<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

降りました

今年の冬は、最初に結構雪が降ったけど、あとは降らなくていいねえなんて言ってたら
昨日から今日にかけてドカンと来ました。
温度はそんなに低くないので、湿った重たい雪でした。
こういうのを雪かきするのは大変なのですが一応家の前だけは見栄を張ってやらねばなりません。
で、やっと綺麗にし終わったあたりからお日様がさしてきて雪も溶けてきて、
なんか損したような気分になったのでした。
でも、最近運動不足なので、そのために動いたと思えばいいのだと思い直すことにしました。
大雪にしても大雨にしても強風にしても、以前の配達していた頃の思いがすぐに蘇ります。
今はもう心配しなくてもいいのに、何十年もやってきた仕事につき物の心配だったので
一生抜けないのかもしれません。
f0138305_20321293.jpg

f0138305_20322192.jpg
f0138305_20322971.jpg
f0138305_20324173.jpg
f0138305_20325035.jpg

by esiko1837 | 2015-01-31 20:33

MRI検査

今月はじめに予約していた頭部のMRI検査に行ってきました。
事前に調べてみたら、この検査はX線は使ってなくて、
強い磁石と電波を使って体内の状態を断面像として描写する検査だそうです。
仰向けに寝て頭を軽く固定され、大きなトンネルのような磁場に入れられます。
結構大きな音が何度も何度もするのですが、連れ合いのイビキで慣れている私は
睡魔と闘うのに必死でした。
寝てしまったら寝返りを打とうと動く心配があるので、絶対に眠るわけにはいかないと頑張りました・・。
自分は閉所恐怖症だと思っていたので不安な部分があったのに、呼び出し用のブザーを握らせられたら
その不安が霧散して眠くなったのですから、ただの思い込みだったのかもしれません。
あっさり終了後、少し待ってから説明があったのですが、看護士さんに
「おひとりで聞いて大丈夫ですか?おうちの方と一緒に聞かなくて本当にいいんですか?」
と聞かれたときだけは俄かに不安が募ったのでした。
「いえ、大丈夫です。一人でいいんです」と答えたら看護師さんは笑って
「ご主人に聞かれたくない訳でも有るんですか?」と言っていました。
診察室に入って、お医者さんが写真を一枚一枚モニタで見せながら
優しく詳しく説明してくれたのですが、期待していた(!)小さな梗塞の跡もなく、
脳幹も大脳も小脳もそして血管も全く正常で、異常なしのお墨付きを頂いて帰ってきました。
でも、お医者さんは最後に私にこう仰いました。
「私の領分においては異常は見られません」と・・・。
「ん?」
f0138305_19555752.jpg

by esiko1837 | 2015-01-28 19:55

ムズムズ病

性懲りも無く、また超古い編み機を落札してしまいました。
ジャンク品出品で、多分30年くらい前の年代モノです。
目的は、編み機の本体です。
この編み機は、コンピューターが内蔵されていて当時は20万円か20数万円もしたものです。
出品者はリサイクルの業者さんで、勿論編み機については素人なので
返品付不可のジャンク扱いで、その程度は写真数枚を見て判断するしかありません。
当たるか外れるか、もう宝くじを買うようなもんです。
で、今回私がこれを欲しかった理由は、編み機用の外付けのコンピューターを持っていて
それがこの機械に繋げられるとわかっていたからです。
届いてみたら案の定、本体のコンピューターは電源コードが付いてなくて
電源が入らない状態でした。
差込が特殊な形なので、汎用のものは使えません。
本体のほうも、想定内でしたが針が殆ど全部さび付いていて使いものになりません。
以前に処分した編み機から抜いて錆び取りしていた針と交換(200本)し、
キャリッジ(右左にガーガー動かすもの)も以前のものを引っ張り出しました。
機械編みを始めてから40年ちょっとの間に溜まりに溜まった半端なものを寄せ集めて、いざ始動。
そしてなんとか編めるとわかったときの嬉しさったらありません。
でも、これでじゃあバンバン独創的なものを編むかといえばそうでもなく・・・。
嬉しいのは、寄せ集めが成功したことだけなんです。
第一、コンピューターはついてないけど、パンチカード式のまともな編み機があるので
わざわざこんな面倒くさいことしなくてもいいのでした。
あれが有れば古いものが蘇るかもしれないと、ムズムズして抑えられない病気かもしれません。
f0138305_2030767.jpg

