくれるような気がしている、脳天気な私です。
ということで、昨日と今日はライカX1の出番となりました。
f0138305_19485539.jpg
f0138305_19491230.jpg
f0138305_1950027.jpg
f0138305_1951380.jpg
f0138305_19513665.jpg
f0138305_19515642.jpg
f0138305_19523518.jpg
f0138305_1953045.jpg
f0138305_19534496.jpg

猛威をふるっている大型台風の進路が心配です。
皆様、どうぞお気を付け下さい。
by esiko1837 | 2011-07-19 19:55

暑い暑い暑い暑い日々

毎日暑いですね、ほんと。
暑いからと言って歩くのをさぼっていたら、膝の裏のあたりが痛くなってきたので
慌てて3日前から、また歩き始めました。
最近は6時過ぎに起きる傾向にありましたが、歩くには早いほうが涼しいからと
5時半起きで続けています。
f0138305_19401690.jpg
f0138305_19404522.jpg
f0138305_1941182.jpg
f0138305_19411433.jpg

で、カメラをぶら下げて歩いているもので、畑にも行くことは行くんですが
手が汚くなるとカメラに悪いので、何もしないで戻ってきます。
なので、最近では畑仕事の殆どが夫ばかりになってしまっていて、
夫はこの日照り続きのお天気のために、朝夕にバイクで水を運んでかけています。
他にも草を取ったり掘ったりと、暑い中をご苦労様なことになっています。
汗だくで帰ってきて何回も着替えるので、この夏は愛妻の手作り”だぼシャツ”を
もう4枚も縫いました。
どうせ畑と家でしか着ないので、手作りほど安いものはないんです。
木綿や麻のシャツは涼しいのでお勧めです。
f0138305_19515039.jpg

by esiko1837 | 2011-07-17 19:51

トイレンズ 25mmF1.2

暑くて暑くて、何をする気力も湧いてこない日々が続いています。
カメラさえ手に取る気が起きない中、オークションにCマウントのトイレンズなるものが出ていました。
Cマウントとは16mmシネマ用のレンズのマウントで、マイクロフォーサーズ用に今人気があるそうです。
本当のレンズはマニアの間では結構高値だそうですが、オークションに出ていたのは中国製のトイレンズで
アダプタ&マクロリングと一緒で5980円でした。
それをG2に着けて撮ってはみましたが、レンズがなかなか認識されず、思うように撮れません。
絞りを調節することしか出来ないレンズなので、絞りきると真っ黒になってしまうし・・・。
とにかくピントを合わせられないので、カメラ近づけたり遠ざけたりして撮っています。
f0138305_19522210.jpg
f0138305_19524464.jpg
f0138305_19525926.jpg
f0138305_19532085.jpg
f0138305_1954055.jpg
f0138305_19541646.jpg

by esiko1837 | 2011-07-14 19:56

私も・・・きことわ

サステナさんがブログで紹介されていた本が面白そうだったので、図書館に行ってみました。
「朝吹ナントカさんの”とわきこ”って言う本、有りますか?”」と聞く私に係のTさんは、
ウフフと含み笑いしながら、「”きことわ”ならありますけど・・」と答えてくれました。
固有名詞の殆どがうろ覚えで正確に出てこない私ですが、一回で通じたのですからまだまだ捨てたもんじゃありません・・。
この芥川賞受賞作ですが、サステナさんのお住まいになっている大都会では百数十人待ちだったそうなのに、
おおいなる大田舎の我が町では本棚で借り手を待っている状態なのでした。
借り手にとっては嬉しいことですが、一抹の寂しさを覚えたのは、どうしてでしょう。
で、この「きことわ」は長文が多いので最初は読みにくいなと思ったのですが、
読んでいるうちにどんどん引き込まれていって、そんなことは気にならなくなっていました。
人間の意識って何だろう・・・人と人の関わりって何だろう・・・と思わせられる本です。
余計なことを考えずに、あの物語の時空に浸ればいいのかもしれません。
f0138305_20112051.jpg
f0138305_20142284.jpg
f0138305_20153640.jpg

f0138305_20251172.jpg

by esiko1837 | 2011-07-10 20:16

トプカプ宮殿から

トプカプ宮殿は君主の住居であると同時に、オスマン帝国の行政の中心地として
15世紀から19世紀半ばまで機能していたそうです。
信じられないような大きさの金銀財宝を展示している宝物館は写真撮影禁止になっていて、
同じような部屋がどこまでも続くハーレムは撮影することができました。
f0138305_1139693.jpg
f0138305_11392559.jpg
f0138305_11394387.jpg

f0138305_11433391.jpg
f0138305_11444258.jpg

宮殿の次は、ボスポラス海峡クルーズでした。
この海峡は、アジア大陸とヨーロッパ大陸を2つに分けています。
乗り場のあたりです。
f0138305_1257047.jpg

船からのヨーロッパ側の景色です。
f0138305_12584726.jpg
f0138305_12593583.jpg

トルコの日曜日は家族でピクニックの日だそうで、観光船は満杯でした。
因みに土曜日は、買い物の日だそうです。
f0138305_1304749.jpg

アジア側の景色
f0138305_1314435.jpg

f0138305_1341132.jpg

他の町に行ってもそうでしたが、目抜き通りには、ウエディングドレスの店が軒を連ねていました。
f0138305_1344267.jpg
f0138305_135038.jpg

