<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

美しき天然

今日は雨降りですが、昨日と一昨日は、そこそこいいお天気でした。
一昨日の26日の早朝は、あたり一面が霧(靄?)に包まれていて神秘的な雰囲気でした。
f0138305_1356138.jpg
f0138305_13563661.jpg
f0138305_13565383.jpg
f0138305_1357848.jpg
f0138305_1357261.jpg
f0138305_13574334.jpg
f0138305_1358955.jpg
f0138305_13582954.jpg
f0138305_13585215.jpg

この霧(靄?)は、前の晩からで、その夜景も撮ったのですが、日付が変わるころで朦朧としていたために
MFで∞にするにはどうするんだっけ?状態で、仕方なくAFで撮ったらピンボケになってしまいました。
とっても幻想的な夜景だったのに、残念なことでした。
これからは加齢とともに、もっともっとこういう場面が増えてゆくのでしょう。

一方こちらは、昨日27日の朝の空です。
f0138305_1483617.jpg
f0138305_1484924.jpg
f0138305_149312.jpg

起きてすぐに空を見上げたらアララの素晴らしい空でしたが、うまく撮れませんでした。
光の変わらないうちにとあわててパジャマをかなぐり捨ててカメラをつかんで外に出たために
そのあとにレンズキャップをいくら探しても出てきません。
仕方なくアマゾンに注文したら、いつもの通り、「諦めて注文したら見つかる」というパターンとなりました。
こういうのって、マーフィーの法則っていうんでしたっけ?
by esiko1837 | 2012-09-28 14:13

到来物生活

隣のKちゃんから電話で、「ピーマン要る?」と聞かれたので、「うん、要る。」と答えたら
「どれくらい欲しい?」と更に聞かれたので、「いっぱい!」と答えてしまった。
そしたら・・・・・コレ。
f0138305_19455054.jpg

どんだけ~~!!!って迫力です。
で、正味5キロでピーマン味噌を作ることにして、残りは別の友人に更にお裾わけです。
因みに準備した材料は、ピーマン5キロ、米麹1.5キロ、醤油2.5L、みりん1.5L
砂糖2キロ タカのツメ少々・・・でした。
種と芯を取って、ただ煮詰めていけばいいだけなのですが、これは普通の家庭で作るような量ではありません。
異常な家庭です。
f0138305_19505753.jpg

少しずつ真空パックして、お裾わけ出来るところにはして、残りは冷凍ストッカー行きです。

こっちは少し前ですが、リンゴです。
定年退職してからリンゴ農園を始めた友人に、「摘果したリンゴが勿体ないから何か利用できないか?」
と言われてごっそり貰ってしまいました。
f0138305_19542395.jpg

ネットで調べてみたら、未熟なリンゴはペクチンが多いので加工には向いているとのことで
ジャムを作ってみたら、全く普通の味に出来ました。
他には何かと考えて、蜂蜜と砂糖と煮詰めてから濾して液体と固体に分けて
液体は濃縮ジュース、固体はリンゴケーキ用にしました。
何にしても数が数な上に小さいので、手間暇がかかってかかって、私のような暇人にはピッタリの仕事なのでした。
f0138305_19591073.jpg


こちらは、昨日今日と貰ったサンマです。
例年でも多少は貰いますが、今年は一体どうしたの?というくらいにサンマが舞い込んできます。
友人に、「今年はサンマの貰いものが多くない?」と聞いたら
「今年はね、サンマが水揚げされるようにはなったけど、加工場が復旧してないから
加工しきれない分があふれてるんだと思うよ」と教えてくれました。
漁船が漁には出られるのに、缶詰や干物などの加工をする工場の復旧が追い付いていないのですね。
たくさん頂くのは嬉しいですが、でも単純に喜んでばかりはいられないのでした。
来年は、ちゃんとお金を払わないと食べられないように復旧していて欲しいです。
で、ナマで食べて焼いて食べて、それでも余ったので佃煮にしているところです。
f0138305_2073047.jpg

by esiko1837 | 2012-09-26 20:07

青空が恋しい

暑い暑い暑い、太陽が憎いとあれだけ言い続けた後に、やっと降った雨でした。
でも、やっと降って嬉しいし気温も下がって体が楽になったと喜んだのもつかの間、
今度は毎日降る雨と気温の急激な低下についていけず、また太陽が恋しくなってきました。
暖かくしてくれたり、生物に恵みの雨をもたらしてくれている自然に対して
こんなに自分勝手で我儘な思いを持つことは許されないのでしょうね。
人間って(私だけ?)なんて自己中な生き物なのでしょう!!

