<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

三寒四温

先日、もしかして蝋梅?と期待に胸躍らせて載せた花の正体は、マンサクのようでした。
f0138305_9292679.jpg
f0138305_9293691.jpg

と、ガッカリ口調で書いたものの、やはり春の訪れの証には間違いなく、
冬も終わりに近づいていると思うと嬉しくなってきます。
福寿草なども、もう咲き始まっていました。
f0138305_9335684.jpg
f0138305_9341738.jpg
f0138305_9342951.jpg

陽射しもだいぶ春めいてきました。
f0138305_9351330.jpg
f0138305_9354063.jpg

昨日は雪が降りましたので、まさに三寒四温の時期ですね。
by esiko1837 | 2015-02-27 09:36 | Comments(12)

鳴子温泉一泊4300円

鳴子温泉に行ってきました。
主目的は、岩出山町の「あら伊達な道の駅」で売っている漬物、焼きなんばんを買うことです。
日帰りでも行けるのですが、せっかく行くのだからちょっと温泉にも入りたいと
ネットを見ていたら、なんと一泊朝食付きで3981円というのを発見!
洋室で風呂・洗面所なしだったので、結局は4300円の和室に泊まったのですが、
朝食バイキングは全く文句なしの素晴らしいものでした。
午後3時頃出発、年金暮らしなので高速道路は使わずにゆっくりと国道を行きました。
段々夕暮れになってきたところでカメラを出し、動く車から何枚か撮りました。
f0138305_19521075.jpg
f0138305_19523232.jpg
f0138305_19524235.jpg
f0138305_1952556.jpg
f0138305_19531919.jpg

温泉街に入る手前でドライブインを見つけて味噌ラーメンを食べましたが超美味しかったです。
「ドライブインおーとり」という大きなお店でしたが、ホテルで聞いたら、遠くから食べに来る人もいる人気店なのだそうです。
ホテルには午後七時に到着しました。
f0138305_2014079.jpg

翌日朝の鳴子の写真です。
f0138305_19584568.jpg

昔は隆盛をきわめた温泉街ですが、今は廃業した宿やお店も多いようです。
私のように、三千円台じゃないと予約する気が起きないお客さんばかりだと困ってしまいます。
今の時期はもっとも暇な時期だと思いますから、価格もどん底になっているはずです。
で、目的の「焼きなんばん」を買うために行った「道の駅」です。
f0138305_207110.jpg

f0138305_2072354.jpg

f0138305_2074161.jpg
f0138305_2075831.jpg

この道の駅は宮城県でも大人気の所で、珍しくロイズも入っています。
f0138305_2081795.jpg

道の駅って、おばさんにはとてもワクワクする場所で、帰った途端にまた行きたくなるのです。
by esiko1837 | 2015-02-25 20:02 | Comments(12)

三脚を暫く使ってない・・

昨日の夕方、空を見上げたら、月の真下に星がありました。
フェンスの上にカメラを置いて一枚撮りました。
f0138305_16592647.jpg

夕食の支度の時間だったので、三脚を立てる余裕は有りませんでした。
こんな時の為に、前もってカメラと三脚をスタンバイしておけばいいかもと思いました。
でも明るい時は、そんなことスッカリ忘れているんですよね。
by esiko1837 | 2015-02-22 17:02 | Comments(16)

人手不足?

気仙沼のスーパーのトイレに入ったら、こんな貼り紙がありました。
私が注目した部分を黄色の枠で囲ってあります。
f0138305_95972.jpg

最近の沿岸部では人手不足と聞いてはいましたが・・・。
私でもあと5年ちょっとは働けるとは思いましたが、気儘な生活にすっかり堕ちている身には無理でしょう。

昨日お邪魔した知人の庭に椿の花が咲いていました。
これから咲くのか咲き終わったのか微妙な加減だったので聞いてみたら
12月に花が咲き始まって、そのあとに冬が来て雪が降って
凍ったり溶けたりの試練を受けて、今この状態なのだそうです。
f0138305_9113632.jpg

f0138305_912312.jpg

これを見て、そういえばと思い出した別の場所に行ってみたら、ピンクの山茶花は終わっていました。
f0138305_9122543.jpg

で、こっちは椿でしょうか山茶花でしょうか・・・進歩の無い花音痴で、どちらかわかりません。
小さい花なので、多分山茶花かも。
f0138305_9143255.jpg
f0138305_9145157.jpg

by esiko1837 | 2015-02-21 09:14 | Comments(6)