f0138305_20304946.jpg

by esiko1837 | 2015-01-26 20:31

一画加えて別な漢字に

昨日は、母の入っている老人会の新年会でした。
9時半に行ってお昼過ぎには帰ってきたのですが、母はお土産を持ってきてくれました。
お世話してくれる保健婦さんが余興で用意してくれたもので、
20個ちょっとの漢字の書かれたプリントです。
それぞれの漢字に「一画足して別の漢字にしましょう」というボケ防止のクイズで、
代 大 侍 万 内 水などなど
こういうのはすぐにわかったのですが、母もわからなかったし、
私も友人もわからなかったのが一個ありました。
です。
国語辞典の後ろのほうに載っていた漢字一覧の6画の中から見つけましたが
ちょっと見ただけでは気がつきませんでした。
特別な字ではないんですけどねえ。
賞金も賞品も有りませんが、皆さんはおわかりでしょうか。
f0138305_1948240.jpg

by esiko1837 | 2015-01-23 19:48

大寒

寒さも本番、大寒になりました。
人間はスーパーやコンビニで食べるものを買うことが出来ますが
自力で生きていかねばならない動物たちは大変です。
一見のどかに見えますが、食べるものが無いと餓死ですから、みんな命がけなんですよね。
うちでは毎朝、仏壇からおろした昨日のご飯を庭に来るスズメにやっています。
と思っていたんですが・・・・・・別の鳥が殆どを食べていました。
最初はスズメだったのに。
f0138305_9573239.jpg

大きな鳥が来たので、スズメは逃げて待機です。
f0138305_9584760.jpg
f0138305_959595.jpg

大きな鳥のほうだって命をかけて食べているのに、なんだか憎らしくなってきます。
f0138305_1003335.jpg
f0138305_1004750.jpg
f0138305_101421.jpg

さて・・・この大きいほうの鳥の名前は・・・Lucianさんから5回は教えてもらったはずですが・・・。
ツグミ?
by esiko1837 | 2015-01-20 10:04

もう一つの大地の子

昨日、意外な人から小包が届き、ビックリしました。
随分前にネットで知り合い、しばらく交流のあったNさんが送ってくれた本でした。
Nさんは当時盛岡にお住まいだったのが、そのあと転勤で横浜に移られたのと、
知り合ったきっかけの「大地の子」放映から20年も経っているのとで
この頃はすっかり疎遠になっていました。
そのNさんが突然送ってくれた本がこれです。
f0138305_19285360.jpg

この本を自費出版された河村正一さんは、NHKでドラマの制作をされていた方で、
「大地の子」では、責任者岡崎栄さんのもと、3年半にわたる過酷な実務に携わられました。
この本は、製作時の苦労をまとめられたものです。
Nさんは「大地の子」に感動されて、河村さんにコンタクトをとり
残留孤児問題に関心のある人を集めて講演をお願いしたことがありました。

私はそもそも原作者山崎豊子さんのファンで、「大地の子」は父が買っていた「文芸春秋」の連載で読みました。
なので、あの大作がテレビで放映されると知ったときは、信じられませんでした。
そして放映されたあとの感動は、ご覧になった方々と同じように大きなものでした。
主役の陸一心を演じられた上川さんにメロメロになって、同じ思いを語り合いたくて
インターネット上を彷徨い、そこで多くの人たちと知り合いました。
「大地の子」にまつわる思いは変わりませんが、一人の俳優さんに対する熱情は
年とともにそれなりに落ち着き、当時のような熱い思いの同志を求めることも
すっかりなくなりました。
あれから20年・・・・・・経ったところに、今回のこのプレゼントです。
本当に驚きました。
河村さんはNHKでたくさんの仕事をされてきたのでしょうが、こうやって本を自費出版されたということは
「大地の子」の製作がとても大変で、それだけに思い入れも大きかったのではないでしょうか。
本を贈ってくれたNさんと、書かれた河村さんに感謝しながら読み始めようと思います。

