<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

I家のローズガーデン

うちから歩いて2分のI家のローズガーデンの花がピークを迎えています。
もしかしたらピークはもう過ぎているかもしれないのですが、
退職後にバラ作りを趣味にされてる御主人の丹精の賜物の見事な花で
近所に住む私達までが毎年この時期は眼福にあずからせて頂いてます。
f0138305_1955475.jpg

f0138305_19382477.jpg
f0138305_19384812.jpg
f0138305_19391018.jpg
f0138305_19393725.jpg
f0138305_19402798.jpg
f0138305_19403735.jpg
f0138305_19413816.jpg
f0138305_19423488.jpg
f0138305_19445332.jpg

失礼ながらあまり広いとは言えない庭に、御主人は研究と努力でこんなに見事な花を咲かせました。
植える穴を掘るのには体力も必要で、ひとつ掘ると何キロか痩せると聞きました。
趣味を持つと言うのは素晴らしいことだと心底思います。
by esiko1837 | 2013-06-29 19:51 | Comments(21)

出会ってしまいました

師匠や師範の傑作をいつも拝見して感心していましたが、
今朝はついに私も出会ってしまいました。
相手はモノなのに、結構な視線を感じるものですね。
f0138305_20143743.jpg


サステナさん、直ぐ近くで、こういう工事が始まっていました。
形は違いますが、用途は同じではないでしょうか。
f0138305_1945122.jpg

by esiko1837 | 2013-06-27 20:14 | Comments(12)

脳トレ川柳

毎日新聞の日曜版に、脳トレ川柳が載っています。
指南役が選んだ今日の三句は下記です。

  恋をしよう命短し今でしょう      77歳の女性の方
  ああ言えばこう言ううちは脳も冴え   69歳の方
  脳トレの効果もなしに古希むかえ    70歳の方

さすが、脳を鍛えている方は素晴らしいですね。
ちゃんと時代にも乗っているし。
「命短し」は正確には「先が短し」でしょうが、「恋」といえばやはり「命短し」なんですね。
指南役の選には入りませんでしたが他にも12句載っていて、私が可笑しかったのはコレ。

  占いも関係ない歳になり

もうねえ・・・先が無いんだから占いも必要ありませんよね。
ところで!
友人から聞いた話ですが、60代半ばの親戚の男性が結婚されたそうなんです。
お相手は50代後半で、お母様を先に亡くされ、遺されたお父様を100歳まで介護して見送り、
家族がいなくなって独りになってからの巡り合いとか。
どちらも初婚だそうですが、こういうことが世の中にはあるんですね。
勿論どちらも存じ上げない方々ですが、これからうんと幸せになって頂きたいと思いました。
こういうカップルには、脳トレなんて必要ありませんよね。
脳に刺激のない生活をしている私のような人種には必要ですけど。
f0138305_20124821.jpg
f0138305_20125886.jpg
f0138305_20131728.jpg

by esiko1837 | 2013-06-23 20:14 | Comments(20)

山形はサクランボの季節

サークル仲間と一泊で山形県に行ってきました。
一番若い人で40歳くらい、最高齢が72歳の12人です。
ナビのない古いマイクロバスで、運転手が会員の50歳で、
前の晩は11時過ぎまで仕事をしていたとのことで心配でしたが
地図を見ながらドリンク剤を飲みながら、なんとか頑張ってくれて無事に帰ってこれました。
行きながら宮城県の岩出山町の産直に寄りました。
ここは珍しいものが置いてあって活気があり、楽しい所でした。
岩出山といえば鯉の養殖で有名ですが、さすがに生きてる鯉はありませんでした。
f0138305_20142346.jpg
f0138305_2014325.jpg

予算の関係で宿泊は出来ませんでしたが、銀山温泉にも寄りました。
ここはガス灯ともる夜の風景を見てナンボのところなのでいささか趣に欠けましたが
でも足湯だけでもそれなりに愉快でした。
f0138305_20205577.jpg
f0138305_2021187.jpg

そのあと、村山市にある東沢バラ公園へ。
予想はしていましたが、花がピークなので人もピークでした。
でも何度見てもこの公園のバラは豪華絢爛です。
f0138305_2025522.jpg
f0138305_20261082.jpg
f0138305_20264758.jpg
f0138305_2027817.jpg

