<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

初めての味噌づくり

先日産直に行った時、綺麗な大豆が私の目を引きました。
何をするというあてもなく、何となく2k袋の大豆を買ってしまって
毎日、これどうしようと考えたり忘れたりしていました。
豆腐にしようか・・・ニガリが無い。
味噌にしようか・・・塩麹ブームで、ネット購入だと麹が不足してるみたい。
で、昨夜思い立って近くのスーパーに行ってみたら、なんのことはなくて
灯台もと暗し、しっかりタップリ在庫がありました。
麹を買って帰り、大豆を洗って水に浸し、作り方を調べておきました。
2kの大豆は水を吸って増え、煮るには圧力なべ2つと保温鍋一個必要でした。
指でつぶれるくらい柔らかく煮るそうです。
普通の鍋fだと何時間も煮る必要がありますが、私の圧力なべだと蒸気が出たら1分で火を止めます。
保温鍋と言うのは真空二重構造(多分)になっていて、火を停めてからも温度を保つのですが
こちらは15分煮てから1時間放置しました。
f0138305_1951879.jpg

f0138305_19535021.jpg

煮えた大豆を、フードプロセッサーでつぶします。
f0138305_19512464.jpg

麹をポロポロにして塩と混ぜておいたものと混ぜて、終わりです。
f0138305_1953144.jpg

あとはカビが生えないように、焼酎で消毒して容器に入れるはずでしたが
ネットでウロウロしてたら、エコパラダイスペールなるものを発見して注文。
これだと消毒に注意しなくてもカビが生えないのだそうです。
でも麹菌までちゃんと活躍できるんだろうかと疑問を持ちつつ、
手抜きに勝る魅力はないと、到着を待っているところです。
このバケツを使うと、味噌は普通10カ月から1年ほどで食べられるようになるところ、
なんと2ヶ月くらいでOKなそうです。
2カ月後に、また報告したいと思います。

さっき大きな揺れがきました。
震度5とテレビでいっていますが、うちは何も落ちて来ませんでした。
取りあえず、仏壇のものを下に降ろしておきました。
by esiko1837 | 2012-03-27 20:06

トキナー MF28mmF2.8

MFの焦点を合わせるのは、老眼にとっては難しいことです。
でも、ペンタックスだと、インナーフォーカスに併せて音もピピっと鳴ってくれるので
他の会社のカメラよりは、やりやすいです。
除湿庫の長老であるトキナーのマニュアルレンズを先日使って見たら案外に良かったので、
散歩に連れ出してみました。
f0138305_20255716.jpg
f0138305_20261825.jpg
f0138305_20264597.jpg

家の中で。
f0138305_20271816.jpg
f0138305_20273680.jpg

オークションで4千円台だった気がしますので、これはお買い得でした。
by esiko1837 | 2012-03-22 20:28

またひとり

先日の記事は、知人をお見舞いに行った病院の駐車場での出来事でした。
お見舞いに行ったのは先週の月曜日で、その4日後の木曜日の夜に、知人は帰らぬ人となりました。
その知人とは、私の小学校と中学校の同級生であり、我が家を建ててくれた大工さんでもありました。
昨年の半ば頃から入院していていたのは知っていましたが、本人が誰にも言うなと緘口令を敷いていたようで、
お見舞いに行きたくても、今まで行くことができませんでした。
それが、ちょうど一週間前に奥さんから電話が有って、同級生に会いたいと言ってますから
顔を見に行ってくれないでしょうかということでした。
病院は遠くから近くの所に転院していたそうなので、早速次の日に出かけました。
近くの病院に変わったと言うのは、これは快方に向かったからに違いないと思って
私は少し安心した気持ちになって出発したのですが、病室に入ってみると、そうではありませんでした。
でも日中は解熱剤を使っているから体が楽だといって、ベッドで半身を起した状態で
発症から今までの経緯を、酸素のチューブを着けて苦しそうなのに、全部話してくれました。
本人はもう覚悟していたようで、娘さんの成人式の写真を見せてくれたり、
先月には、「死んでもいいから娘の引っ越しに行ってやりたい」とお医者さんにお願いして
輸血をたくさんしてから、奥さんと交代で運転して、関東まで往復してきたそうです。
彼も大変だったでしょうが、奥さんの心情は如何ばかりだったかと、胸が詰まります。
そこまでして行きたい、娘の住む所を最期に見ておきたいと言う心情を思うと
お医者さんも奥さんも反対できなかったのでしょうね。
最期の方はもう本当に覚悟していたようで、一番親しかった同級生が会いに行った時には
お葬式の「お知らせ」を、本人から直接口頭で言われたそうです。
そして、同級生は5人に「お知らせ」したいので、葬儀のてんやわんやで不行き届きがあるといけないからと
その同級生に5人の名前を挙げて、彼からその人たちに連絡して欲しいと頼んだとか・・。
自分が亡くなった後に残される奥さんのことが余程心配だったのでしょう、
この同級生以外に「お知らせ」する人たち等のことなど、亡くなる本人が殆ど言い残していたようです。
挙句、今日の火葬の帰りには、彼の弟さんから、「帰りに同級生で使ってください」と
生前に故人が準備していたらしい封筒を渡される始末でした。
数年前にやはり同級生が亡くなった時にみんなで行って、その帰りに飲食しながら思い出話をしたことを、
彼はきっと覚えていたのでしょう。
今日はすぐにお通夜があったので、その遺志には添えませんでしたが、
改めて集まって、そのように使わせて貰おうと、みんなで話したのでした。
世話好きで、毎年お盆が過ぎた頃には電話で集合をかけて、プチ同級会をしていた彼です。
みんなで集まって飲んで食べて、彼の思い出話をすることが、きっと供養になることでしょう。
                              合掌
f0138305_11484451.jpg