本を手にした感動から、しばらく観ていなかった「大地の子」のDVDを見ようとは思うのですが
現在は正直言って観始める心意気に達しないのです。
あのように大きなエネルギーが傾注された作品は、観る方にもそれなりのエネルギーが必要なのかもしれません。
テレビで初放映になったときに父に勧めたら、父は「俺は本で読んだからいい。テレビでは観なくてもいい」と断ったのを思い出しました。
20年前だと父は73歳ですから、もしかしたら見るだけのエネルギーがもう無かったのかもしれません。
父は中国での戦争体験があり、一歳上の兄を失っているので、映像では観たくなかったのかとも思います。
私は、本を読み終わったら絶対にまた観ると思います。
by esiko1837 | 2015-01-17 20:01

毛糸の靴下

編み物や縫い物を毎日していると言っても、一番楽しいことは何たって友人との交流です。
編み物も縫い物も全て趣味のことなので、急いでやらねばということはありません。
なので、友人が「Sちゃん居た~?」とウチにやってくれば、すぐにストーブに乗っているヤカンのお湯で
お茶のみが始まります。
仕事をやりながら編んでいた時は時間が足りないので気持ちの余裕がなく、友人が来ると時によっては
「ああ・・・」と思ったりしたものですが。
で、現在のモードは機械編みなのですが、押しかけ弟子のMちゃんが今年はチョッキを一枚完成の後に
靴下編みにはまってしまって、私が経験無いからわからないと言ってるのに聞いてきます。
あの飽きやすいMちゃんが・・・と感慨深いこともあって、私も仕方なく編んでみました。
編んで履いてみたら、これがまあ暖かいのってなんのって。
私の散らかし部屋は元店舗なので足元から冷えてきていたのが、毛糸の靴下を履いていると全然気にならないんです。
瓢箪から駒の靴下ですが、毎日履いていたので洗い替えが必要になって、今、3足目を編んでいます。
昼はセーターなどの機械編み夜は靴下の手編みで、楽しいけれど肩こりがチョット・・・体操しながらです。
赤い靴下、一方は手編みで、もう一方は機械編みですが、模様が違うのは手抜きのためです。
大きさも違いましたのですが、これもまあ手抜きのためです・・履いたらわからないし!
f0138305_1084634.jpg

f0138305_1092894.jpg


ザ・ピーナッツ「振り向かないで」




by esiko1837 | 2015-01-13 10:02

○○力

今朝の新聞の投稿欄で、「炊事力」という言葉を目にしました。
近頃は、例えば「女子力」というような、「ナントカ力」という言葉をよく耳にします。
なんでもかんでも最後に「力」を付けりゃあいいってもんじゃ無いよと、
ワタクシ的には、あまり好みではありませんデシタ。
でも、70代の女性の方が投稿されたこの「炊事力」には、「ン?」と感じるものがありました。
自分に関係ない(女子力のように)ことだとアッサリ切り捨てられるのに
身につまされることだと、途端に受け入れてしまうのが中高年女性の特権(!)です。
この投稿された方は、一ヶ月に一度くらい顔見世興行に来る4歳のお孫さんに、
「バアバ、あと100回ご飯を作ってね」と言われたので、あと数年は「炊事力」を落とさないように
健康維持に頑張るぞ!ということを書いておられました。
うちの孫は白いご飯と食パンが大好物で、おかずは出来れば食べたくないほうなので
中身は当てはまらないのですが、でも意気込みにはおおいに共感できたのでした。
ついさっきまで「○○力」に反感を持っていた私が、こういう記事を読んでコロッと宗旨替えするのは
何力って言えばいいのかと考え出している始末・・・・・。
そして更に我が侭な事には、自分でたまに使う分には構わないけれど、テレビや本だと許せない。
ここまで自己中な思考回路に陥るパワーは、何力って言えばいいのでしょうか・・・???
f0138305_9474977.jpg
f0138305_9482913.jpg
f0138305_949766.jpg
f0138305_9492161.jpg
f0138305_9495780.jpg
f0138305_95010100.jpg

