<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

骨密度

膝を診てもらった時に、せっかく整形外科に行ったからと、
一昨年の人間ドックで要精密検査の結果が出ていたのに放置していた
骨粗しょう症の検査もしてもらいました。
火曜日の膝の再診で、その検査結果を教えてもらったのですが
恐れていたのとは違って、なんとまさかの正常値でした。
「若年成人平均値の86(?)%」
「同性同年代平均値の100.8%」という、ヒジョーに立派な結果だったのです。
でも・・・考えてみますに、人間ドックの時は踵を超音波(多分)で測定し
今回は、手をX線による撮影で測定したので、測定法も体の部位も違います。
測定法による違いは無いと仮定して、もしかして部位による骨密度の違いは有るかも・・。
私の場合、手は口の次によく動いているのに、足はただ胴体にぶら下がっているだけ。
よく動くところにカルシウムは付く筈なので、手のほうがずっと値が高くなるのは自然の理。
この理屈で言うと、よく食べてよく喋る私の顎の骨密度なんて、平均の二倍はあるかもしれません。
脳みその周りを包む頭蓋骨の密度となると、これは反対に平均の値の半分以下かも。
なんぞと、勝手な理屈にのっとって今日も暴走気味ですが、でも真実はどうなのでしょうね。
とにかく、投薬覚悟で検査を受けたのに、正常値なのは嬉しいことでした。
f0138305_1950843.jpg

by esiko1837 | 2014-01-30 19:50

昨日はこの冬一番!

今朝は雨降りだったので驚きましたが、昨日の朝は、この冬一番の冷え込みでした。
うちの温度計の計測が氷点下10度までしかないので、正確には違うかもしれませんけど。
その氷点下10度以下の近所の風景です。
f0138305_19272969.jpg
f0138305_19274391.jpg
f0138305_19275413.jpg
f0138305_1928961.jpg
f0138305_19282547.jpg
f0138305_19292339.jpg

ここまでは何事もなく、周囲を眺めては撮ることができました。
惨事(というほどでもありませんが)は、この写真を撮った後に起きました。
f0138305_1931261.jpg

上ばっかり見て歩いていたために、凍ってガッツリと大地に固定されてしまっていた
発泡スチロールの箱に足を取られて、スッテンコロリンと転んでしまったのです。
時が時であれば、あんな箱なんて私の足にかかれば潰れてしまうか蹴飛ばしてしまうかなのに・・・。
お昼まではなんともなかったので忘れていて、午後になったら急に左膝が腫れてきて痛みも出て
歩行困難になってしまったので、慌てて病院に行って来ました。
看護婦さんに、「数年前に半月板損傷をやっていて、同じ所をまた傷めました」と伝えたら
「半月板のほうは、右膝でしたよ」と笑われてしまいました。
この整形外科医院は3.11の震災で被災して全壊し、今は新しい場所で再開しているので
まさかカルテが残っているとは思っていませんでした。
かろうじて、一部を何とか保存することができたとのことです。
で、昨日は車椅子に乗るほど大変だったのに、一晩寝たらあら不思議!
嘘のように軽快していました。
骨に異常がないと言われて、不安が無くなったからなのでしょう。
by esiko1837 | 2014-01-25 19:45

ヘルシー料理

夫婦そろってメタボになってウン十年・・・たまに、これじゃあいけないなと我に返るときがあります。
先日のテレビで、スーパー主婦と呼ばれる料理名人が、ご主人を一年で20数キロ痩せさせたという
メニューを披露していました。
カロリーが少ないのに結構美味しそうな料理の数々に、普通以下の主婦である私のどこかにスイッチが入って
肉を少なくしてキャベツとオカラがたくさん入ったメンチカツを、放送日の夕食に作ってみました。
コンソメも入れた種を炒めて丸めたら、炒っておいたパン粉を直接まぶし、表面に油を少々ふって、これをオーブンで焼きます。
炒っておいたパン粉がとても香ばしくて、変わった物を出すといい顔をしない家族にも好評でした。
で、これに気を良くした私は、友人から牡蠣をもらったので、今日はこれを同じ方法でフライにして
食卓に出したのですが・・「せっかくの牡蠣なんだから、ちゃんと揚げたのを食べたかった」と言われてしまいました。
オカラなんかの安い食材だと、なんちゃってフライでも諦めるけど、高価な牡蠣はより美味しくちゃんと食べたかったというところでしょうか。
オーブンで焼く前の牡蠣の写真です。
f0138305_1946088.jpg

ワタクシ的には、こっちのほうがアッサリしていて好みでしたけど。
もう一品、先日のオカラの残りを冷凍していたので、それを利用しました。
f0138305_19481520.jpg

アッサリ牡蠣フライにオカラの炒り煮・・・う~ん・・・こういうのを普通に続けられればダイエットできるのでしょうね。
それから・・・私の悪しき性分で、食べきる量の食事を作るということができません。
困ったものですが、もしかしたらこれがメタボになる一番の原因なのでしょうか。
by esiko1837 | 2014-01-23 19:52