by esiko1837 | 2012-03-18 20:39

いいひと

先日、入院中の知人のお見舞いに行っって、病院の駐車場にバックで車を入れようとした時に、
左隣の車のバンパーをこすってしまいました。
ほんの少しなのですが、そのまま黙っていればアテ逃げで、これは犯罪です。
なので、保険会社に連絡を入れてから、車の持ち主が帰ってくるまで2時間ちょっと待っていました。
やっと車に帰ってきた持ち主の方に事情を説明して名前を住所をお聞きしたのですが、
その方は「なあにこればかり。気にしなくていいですから。2時間も待ってたんですか!」と
言って下さいました。
でも、保険会社からは、名前と住所を聞いて連絡するように言われていたので
渋るその方から何とかお聞きして、連絡したのでした。
帰宅後、保険会社から電話が来て、「持ち主の方は、どうしても治さなくてもいいと言ってますから
電話なり訪問なり、もう一度よくお詫びをしてください」ということでした。
当方の車のキズも、補修用のカラーペンで治すことにし、結局保険は使わないことになりました。
翌日、心ばかりのお詫びの品を持って訪問したのですが、「なんだべ、わざわざ。まあ上がってお茶でも。」と笑顔で迎えて下さって、持って行った物はどうしても要らないの一点張りでした。
二つ持って行ったうち、一つは何とか無理やり押しつけて、逃げるように帰って参りました。
逃げる車の中から振り返ると、その方はこちらを向いて何回も頭を下げておられました。
こんな「いいひと」が居るなんて、まだ日本も捨てたもんじゃありません。
駐車場で、あのまま逃げてしまわなくて本当に良かったと、心から思ったのでした。

写真は、今日の散歩中のものです。
やっと、ほのかに春めいた陽気になってきました。
f0138305_20233780.jpg
f0138305_20242850.jpg
f0138305_20244865.jpg
f0138305_20251181.jpg
f0138305_20252646.jpg
f0138305_20254846.jpg
f0138305_20261591.jpg

by esiko1837 | 2012-03-15 20:26

一年経ちましたが

あの大震災から、やっと今日で一年が経ちました。
文明生活にどっぷりと浸った楽な生活が一変、
夢想だにしなかった、寒くて暗い日々が、一年前には続きました。
でも、そんなのは命の危険が無かった私たちの言い草で
太平洋岸では、多くの前途ある方々の命がたくさん、一瞬のうちに消されてしまいました。
最近の新聞は、震災から一年と言うことで特集記事も多くなっています。
犠牲になった子供たちのことなどを読むと胸が苦しくなって、涙で文字がかすみます。
子供を亡くした親、孫を亡くした祖父祖母、そういう方々はきっと、
子供を助けられなかった無力さと、自分だけ助かってしまった後ろめたさで
ずーっとわが身を責め続けてこられたのではないでしょうか。
その苦しさは、時間が経てば癒されるというようなものではなく、
日を追って時間を追って、その背負った荷物が、もっともっと重くなるのではと
心配でなりません。
生き残った方々が、なんとかこの先を生きていかれるよう、血の通った対応が必要だと思います。
行政には本気で頑張ってもらわねばなりません。
私たちも、被災者は何もまだ解決していないことを、忘れてないでいたいものです。

写真は、友人が今日、陸前高田市で撮ってきたものです。
f0138305_20455799.jpg
f0138305_20465291.jpg
f0138305_20471913.jpg
f0138305_20474678.jpg
f0138305_20482098.jpg
f0138305_20484890.jpg

最後の写真に、「一本松」が写っているのですが、わかるでしょうか。
by esiko1837 | 2012-03-11 20:49

そう、私も!