気仙沼の名物など

遠方に住む友人が、事業を息子に譲って暇になったからと、昨年居酒屋を始めました。
64歳にして起業・・・・なんともはや私と同年齢とは思えない気概気力です。
家賃も高いし体力が落ちてるのも感じるしで大変だと言ってましたが、
でもなんとしてでも軌道に乗せると頑張っています。
先日私に電話で、「東北出身のばあちゃんの味を売り物にしてるし
少しでも復興支援に協力したいから、お店に出せるものを気仙沼からいくつか
見繕って送って頂戴。あとは試食してみて自分でやるからお願い」と頼まれました。
こちとら、暇で暇で何かやることは無いかと渇望していますので、二つ返事で引き受けました。
引き受けたのはいいけれど、完璧な下戸である私に酒の肴が選べるのか・・・と思いつつも
食べたことがあるものや、無くてもビビビと来たものを10点以上買ってきて送りました。
送ってしまったので大半はもう無いのですが、我が家用にも買ったのがこれです。
f0138305_19475293.jpg

テレビで紹介されてから人気に火がついた、ハモニカです。
温めてすぐ食べられるものと、自分で煮て食べる冷凍ものです。
勿論、自分で煮たほうが格段に美味しいです。
f0138305_19503673.jpg

箱の隙間埋めに、彼女宅のおかず用にと、白菜の松前漬を入れました。
白菜が採れ過ぎて消化策をあれやこれやと考えているんですが、これは友人たちには好評でした。
母と夫は、塩だけで漬けたいつものほうがいいと、著しく不評でした。
ま、何を考えて作ってもいつもこんな感じなので・・・新作は外に向かって発信するしかありません。
f0138305_19573973.jpg

話が横にそれてしまいましたが、買って送った中のどれでもいいから、お店で人気が出て欲しいものです。
by esiko1837 | 2015-02-19 19:57 | Comments(6)

冬の浜辺・・・じゃなくて・・畑

冬の畑は、さみ~しくて よせる風だけが さわぁ~いでた~・・。
寒さに耐えてどこまで甘くなるかと畑に残しておいた、未収穫の白菜を見に行きました。
豪雪地帯なら、白菜がスッポリと雪に埋まって綺麗な状態を有る程度は保つのでしょうが
この辺は降っても半端で、それが溶けて消えてまた降っての繰り返しなので、
白菜は、こんな姿になっていました。
綺麗じゃないというよりも、ハッキリ言って汚いです。
f0138305_19235082.jpg


でも中は大丈夫な筈と、何枚も何枚も剥がしてみました。
f0138305_1925489.jpg

中のほうは綺麗だったのですが、でも葉っぱの根元が茶色くなっていて
株が全部バラバラになってしまいました。
かじってみたら甘いので、数株収穫して持って帰り、お昼のおかずになりました。
f0138305_1928126.jpg

甘くて美味しかったです。

ところで、畑に行く途中に、黄色い花をつけた木を発見しました。
これはもしかしてロウバイなのでしょうか?
f0138305_19305746.jpg

この季節に花を見つけると、冬も終わりだなと嬉しくなります。

追加ですが、もっと望遠をつけていけば良かったと後悔です。
f0138305_1011061.jpg

思いっきりトリミングしてみました。
f0138305_10113829.jpg

普通の梅?
by esiko1837 | 2015-02-16 19:32 | Comments(14)

ひいおばあちゃん

私も何もしないでいることは出来ない性質ですが、母はもっとハイレベルです。
編み直したセーターをまたほどいて糸を洗い、それをまたまた何かに編みなおしています。
なので、母と出会ってしまった毛糸は、永久に天国に行かれません。
母と出会った毛糸の身になれば、本望なのか、それとも無間地獄に堕ちたのか
判断の難しいところです。
f0138305_19281842.jpg

