<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

江~女たちの戦国  最終回

やっと終わりました、今年の大河ドラマが・・・。
あまりになんというか品格も重厚さも面白さも感じられないので、一旦は視聴をやめたものの
宮沢りえの茶々さんに惹かれてまた見始め、結局そのあとは最終回まで毎回見てしまいました。
「篤姫」と同じ脚本家だったので期待していたのに、なんであそこまで魅力のないドラマになってしまったのでしょう。
「篤姫」の時は有る程度お決まりを守ったうえでの脚本だったものが、その成功という勲章で
今回は脚本家が好き勝手に書いていいと言うことにでもなっていたのでしょうか。
脚本だけでなく、オープニングの江(上野樹里)の舞の下手さ加減が見る気をグッと消沈させたドラマでした。
当代の人気俳優を集めれば視聴率が取れるという思惑か、向井理さんが秀忠だったのですが
ああいう八頭身の頭が小さい人はカツラが似合わないんですよね。
最後の最後まで、違和感があって他に誰かいなかったのだろうかと思って見ていました。
父家康の北大路欣也さんはさすがに時代劇はバッチリで、家康さんが出ている場面だけは
「ああ・・・大河だ・・・」と安心して見ていられました。
あの時代に、江戸から大阪まで「姉様に会いに行って来る」というようなことが頻繁に出てくるのも辟易しました。
良かったのは宮沢りえと大地康雄と石坂浩二と北大路欣也と太賀、
ミスキャストではと思ったのは、キンキン声の水川あさみ、顔の小さい向井理、背が高い岸谷吾朗でした。
あくまでも私感ではあります。
で標題の「最終回」についてですが、はっきり言って今までで一番つまらなかったです。
普通、最終回って大抵はあまり面白くないものですが、あそこまでつまらないのは見たことがありません。
回想シーンが多いのは仕方ないとして、最初の夫が江戸城まで将軍の御台所さまに会いに来るなんてのも、
ラストシーンで、母親の市が馬に乗って現れて江の後ろから一緒に走って行くってのも、不自然でした。
SPにしていつもより長く放送する必要があったのでしょうか?
かえって冗長感を増しただけでは?と思える最終回でした。
と、ずっと思いながら言いながら最終回まで見てしまった暇人の私なのでした。
初期の「花の生涯」「赤穂浪士」「太閤記」のほうがずーっと面白かったなあと思います。

昨日一昨日の終わり紅葉です。
f0138305_15145753.jpg

f0138305_1545521.jpg

f0138305_15223517.jpg

f0138305_15134229.jpg

f0138305_1571932.jpg
f0138305_1582280.jpg
f0138305_1585192.jpg

by esiko1837 | 2011-11-28 15:08

なかなか編み物が出来ない

この頃毎日、朝起きて2階のカーテンを開けると、屋根や道路の端が雪で白くなっています。
朝の散歩はどうしようかなあと毎日迷い、道路が凍ってなかったら歩き始めますが
危険だから後にしようと思ってやめると、結局そのあとは雑事に追われて歩かずじまいになってしまいます。
f0138305_21205361.jpg

最近の雑事①サツマイモを干しています。
      朝の様子
f0138305_21191470.jpg

      午後の光を浴びて
f0138305_2120122.jpg

最近の雑事②聖護院大根を貰ったので千枚漬け風に漬けました
コメ酢と味醂と蜂蜜で味付けしましたが、甘さ控え目で結構美味しいです。
f0138305_21221091.jpg

最近の雑事③編み物
f0138305_2128652.jpg

この編み物を朝から晩までやっていたいのですが、なかなか時間がとれません。
今日は、母がやっているパークゴルフの会員達の為の救急救命講習会に参加してきました。
AEDの使い方を教えてくれるというので、心臓の弱い私は夫に覚えて欲しくて参加したのでした。
建てたばっかりで廃校になった小学校の校舎を使って、今年度から地元に救急救命士養成の専門学校が出来たのですが
そこでみっちり3時間、何回も何回も繰り返し、胸骨圧迫の訓練とAEDの使い方を教わってきました。
胸骨圧迫は5センチの深さを一分間で100回、それを2分間続けて交代というものでしたが、老体にはきつかったです。
皆さまも機会が有りましたら是非!受講なさってくださいませ。
f0138305_21372923.jpg

by esiko1837 | 2011-11-25 21:38

Windows Communication Foundation(確か・・・)