今日の新聞に載ってた週刊誌の広告の見出しに
「私はメリル・ストリープが苦手だ 中野翠」っていうのが有りました。
私は、思わず「そう、私も!」って思ったのでした。
どうして中野さんがメリルさんを苦手としてるのかは
この週刊誌を読まないとわからないのですが、
ハテ私はどうして苦手なのかと考えてみると、ハッキリした理由はありません。
きっと、メリルさんのあの完璧さが、グータラ人間に後ろめたさを抱かせるのかも。
生まれ育ちが良くて才媛で、女優をしながら4人も子供を産んで育てて
アカデミー賞を何回も受けている、あの堂々たる姿が受け入れ難いのかも。
見て疲れた映画№1の「激流」での彼女が頭から抜けない私の、勝手な感想でした。

さて、やはり一本はと思って注文した望遠レンズ、55-300mmが今日届きました。
白鳥さんが未だいるかどうかわかりませんが、明日はこのレンズで行ってみてきます。
ので、今日の試し撮りは、仏壇の花です・・・。
f0138305_20161553.jpg

無茶苦茶に散らかっているテーブルも。
f0138305_2017133.jpg

こっちは、除湿庫から出てきた、トキナー28mmのMFレンズで。
f0138305_20183613.jpg

by esiko1837 | 2012-03-07 20:23

3月3日

3月3日といっても、もうずいぶん長いことお雛様は出していません。
二女がまだ家に居た時は、ケーキを買ったりチラシ寿司を作ったりはしていましたが
その娘が一昨年ヨメに行ってからは、全く何もしなくなりました。
テレビのニュースを見て、「あ!今日は雛まつりだったんだ」と思う程度です。
で、全く関係のないケーキ、マドレーヌを娘からのリクエストで朝から大量に焼きました。
f0138305_1994641.jpg

マドレーヌを焼きながら、一緒に送れと言われたキムチも作りました。
今回は、先日友人宅にケーキ作りで集まったメンバーから貰った、ハネモノのラ・フランスを入れてみました。
いつもはリンゴを入れるのですが・・・いくらハネモノでも、これは贅沢です。
f0138305_19133853.jpg

そのあと、やはり一緒に送れと言われたリンゴを、江刺まで買いに出かけました。
その途中、今シーズン何回か行ってみても見られなかった場所に白鳥が群れていました。
カメラはKーrですが、悲しいかな、望遠レンズを私は持っていませんのです。
18-135mmで撮ったのですが、やはり望遠レンズ欲しいなあと思ったのでした。
f0138305_19191652.jpg
f0138305_19194185.jpg
f0138305_19201885.jpg
f0138305_19202916.jpg

この後、江刺の産直に行ってリンゴを買い、帰り道の途中にある「正法寺」という
曹洞宗のお寺に寄りました。
何回も通ってる道の近くにあるのに一度も行ったことが無くて
日本一の茅葺屋根と言われている本堂を見てみたかったのでした。
f0138305_19255924.jpg
f0138305_19264057.jpg
f0138305_19265990.jpg
f0138305_19272216.jpg
f0138305_19274111.jpg

f0138305_19311916.jpg

ここでは月に2回座禅会があって、友人は時々参加しています。
私も精進料理には興味があるのですが、落ち着きが無いので無理でしょう。

ということで、昨日の桃の節句は何もお祝いすることなく、
娘に言いつけられた用事で一日が終わったのでした。
f0138305_1933213.jpg

by esiko1837 | 2012-03-04 19:33

弥生来る

先日の女子会に持って行ったケーキの作り方を教えてと言われて、
昨日は4人参加で友人宅においてケーキ作りをしました。
しかし・・・・還暦過ぎのおばさんが4人集まれば、菓子作りという名目の
おしゃべり会に他ならず、10時から午後3時半くらいまで
食べたり喋ったり、そして手を動かしたりと、賑やかな集まりでありました。
その友人宅ですが、築10年で、材木は所有の山から切り出したものだそうで
玄関を入って直ぐに目に入ってきた太い柱に、訪れた3人が驚いたのでした。
f0138305_15333789.jpg

口々に、「7寸?」「8寸?」「9寸?」と推測したのですが、計ってみたら
25.5センチで、8寸5分という結果でした。
他の柱もそれなりに全部太くて、建てるときに大工さんが、「地震でこの家が倒れるときは
世の中の家が全部倒れるだろう」って言ってたそうです。
大昔に材木会社の経理担当だった友が、「この太い柱(ヒノキ)一本で百万するかも」と言ってました。
作りつけの戸棚類の戸は全部ケヤキ、とにかく材料の豪華な家でした。
でも主の彼女いわく、「お金は全然かかってないって。うちの山の木だもの」ですって。
古い蔵や厩なども残っていて、蔵は昨年の震災で入口の庇が落ちてしまったそうです。
f0138305_15345244.jpg

蔵の裏に回ってみたら、大きな蜂の巣の残骸が。
f0138305_15353469.jpg

厩の方にもありました。
f0138305_1536916.jpg
f0138305_15362894.jpg

昨日のお天気は春のように暖かくて日差しも有ったので
夜も晴れるかと思いきや、夕方あたりから急にガスがかかってきて
見なれた家の前が、とてもムーディな雰囲気になりました。
f0138305_15392776.jpg
f0138305_15394440.jpg

春先って、本当に目まぐるしくお天気が変わるものですね。
今日はまた午前中は晴れだったのに、午後からは牡丹雪が降り続いています。
by esiko1837 | 2012-03-02 15:42