今日の新聞に、天国にいるひいおばあちゃんへの思いを綴った若い女の子の投稿がありました。
「幼い頃、ひいおばあちゃんにたくさん面倒をみてもらったことを鮮明に覚えています。
手作りのお手玉で遊んでもらったこと、折り紙風船で遊んでもらったこと、
散歩のときにシロツメクサで冠を編んでもらって嬉しかったこと、忘れられません。
本当に大好きでした。教えてもらった昔からの知恵や遊びを子供たちに伝えたい一心で
保育士を目指して頑張っています。天国から見守っていてくださいね」

と、こういう内容で、私は同じくひいおばあちゃんが大好きな孫の姿が重なって、涙が出てきたのでした。
いつかは絶対に来る、現在86歳の母と9歳の孫との別れが、少しでも遅くなるようにと願いました。
永遠の別れは、孫がちゃんと受け止められる年齢になってからじゃないと困ります。
でもそれまで、この強い母に、私の身が心が持ちこたえられるのでしょうか・・・・。
by esiko1837 | 2015-02-15 20:04 | Comments(4)

いつものように

昨日は、前夜から水に浸しておいた大豆6キロを午前中いっぱい弱火で煮込み
これをフードプロセッサーですり潰して、同量の米麹と半量の塩を混ぜて味噌を仕込んだら
午後3時になっていた。
f0138305_9413558.jpg

同じく、前夜から下漬けしておいた白菜でキムチを作ったら、午後4時になった。
f0138305_9431476.jpg

キムチでダシに使ったら無くなったので、ストックしておいた煮干の頭をとっていたら4時半になった。
f0138305_9451356.jpg

ああ今日も日が暮れるなあと思いつつ、免疫力アップの「笑い」を実行するために
歩いて1分の友の家に行った。
(この家ではありません)
f0138305_9472554.jpg

きっかり5時までと決めて向かうも、友との談笑は楽しくて立ち去りがたく、5分延長。
楽しきかな老後人生。
by esiko1837 | 2015-02-13 09:49 | Comments(12)

私は風邪をひかない

母が昨夜のテレビで見たそうで、「風邪をひかないためには、
ビタミンDが大切なんだって。キノコもいいんだって」と、私に言いました。
母の言うことに素直になれない(お互い様だけど)娘の私は、
「私、なんにも気をつけてないけど、ここ何十年風邪らしい風邪はひいてないよ」と
返事をしてしまいました。
すると母に、「あんたくらい毎日能天気に笑ってたら免疫力がうんと高くなって
風邪なんかひくはずないよね。ガン細胞が出来ても、すぐに消えると思うよ」
と、言われてしまいました。
86歳と64歳・・・・いつまでこういうキツイ会話が続くのでせうか・・・・。

新ワカメの季節になって、こういうのを時々頂戴します。
ワカメの根っこのほうにある「メカブ」ですが、これはナマ。
f0138305_2054357.jpg

熱湯をかけると、こんなに鮮やかに変身します。
f0138305_20551687.jpg

私は刻んで辛子醤油をからみ、ご飯にかけていただきます。
美味しいですよ!
気仙沼の養殖ワカメも、ここまで復活しました。
by esiko1837 | 2015-02-11 20:57 | Comments(20)

毎朝、カーテンを開けて一番に見る風景です。
f0138305_8312842.jpg

こちらは、毎夕家の前から見える風景です。
f0138305_8322865.jpg

歴史が一分も一秒も途切れないで続いてきたように、
この空もまた、何処までも途切れないで続いています。
平和ボケの日本人に衝撃を与えた、あの地域の空へも。
まだ仕事をしていた時に読者の方から、「読みたくないことばかり書いてあるから
とるのをやめようかな」と言われたことがありました。
今は私がそのような心境です。
ニュースを耳に目に入れないからといって状況が変わるわけじゃないのに。
by esiko1837 | 2015-02-09 08:40 | Comments(14)