夕食のレストランの近くは古い家がたくさんあって、ゆっくり歩きたいなと思いました。
f0138305_1365799.jpg

翌日は飛行機でイズミールに移動しました。
ホテルはエーゲ海に面していて、そのホテルの前での夜明けです。
f0138305_13122462.jpg

翌日は、ピタゴラスが生まれたというサモス島(ギリシャ)に行きました。
トルコと違って、女性が自由に活動しているのが、はっきりとわかりました。
ギリシャ人のガイドさんが英語でトルコ人のネドさんに説明し、
ネドさんがそれを日本語で私たちに言ってくれました。
この地は夏のリゾート地で、夏だけ住んでいる人がおおいそうです。
f0138305_13174619.jpg
f0138305_13181184.jpg
f0138305_13185199.jpg

ピタゴラスが計算して掘ったトンネルや世界遺産のヘラ神殿などを見てまたイズミールに戻りました。
翌日はバスでトルコ最大の遺跡、エフェソスに行きましたが、車窓からは道ばたのあちこちで
スイカを売っているのが見えました。
どこの食事でもこの時期の旬のスイカがデザートとしてでていました。
f0138305_13205522.jpg

トルコの学校はクーラーが無いので、夏休みが6月から三ヶ月間もあるそうです。
どこに言っても、少年達が実に良く働いていました。
親を手伝うのが当たり前ということのようです。
f0138305_13211671.jpg

運営上都合が良いからと、エフェソスは世界遺産に登録しない方針なのだそうです。
とっても広くて・・・暑くて・・・母と孫は大変そうでした。
f0138305_1326967.jpg

クレオパトラとシーザーらしきパフォーマンスをやっていました。
f0138305_13531741.jpg

f0138305_1326386.jpg

その翌日は、洞窟住居に住む一般家庭の訪問というのがあって、私もトルコ婦人の衣装を着せてもらいました。
f0138305_1330205.jpg

f0138305_1330588.jpg

次は、半官半民の絨毯展示販売をしている所に行きました。
ガイドのネドさんより更に流暢な日本語で説明をしてくれた男性は、大学院の教授だそうで
とっても真面目でとっても楽しい方でした。
以前はよその商人が絨毯を織っている婦人達から安く買って高く売りボロもうけしていたそうですが、
それではこの地の貧しさが解消しないと、この会社を立ち上げたそうです。
トルコでは歳をとっても年金が無く、また、田舎での暮らしは一般的に貧しく、
女性は、顔立ちよりも、如何に素晴らしい絨毯を織れるかどうかで、お嫁の行き先が決まるそうで、この展示販売場は、そういった人たちを助けるために作られたそうです。
スタッフ全員が流暢な日本語で頑張っていました。
f0138305_13394991.jpg
f0138305_13401724.jpg
f0138305_13404089.jpg

最後までお付き合い、有り難うございました。

いやになるくらいトルコで写真を撮ってきたので、正直カメラを持つ気になれず、
帰ってきてからまだ一枚も写真を撮っていませんでした。
明日から・・・アジサイの写真でも撮ってみようと思います。
by esiko1837 | 2011-07-08 13:43

イスタンブール・・・長いです

長いです・・・・写真が多いので・・。
ご用とお急ぎでない方は、ご覧になってください。
日本では殆ど人間にはカメラを向けない私ですが、外国まで来てしまうと気が大きくなって
というかやはり興味がわい来て、ついつい人間模様を撮りたくなります。
初日と2日目は、イスタンブール市内の観光でした。
ブルーモスクから始まって、オスマン時代に作られたトプカプ宮殿、東ローマ帝国が作った
アヤソフィアなどでした。
アヤソフィアは、今はモスクとして使われていますが、最初は東ローマ帝国が
正統派キリスト教の正教会の大聖堂として建てたものだそうです。
その後15世紀にこの地がオスマンのもになると直ぐにモスクに転用したそうで、
キリスト教の絵の上に漆喰で蓋をしたそうですが、今はその絵が見られます。
なので現在は、キリストの絵のあるモスクで、イスラムの礼拝をしている(多分)と思われます。
イスタンブール空港
f0138305_21143829.jpg

イスタンブールのホテル到着  孫の荷物もそれなりに重いです。
f0138305_21124525.jpg

道路の壁には、こういう風にあちこちにナマ花が飾ってあります。
f0138305_21153883.jpg

ブルーモスク
f0138305_211717.jpg

f0138305_21175029.jpg
f0138305_21182487.jpg
f0138305_21191720.jpg
f0138305_21193931.jpg
f0138305_21201821.jpg

歩く途中でいろいろ
f0138305_21213299.jpg
f0138305_21215637.jpg

地下宮殿で
f0138305_2123858.jpg

アヤソフィア
f0138305_21252345.jpg

f0138305_21263638.jpg
f0138305_2127720.jpg
f0138305_21273296.jpg
f0138305_21281643.jpg

f0138305_21304329.jpg

ここまででかなり長くなってしまったので、トプカプ宮殿は、またこの次にします。
最後までごらんいただいて有り難うございました。

オマケです。
f0138305_21341382.jpg

by esiko1837 | 2011-07-05 21:34