耐寒力?
f0138305_953370.jpg

共生力?
f0138305_9515145.jpg

by esiko1837 | 2015-01-10 09:54

脳神経外科へ

少し前から転びやすくなっていて、バランスを少しでも崩すと、ドタッと倒れるに任せる状態の今日この頃。
脳梗塞の前兆かと心配になってきて、脳神経科に行ってきました。
お正月休み明けの4日だったので混んでいましたが、一時間ほど待たされただけで受診できました。
診療に先立って体重と身長の計測、次に血圧の測定がありました。
年末年始の食べすぎで更に体重が増えている実感はありましたが、体重の数値を聞いてビックリ!
その直後に血圧なんて計るもんじゃないですよね。
血圧を先に計ってから、次に身長体重を量ってもらいたいものです・・・。
で、いよいよ受診となったのですが、お医者さんはとっても優しくて明るくて、安心して診て貰うことができました。
まず両手を挙げて手のひらを返したり目をアッチコッチ動かしたりのあと、
先生は、前もって出した問診表を見ながら
「転びやすくなったんですね。何時からですか?どのように?」と聞いてきました。
私は、
「前からそそっかしくて転びやすかったんですけど、この頃連続して転んだもので心配になって受診しました。
最近だと、部屋の中で座布団に引っかかって転びました」と答えたところ、
先生は、「・・・・不注意でしょうかねえ・・。腕も落ちてこないし目もちゃんと動いてるし・。でもこの年齢ですから
頭の写真を撮っておくのはいいことです。看護婦さんと相談して日程を決めてください」とのことでした。
看護婦さんに、「MRIが混んでいて、早くても月末です。どの日にしますか?」とカレンダーを示されました。
私が、「サンデー毎日ですから、いつでもOKです」と言いながらも一番早い日を示すと
看護婦さんは、中高年の間ではポピュラーな「サンデー毎日」にエラク笑ってくださって
私をとても嬉しい気持ちにさせてくれたのでした。
後で長女から電話で経過を聞かれたので、「脳梗塞は大丈夫みたいだったよ」と言ったところ、
「お母さん、パーキンソンの心配はしてないの?」と言われて、
お母さんがパーキンソンで大変だった友人に聞いてみたところ、
「そんなに喋るパーキンソンの人なんて見たこと無い!大丈夫なんじゃないの」といわれました。
でもいずれ人間はみな生身、誰でもいつどうなるかは神のみぞ知るです。
いつどうなっても運命だと受け入れる覚悟を少しは持っていたつもりですが
こうやってほんのちょっと何かあれば「スワ病院!」となるのは、覚悟が無かった証拠です。
で、なぜ転びやすいか?の答えは、「加齢と運動不足による筋力の低下」に違いありません。
冬になってからは一段と自分に甘くなり、殆ど歩いていないからからなあ・・・。
f0138305_106442.jpg

by esiko1837 | 2015-01-07 10:06

今年もよろしくお願いします

明けてもう四日になりますが、新年おめでとうございます。
この齢になりますと、何時暮れたのか、何時の間に明けたのか
あまり定かではなくなりますが、とにかくおめでとうございます。
例年だと孫たちが冬休みいっぱい滞在していくのに、今回は予定があって
元日早々にあちらに帰ってゆきました。
孫たちが帰って行くのと一緒にお正月気分もどこかに去ってしまったようで
2日にはもういつもの普通の日の気分になってしまいました。
この先・・・・・この家に私一人きりになってしまって、しかも孫たちも来ないとしたら
私は多分、大晦日も元旦も無い生活になってしまうでしょう。
ただただ楽に流れ、ますますやりたいことしかやらない暮らしになるのは必定です。
長い間やってきた何物からも解放されたいと、無精者の私は思うはずです。

新年早々に何言ってんだということになってしまいましたが
そんな私こんなブログを、今年もよろしくお願いいたします。
去年一年間はニットソーイングにドップリの日々でしたが、
今まで買い込んだ毛糸が私の生涯で消費しきれるかというくらい貯まってしまったので
当分は編み物漬けで行くつもりです。
f0138305_20134069.jpg
f0138305_20135153.jpg

by esiko1837 | 2015-01-04 20:14