岩手から久々の新人歌手

千昌夫さん、新沼謙二さんに続いて、岩手から久々に全国版の歌手、福田こうへいさんが登場しました。
紅白歌合戦も見なくなってから20年以上経つのですが、昨年は福田さんが出るというので
録画しておいて、その場面だけは後で母と見ました。
母は民謡好きで、以前は三味線をずーっと習っていた程なので、この福田こうへいさんのお父さんの
福田岩月さんの歌も聞いたことがあるそうです。
昨夜、偶然にテレビで福田こうへいさんが歌っているのに遭遇して、その歌のうまさに改めて感心しました。

            
感激するほどにうまいのですが・・・素人の私が言うのは気が引けますが、なんと言ったらいいか・・
民謡的発音といったらいいのか、訛りといったらいいのかわかりませんが
あれは意識的なのか無意識なのかと、昨夜歌った3曲を聴いていて気になりました。
「南部蝉しぐれ」のような盛岡のご当地ソングだったら自然に受け入れられますが
これから長くやって行こうとするなら、標準語の発音じゃないと困る場面もあるのではと。
意識的か無意識かと気になったのは、岩手で生まれて長く暮らしてきた人ならわかるのですが
30代の人だったら、普通に標準語が話せるからです。
普段は方言で喋っていても、標準語で喋ろうとすればそんなに苦労しなくてもできるはずなんです。
福田さんの味として、あのままいく方針なのかなとは思いますが、歌によっては違和感が出るのではと
おばさんはお節介にも心配したのでした。


by esiko1837 | 2014-01-19 20:27

寒中でござる

最近のニュースでは、「殿ご乱心」という言葉を聞きましたが、
ワタクシ的には、最近ピッタリ来るのは、「寒中でござる」です。
とにかく寒い!!寒い!!寒い!!
f0138305_8574183.jpg

f0138305_99523.jpg

f0138305_9103947.jpg

もう、古い温度計では計測不能な低温が続いています。
この温度計の写真を撮るために外に2分くらい出ていただけで手が痛くなりました。
こうなるともう何もする気が失せてしまい、コタツに居座って、動くのは手と口だけになります。
f0138305_922686.jpg

転ぶと危険なので、ウォーキングもしばらくご無沙汰しています・・・。
体は動かさないのに口だけはよく動く・・・恐ろしいことです。
春先にはとんでもないことになり、何十回目かのダイエットの必要に迫られることになります。

いくら寒くても、日差しがあれば風景はそれなりに美しいのですが
家の中ばかりにいて、しかも手編みに熱中していると、日差しにも気づきませんのです。
f0138305_9113523.jpg

f0138305_9131082.jpg

by esiko1837 | 2014-01-15 09:12

ぴいちゃん賛歌

孫は女の子なので、年相応に手仕事への興味があります。
年末年始の私はバタバタ忙しくておさんどんに終始していましたが
母はいつものように手を休めず、こたつで編み物をしたり
日あたりのよいときは廊下にストーブをつけて縫い物をしていました。
仕事を広げると必ず孫が寄って行って、これはどうするのと聞いたり
自分もやりたいとおねだりしたりして、簡単なことをさせて貰っていました。
何でも答えてくれるし教えてくれるし、母(ぴいちゃん)は孫にとってのスーパーウーマン
になってしまいました。
帰るときに駅まで送って行く車中で、孫は口から出任せの「ぴいちゃん賛歌」を歌い始めました。
だいたい・・・・・ぴいちゃんは編み物ができる~ 縫い物もできる
          何でもできるぴいちゃんは凄い~・・・ここまではいいのですが
ラストが・・・・・・・ぴいちゃんのくせに~・・・で終わったのです。
みんなで大笑いした後、一応正しい日本語を指導するべく、「くせに」じゃなく、「なのに」とか
「だけど」にしたほうがいいよと教えました。
が、うけ狙いに重きを置く誰かさんの血を受け継いでいる孫は、「くせに」とまた繰り返し歌っていました。
これをよそでは歌わないことを祈るばかりです。
f0138305_13342040.jpg

by esiko1837 | 2014-01-11 13:36

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

昨年末から来ていた孫たちが、今日やっと向こうに帰って行きました。
関東の学校の冬休みは短いので、就学前と違って気ぜわしい気がしますが、
何はともあれ、こちらでの事故も無く、ほどほど雪にも触れて、またスケートにも行ったりして
喜んでくれたようで、ジジババは一安心というところです。
いつまで無邪気に喜んでくれる日が続くのかわあかりませんが、
ひいおばあちゃんを含めた年寄り3人は、その健やかな成長を祈るばかりです。

ろくに写真を撮らなくなった昨今ですが、孫が帰っていきなり寂しくなった我が家の窓に
ツララが光っているのが見えました。
孫がいるときは全然気づかなかったのに、静かになると見えるものなんですね。
f0138305_2144462.jpg

by esiko1837 | 2014-01-05 21:43