泊ったのは、天童です。
外でみんなで夕飯を食べての帰り道、天童ならではのものをパチリ。
f0138305_2023771.jpg

翌日は、日本一のサクランボの産地、寒河江市に行きました。
田んぼと同じ広さかと思うほどのサクランボの木が見渡す限りにありました。
サクランボ狩りは大人一人1200円でしたが、値段ほどは食べられませんでした。
ハッキリ言って、大食漢以外は買って食べたほうが安いです。
f0138305_20304964.jpg
f0138305_2031014.jpg

わかりにくいですが、サクランボのビニールハウスがたくさん写っています。
f0138305_2031869.jpg

でもなんだかんだ言いながらもみんなたらふく頂いて、「当分サクランボは食べなくていいわ」と
言いながら帰って参りました。
サクランボ狩りでいいのは、いろんな種類を食べられることです。
私達全員が一致した一番は、紅秀峰です。
実が大きくて食べ応えがあり、味も濃厚です。
晩生なのでまだ市場には出回っていませんが、機会がありましたら是非お試しください。
by esiko1837 | 2013-06-18 20:36 | Comments(16)

花盛り 2

お天気の良い日が続いています。
畑の野菜に水やりが必要なほど土が乾いていて心配だったのですが
一昨日はちょっとだけ雨が降りました。
興味をひかれたお菓子を試作してみたり、孫の夏服を縫ったり、
畑の草取りをしたりで一日が毎日がドンドン暮れてゆきます。
年が改まったのはつい先日のような気がしていたのに
もうすぐ半年が過ぎようとしています。
この調子だと、10年経つのもあっという間なのでしょう。

相変わらずの変わり映えしない写真ばかりですが、アップします。
f0138305_20215889.jpg
f0138305_20221377.jpg
f0138305_20222160.jpg
f0138305_20223110.jpg
f0138305_20223969.jpg
f0138305_20225190.jpg
f0138305_2023152.jpg
f0138305_2023968.jpg
f0138305_20233220.jpg
f0138305_20235018.jpg


ああ・・・貯まるのは写真と脂肪ばかりです・・・。
by esiko1837 | 2013-06-10 20:25 | Comments(16)

姉の十七回忌

2日の日曜日、姉の十七回忌で東京に行ってきました。
姉は16年前に、出勤途中に横転したトラックの下敷きになって亡くなっています。
遺された家族は、姉の4歳上の連れ合いと、当時24歳の娘と大学3年生の息子一人です。
義兄は大阪に単身赴任中で中々連絡がつかずに、夜になってやっと東京に戻ってこれました。
うちには姪から連絡が来たのですが、冗談としか思えなくて、姪は仕事中になにやってんだと
腹が立ったのを覚えています。
独身主義だった姪は、母親の持ち物などを全部処分して家の中を片付けて、その後に縁有って
家庭を持ち、二人の子供の母親になりました。
義兄は一家が住んでいた官舎の近くに住まいを求めて、定年後は息子と一緒に暮らしています。
結婚相手が転勤で東京に行くことになって、遅れて上京した姉は20歳で結婚して家庭を持ったのでした。
いい奥さんとはとても言えない姉でしたが、それでも生きてさえいてくれたら、義兄は少しは
定年後の時間を二人で楽しむことが出来たのではと思います。
このたびの回忌法要では、義兄が私たちの為にいろいろと食べるものやら飲むものやらを
お寺に持ってきてくれて、その世話を焼く姿に瞼が熱くなってしまいました。
回忌ごとの写真も持ってきて見せてくれたのですが、三回忌の写真には父が元気で写っていました。
あれから半年後に帰らぬ人になるなんて、誰も思っていなかったでしょう。
七回忌の写真には姪が写っていなかったので聞いてみたら、子供が泣くので外であやしていたそうです。
そういえば子供好きの父は、初めてのひ孫が可愛くて可愛くて、法要そっちのけであやしていましたっけ・・。
今回は住職さんの娘さんにシャッターをお願いして、本堂で写真を全員集合で撮りました。
次は二十三回忌になるわけですが、その時に果たして母が参加できるのかが心配です。
でも年齢順と言うわけでもないので、これだけは誰にもわかりません。
今回写真に写った全員がまた参加できればいいなあと願っています。
f0138305_20362586.jpg
f0138305_20363864.jpg
f0138305_20373045.jpg

写真は、室根のものです。
by esiko1837 | 2013-06-04 20:38 | Comments(18)