友人のPCが老朽化してヘロヘロ&フリーズしまくりになり、予算4万円以内でデスクトップを探すことになり
オークションで現行品の富士通の一体型PCが中古4万円で出ているのを見つけ、落札することができました。
現行品なので勿論まだ販売されていて、CPUはそこそこながら、地デジチューナーもofficeも付いています。
普通に新品を買えば9万くらいですが、オークションでは展示品などがoffice無しでも5万くらいから出品されています。
中古の程度が気になったものの、開けてみたらほぼ新品同様で、見た限りでは大当たりです。
で、早速ネットやメールの設定をし、インストールされているはずのofficeを試してみようとしたら
認証のプロダクトキーを求められました。
CDが付属していたのでそこに書いてあるキーを入力しようとしたら、全くキーボードの文字が
反映されません。
普通にメールなどは入力できるのですが、office(ワード)の認証にキーが入力できないのです。
これは・・・前の使用者が別ので使ってしまってコチラでは入力できなくなっているのか・・
などと考えましたが、駄目もとでマイクロソフトのサポートに電話してみました。
やっと出た電話は機械の音声対応で、しかもHPのサポートページを開いておいてナントカカントカと
還暦過ぎのオババには付いていけないような返事だったので諦め、そのHPから同じような質問を探して似たようなのを見つけました。
「windowsの機能を有効・無効」で、「Windows Communication Foundationを有効にする」、
こうすればできるらしいのでやってみたら無事に入力できて認証もでき、officeが使えるようにはなりました。
しかしですよ!!
認証を必ず求めるのが決まってるのだったら、仕様でその「Windows Communication Foundation」を最初から有効にしておいて貰いたいものです。
そんなこんなで昨日は暮れ、今日の午前中は設定済みのPCを友人宅に届けてつないで説明をし、
午後からは畑で秋じまい・・・10日も前から編み機にかかっているセーターはいつ完成するのやら・・・。
毎日毎日こんなことばかりで、写真は撮る暇もありません・・・ってなこともないんですが・・。
なので、今日アップしたのは少し前のやら今日のやらゴチャゴチャです。
最初のホオズキの写真は今日ので、初雪が残っています。
f0138305_20483356.jpg
f0138305_20485792.jpg
f0138305_2049593.jpg
f0138305_20491644.jpg
f0138305_20493193.jpg
f0138305_20494630.jpg
f0138305_205004.jpg
f0138305_2050981.jpg

f0138305_20511896.jpg

by esiko1837 | 2011-11-22 20:52

かくありたし

昨日、同級生のお父さんのお葬式に参列してきました。
私の父とは小学校の同級生だった方で、とても温厚で優しい性格の方だと、嘗て聞いたことがあります。
小学校の頃、父は貧乏で子沢山の国鉄職員の次男坊、片や友人のお父さんの家は裕福な旅館で、
何回も遊びに行ったり挙句は泊ってオネショをしたりと、随分迷惑をかけたと、父の昔話の中で聞きました。
昨日のお葬式では、どなたの弔辞でも、趣味が豊富で世話好きで、温厚な方だと言われていました。
中で私が驚いたのは故人の娘婿である、私の同級生の御主人が弔辞を読まれたことです。
故人の娘婿さんからの弔辞は、私の知る限りでは初めてのことです。
その弔辞では、お義父さんから川釣りを一から教わったこと、そして地元の砂鉄川や各地に遠出した釣りでのエピソードを語られていました。
高齢のお義父さんが川歩きになると若い人よりも圧倒的に速くて、あとからやっとの思いで追いかける婿殿を石に腰かけて待ちながら悠然と煙草を吸っていた姿が目に浮かぶと、言われていました。
そして、「お義父さんには、穏やかな生き方というのを教わりました。」としみじみ語られていました。
また、曾孫さんもよっぽどひいお祖父さんが好きだったようで泣きじゃくってしまい
弔辞を一言も読むことができませんでした。
90歳まで畑仕事や釣りをして普通に暮らし、食欲が無くなったからと入院して、その2日後に息を引き取られたそうです。
人生の終焉はかくありたし、心からそう思ったお葬式でした。
f0138305_213709.jpg