今日は最高気温が20度に届きませんでした。
数日前より10度以上も下がってしまい、コタツを出したお宅もあるそうです。
f0138305_2016503.jpg

この空が恋しい・・・・。
f0138305_20105142.jpg

f0138305_20174380.jpg

by esiko1837 | 2012-09-24 20:13

現場主義

昨日は、朝から味噌作りをしました。
前回のように、最初は一人でやるつもりで始めたのですが
予想外の量の多さにコリャ無理だと思って暇人の夫に助っ人を頼みました。
用意した大豆は14キロ、米麹も14キロで、塩が7キロです。
どうしてこの量なのかというと、前回が7キロずつ準備したような気がしたからです。
いやに量が多いなあと思って作業してるうちに、前回は7キロ買った豆を友人と半分こしたのを思い出しました。
まあ、どうせあっちこっちにおすそ分けするのだからいいやと、それは胸のうちに収めて
平気な顔で豆を圧力鍋で煮てからフードプロセッサーでブンブン砕く作業を続けていると
夫が混ぜる作業をしながら、「この豆は何キロあるんだ?麹は何キロ?塩は何キロ?」と聞いてきます。
そこまではかろうじて答えられたものの、そのあとがいけません。
「この量で何キロの味噌が出来上がるのか?」「保存する容器は足りるのか?」等々、次々と聞いてきます。
そんなこと、最後まで終わってみないとわかるわけないじゃん!
いちいちあとのことまで考えなくたって、60年以上生きてこられたんだから。
そうじゃなくても圧力鍋2個で豆を煮る作業と砕く作業を、タイマーを入れたり切ったりしながら
間違わないように必死で連続やってるのに、答えに困るようなことは聞かれたくない!
というか、答えられることだって聞かれたくない!
しまいには、夫が口を開こうとするだけでムッとなる始末。
思わず、「もういいから。私一人でやるから。御苦労さま」と言ってしまいました。
が、良くも悪くも連れ添ってじきに40年、夫は慣れたもので平気で混ぜる作業を続けているのでした。
この繰り返しが4回くらい続いたでしょうか、二人ですべての作業が終わったのは、夜の8時になっていました。
私たち、本当は仲が良いのかもしれない・・・・なんてね。
で、現場主義で一日中続けられた作業で出来た味噌は、62キロありました。
後で聞かれると困るので、一応は計っとかないとね。
f0138305_1552180.jpg

by esiko1837 | 2012-09-22 15:05

山吹棚田 秋

隣町(大東町)にある、山吹棚田に行ってきました。
場所ですが、私の所からは、ちょうど室根山のあちら側になります。
室根町は室根山の南で、大東町は北側です。
去年の春にこの棚田の存在を知って初めて行ってみたのですが
田植え前の時期であり、あまり棚田としての美しさはありませんでした。
いつもはすっかり忘れているのに、なぜか昨日は突然にスイッチが入って
「そうだ。稲刈りが終わる前に行かねば。今思い出したのは天の啓示!」と
午後の3時過ぎにOM-Dを持って出かけてきました。
日本の棚田百選に選ばれている所で、地区の方々が大事に保存活動をされています。

f0138305_1635614.jpg

f0138305_161696.jpg

f0138305_1612182.jpg

f0138305_1614117.jpg

棚田への行き帰りの写真です。
f0138305_168726.jpg

f0138305_1682516.jpg

f0138305_1684146.jpg

f0138305_1685522.jpg

誰もいないところでカメラを構え、暑いながらも秋を満喫して帰途につきましたが
途中でなにやら市からの放送があったので耳をそばだてていたら
「○○○地区で熊が二頭目撃されたとの情報が寄せられました。近くの方は十分注意して下さい」
ということでした。
聞いた話ですが、日照り続きのせいか山に食べ物が少なくて野生動物がやせ細っているそうです。
熊に悪気はないでしょうが、みんな生きるためには必死なんですよね。
とにかく、今回は熊のえさにならず無事に帰ってこられて良かったです。
by esiko1837 | 2012-09-19 16:17