by esiko1837 | 2011-11-18 21:37

ゼロ活力鍋

私、カメラだけでなく、ちょっと便利そうな機器にとても興味が湧く性格です。
で、このたびは、ゼロ活力鍋というものを購入しました。
圧力なべなのですが、これがそんじょそこらの圧力なべとはチョット違うんです。
そもそも圧力なべは調理時間短縮の優れものなので、私は新婚時代(古すぎ・・・)から使っていました。
使っているものが有るのに今回買うに至ったのは、「ゼロ分料理」という宣伝文句に魅かれたからです。
はじめ買う人限定でかなりの値引きが有ったので、3Lタイプを選んで買ってみました。
f0138305_2051614.jpg

火にかけて沸騰すると、この上についてる赤い重りがシュッシュッと動きます。
「ゼロ分料理」だと、その時点でもうすぐに火を止めます。
火を止めて10分から15分くらいすると中の圧力が収まるので、そうしたら蓋を開けることができます。
カレーなどの粘度のあるものは、蓋をあけてからルーを入れます。
f0138305_20112879.jpg

肉じゃがなどは、最初から大体の味付けをして火にかけ、蓋をあけてからまた味を調えます。
今夜のおかずは、韓国肉じゃがでした。
本当はタマネギを入れるんですが、無かったので下仁田ネギで代用しました。
これも、沸騰したらすぐに火を止めたものですが、しっかりと美味しく煮えていました。
f0138305_20141516.jpg

おでんのような味を中までよく染み込ませたいものは、前もって作っておくといいですね。
ご飯を炊くときは、沸騰してから1分なのですが、これがまた高性能の炊飯器よりもよりもずっと美味しく炊きあがります。
今月の電気代がいくらまで下がっているか、とても楽しみなところです。
で、得意になって長女にこの鍋を買ったと電話で報告して、「炊飯器、もう使わないから要らない?」って聞いたら、
「お母さん・・・どうせ直ぐに飽きるんだから、そのままにしておきなさい」って言われてしまいました。
飽きるもんか!!!
自信はありませんけど・・・・。
by esiko1837 | 2011-11-14 20:20

D5100

またか・・・と言われそうですが、E-PL3を下取りに出して、D5100の中古を買いました。
D5100は、チャージャーが欠品しているということで、レンズキットなのに4万円台後半で買うことができました。
キットレンズは要らなかったのですが、ボディだけよりも、こっちのほうが安かったので仕方なかったのです。
E-PL3は好きだったのですが、パナの電動ズームのレンズに合わせてGF3を旅行直前に買ったので、最近は出番が有りませんでした。
で、これはキットレンズで撮ったものです。
f0138305_20293880.jpg
f0138305_20295820.jpg
f0138305_20303039.jpg

これは、シグマの17-70です。
f0138305_2031224.jpg
f0138305_20314350.jpg
f0138305_2032416.jpg
f0138305_20322153.jpg
f0138305_20324278.jpg
f0138305_2033227.jpg

で、最後がMFのウルトロン40mmF2です。
f0138305_20344045.jpg
f0138305_20352062.jpg
f0138305_20353646.jpg
f0138305_2035507.jpg
f0138305_2036660.jpg
f0138305_20362562.jpg

このウルトロンで撮った写真が、私は一番好きです。
でも、MFというのが老眼にとっては実に辛いことなんです・・・。
歳は取りたくないもんです、ほんと。
by esiko1837 | 2011-11-12 20:38

今朝は冷え込みました

このところ寒い朝が続いてはいたのですが、今朝はまた一層冷え込んで、零度と言う温度でした。
田んぼも畑も霜が降りて、一層寒さを誘っていました。
朝の散歩の時の写真です。
f0138305_1712371.jpg
f0138305_17121364.jpg
f0138305_17122363.jpg
f0138305_17123387.jpg
f0138305_1713251.jpg
f0138305_17131358.jpg
f0138305_17133445.jpg

朝食後、気になっていた室根山の蟻塚公園に行ってみました。
公園と、その行き帰りの周辺の写真です。
f0138305_1716682.jpg
f0138305_17161742.jpg
f0138305_17162951.jpg
f0138305_17164160.jpg
f0138305_17165299.jpg
f0138305_1717389.jpg

お天気が良かったので、秋真っ盛りと言う感じがしますが、これで一雨降ったり
風が吹いたりすれば、あっという間に初冬の風景に変わります。
まことに名残惜しい、秋の良き日でした。
by esiko1837 | 2011-11-10 17:18

続き

一泊7000円の宿、湯の浜温泉「うしお荘」の夕食です。
f0138305_20125525.jpg

そりゃあ値段が値段ですから豪華とはいきませんが、これだけ出れば文句はありません。
釜めしのアサリご飯のお焦げが・・・一番美味しかったです。
f0138305_20143062.jpg

3日に羽黒山の国宝五重塔も見たのですが、観光ガイドブックに、鶴岡市内にもうひとつ五重塔があると書いてあったので行ってみました。
善宝寺という、とても大きなお寺の境内にそびえ建っていました。
f0138305_2019658.jpg
f0138305_2020143.jpg

前後しますが、こちらは羽黒山の五重塔です。
f0138305_2022463.jpg

行きの3日は混雑を避けて東北道経由の山形道でしたが、帰りは平日なので
紅葉ピークの鳴子峡経由でした。
山形と宮城の境の最上町に、芭蕉さんが泊って「蚤虱馬の尿する枕もと」と詠んだ「封人の家」があります。
とても蚤や虱などどこを探しても居そうにない立派な家でした・・。
f0138305_20261426.jpg

f0138305_20253624.jpg

この家のほぼ向かい側に、珍しい平地の分水嶺があって、広い公園のようになっていました。
お天気が良かったのでピクニック気分で歩いてきました。
f0138305_20305929.jpg
f0138305_20314217.jpg
f0138305_203284.jpg

で、最後は紅葉のピークは過ぎたようですが、人出はまだまだピークだった鳴子峡です。
f0138305_20331681.jpg
f0138305_20335018.jpg
f0138305_20352577.jpg

サンデー毎日なもので、時間はタップリあるゆえに考えなしで出かけるのですが、
11月は始まったばかり・・・・あと24日の生活を・・・考えないことにしよう・・。
by esiko1837 | 2011-11-06 20:39

田麦俣へ

2日のテレビ(NHK・BSプレミアム美の壺)で、山形県の田麦俣多層民家というのを見ました。
白川郷まで行かなくても、山形で同じような造りの家が見られると知り、また今なら紅葉ももしかして間に合うかもと思って、
昨日から一泊で出かけてきました。
東北道を南下し、宮城県の村田ジャンクションから山形道に入って湯殿ICで出ると思って走っていたら
山形道は全通してなくて、途中から一般道(?)に変わっていたというような塩梅でした。
これは山形道。
f0138305_20524478.jpg

高速が終わって一般道になってしばらく走ったあたり。
f0138305_2056560.jpg
f0138305_20563659.jpg

そして、その道から分かれて田麦俣の谷のほうに降りて行きます。
f0138305_20572532.jpg
f0138305_20584770.jpg
f0138305_20591129.jpg

もっと降りて行ったら、目指す多層民家が見えてきました。
二軒あって、一軒は管理人の住む家で民宿になっており、もう一軒は中が見学できるようになっています。
f0138305_2113585.jpg
f0138305_2115882.jpg
f0138305_2123117.jpg

紅葉がギリギリセーフで美しく、秋の晴れた空気をいっぱいに満喫できました。
宿は鶴岡の湯の浜温泉に一泊二食で七千円というのを予約していたので
夕日が日本海に沈むのが見られると期待して行ったのですが、途中で羽黒山などに寄り道していたため間に合わず
宿のちょっと手前でこんなんなってしまい
f0138305_2183538.jpg
f0138305_2191584.jpg

宿の窓からの眺めはこの始末でした・・・。
f0138305_2110361.jpg

by esiko1837 | 2011-11-04 21:11