卵が先か鶏が先か

単焦点の写りを見てしまうと、OM-Dの標準ズームがどうしても気に入りません。
カメラを買った時におまけで付いてきたアダプターが有るのを思い出して、
オリンパスの14-54mmF2.8-3.5の中古を買ってみました。
このレンズとOM-Dの組み合わせだと、写りはいいのですが
あまりにフロントヘビーというのでしょうか、レンズの大きさと重さが気になって仕方ありません。
レンズはいいのだからと、このレンズを本来のフォーサーズマウントにつけてみたくて
中古のカメラを探し、12000円でE-520をゲットしました。
バランス的にはやはりこの組み合わせがベストでした。
レンズを手放せばマウントを増やさなくて済む話なのですが、12000円だと買っちゃいます。
このE-520は、明るい所はいいのですが、高感度は使い物になりません。
昼間専用の風景写真用と言うことにして、このレンズをつけっ放しで使うことにしました。
で、OM-Dの標準ズームはいずれまたそのうちということで。
f0138305_2062864.jpg
f0138305_2064747.jpg
f0138305_2071192.jpg
f0138305_2074852.jpg
f0138305_2082381.jpg
f0138305_2084547.jpg
f0138305_2092512.jpg
f0138305_2094077.jpg
f0138305_2010686.jpg

今朝は良いお天気で眺めも良かったのですが、牧場では除染作業が行われているようでした。
広大な牧場ですから、費用と手間は大変なものだと思います。
空は限りなく青かったですが、胸が痛みました。
by esiko1837 | 2012-09-15 20:14

若い客人

12日の午前に、陸前高田の「奇跡の一本松」が保存の処理をするために伐採されました。
たまたま、従妹の娘で大学3年のMちゃんが気仙沼にボランティアに来ていて
終了後の10日夕方に我が家に来て泊って、11日にはこの松を見に行くことになっていました。
なので、伐採前日に訪れたことになりますが、別れを惜しむ人が後を絶ちませんでした。
保存には1億5千万円もかかるそうですから、その金額を聞いて複雑な思いの被災者もいるようです。
でも、奇跡的に残ったこの松を心の拠り所にして生きてきた方が多いのも事実です。
全額を寄付で賄う予定だそうですが、まだまだその額には程遠いようです。
f0138305_20411882.jpg

f0138305_2040254.jpg
f0138305_20401539.jpg
f0138305_20403793.jpg

陸前高田の後は気仙沼に回って、陸に打ち上げられたままの船を見ました。
このあたりは火災もあったので、かなり被害の大きかった所です。
f0138305_2042381.jpg
f0138305_20425816.jpg

そのあとはMちゃんが行ったことがないというので、平泉に行きました。
時間がないので、坂の上駐車場まで車で行って、中尊寺と金色堂だけを見ました。
本来なら、麓から月見坂の杉木立の中を歩いて登るのが普通です。
f0138305_2047773.jpg
f0138305_20472214.jpg

老人3人だけのあばら家に若い子が泊るのは面白くないだろうなと思っていましたが、
何でも「食べる?」と聞くと、「はい、いただきます。」と気持ちよく食べてくれて、
暑かったので「ビール飲む?」と聞いたら「はい、いただきます!」と気持ちよく飲んでくれました。
我々の年代だとウジウジとした返事しか出来なかったりするものですが、
Mちゃんの快活さに、家族3人で若さを分けてもらった気になりました。
夫は骨折後で歩行がちょっとまだ不自由だったのをMちゃんは気にかけてくれて
私はサッサと前に行ってしまうのに、「大丈夫ですか?」と寄り添ってくれていました。
一関駅まで送り届けてお別れとなったのですが、被災地のことも気にかけ、
自分の周りにも配慮することが出来る彼女の人柄に、別れるのが寂しかったです。
うちのアホな娘たちに、爪の垢を煎じて飲ませたいと思いましたが、後の祭りです。
by esiko1837 | 2012-09-13 21:02

藤稔

先日、いちごさんのブログで「藤稔」という品種のブドウを見て、とっても食べてみたくなりました。
かなり高価なブドウで、しかも近所では売ってないので、お取り寄せとなると更に送料も上乗せになります。
ので、うちなぞでは絶対に買うことのないブドウです。
が、なんと・・・到来物の高級ブドウの包装紙に、「藤稔」というラベルが貼ってあるではないですか。
巨峰よりも大きな粒で、一粒口に入れると、それだけで口がいっぱいになってしまうほどのジューシーさでした。
f0138305_20545357.jpg

by esiko1837 | 2012-09-10 20:58

初秋の室根山

今朝は5時半に起きてから、本当は畑に行って枯れたキュウリを片づけるつもりでした。
が、何とも爽やかな涼気に誘われて、「そうだ!山へ行こう」と思い立ち、
畑に行く恰好のままカメラを持って室根山に行ってきました。
f0138305_14421145.jpg
f0138305_14422126.jpg
f0138305_14423344.jpg
f0138305_1443674.jpg
f0138305_14431923.jpg
f0138305_14433151.jpg


f0138305_1502799.jpg
f0138305_14441436.jpg
f0138305_14444236.jpg
f0138305_1445248.jpg

まだまだ暑い地域にお住まいの皆様に、少しは涼気が届いたでしょうか。

ところで、大抵は早朝発作的に山に車で行ったりするわけですが、
今朝はなんと山頂の駐車場に先客がいたのです。
私の住んでいるあたりはここしばらく熊の出没が相次いでいて、
かなりの怪我をした人がいたというニュースも聞いています。
なので、熊の心配はしていましたが(でも何の対策もせず・・・)
誰かがいるかもという心配はしていませんでした。
叫んでも誰も来てくれない早朝の山頂において、女性にとっては熊と見知らぬ男性とどっちが危険か・・。
と、思ったことは思ったのですが、結論はすぐに出ました。
私は女性ではないし、しかも相当ひどい顔と恰好をしている。
なので、なるべく顔をしっかりと出すようにして先客の車のそばを通り
しっかり撮って無事に帰って参りました。
てか、これ・・・・一人相撲ね。
by esiko1837 | 2012-09-08 14:57

晩夏2

ここ数日、毎日雨が降っています。
お陰で畑では、白菜も大根もすくすくと育ってくれています。
コオロギやネキリムシに散々食われながらですが・・・。
寒冷紗で覆っても、たくさんある隙間から入ってきて、しっかりと彼らは食事をしているようです。
40センチおきに植えたはずの白菜の苗が、ところどころ跡形もなく消えてしまっている所があって、
友人に聞いてみたら、「ネキリムシって、根っこだけじゃなくて葉っぱも食べるんだよ」ということでした。
と、そういう葉っぱや虫たちの写真は撮っていませんが、最近の近所の風景です。
f0138305_19571880.jpg
f0138305_19573259.jpg
f0138305_19574666.jpg
f0138305_1958220.jpg
f0138305_19581985.jpg
f0138305_19583526.jpg
f0138305_19585275.jpg
f0138305_19591430.jpg
f0138305_19592975.jpg

いつも同じようなところの写真ばかりなので、サッパリ変わり映えがしません。
これだけは気仙沼の写真ですが、川面が花で黄色に染まっているのが目を引きました。
f0138305_2015759.jpg

ススキとくれば、やはりもう秋の雰囲気満々ですね。
by esiko1837 | 2012-09-06 20:03