<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

寒い・・

なんだかエンジンがかからず、ズルズルと10日以上ご無沙汰してしまいました。
畑の行き帰りや、庭の花などはなんとなく何枚かは撮りましたが
お盆前後から一気に低温になってしまって、夏は終わってしまったようです。
f0138305_2028544.jpg

f0138305_20281756.jpg
f0138305_20282646.jpg
f0138305_20283548.jpg
f0138305_20284368.jpg
f0138305_20285479.jpg
f0138305_2029545.jpg
f0138305_20291981.jpg
f0138305_20292759.jpg

もう、本当に寒いんです。
友人の一人は既に、夏物をしまって秋冬の衣料を出したそうです。
朝晩は特に寒いので、これでは炬燵を出さないといけないかもしれません・・・マジで。
37度や38度で活躍したエアコンは、もう20日以上全く出番がありません。
部屋の隅にヒッソリたたずんでいた扇風機も、ついに今日片付けました。
寒い・・・・。
f0138305_2034533.jpg

by esiko1837 | 2015-08-31 20:34 | Comments(12)

夏休み

8月10日に長女一家3人が来て、12日に姪一家4人が来て、
先に来ていた次女とで、お盆は合計11人の俄か大家族状態でした。
f0138305_2365889.jpg

f0138305_22361465.jpg
f0138305_22362872.jpg

暑くて賑やかなお盆もあっという間に終わり、東北の朝晩は、もう秋の気配です。
f0138305_2238585.jpg

f0138305_2243147.jpg

f0138305_2245526.jpg

孫は例年よりだいぶ遅れて来ましたので、帰るのもいつもより遅れます。
初秋の朝夕の涼しさが、孫が帰ってしまうことで一層強く感じるのではないでしょうか。
f0138305_22583995.jpg

by esiko1837 | 2015-08-21 23:02 | Comments(16)

片栗粉作り

今年もジャガイモは豊作でした。
収穫のときに傷ついたのや、最初から割れているのや、
うんと小さいのがたくさんあるので、処分法として片栗粉を作ってみました。
作り方は勿論、ネットで検索です。
最初にジャガイモを計量するのを忘れ、皮をむいてから計ったら、3.5kgありました。
皮をむいたジャガイモをすりおろして晒しの袋で濾し、濾したほうの水を15分おいて
澱粉を沈殿させます。
f0138305_20111683.jpg

上澄みをそーっと流して新しい水を入れてかき回してまた15分置き、
3回目は一時間置きます。
3回目の水を流すと、澱粉が白くなって底にたまっています。
f0138305_2014407.jpg

それをスプーンでかきとって、広げて外で干しました。
f0138305_20154367.jpg

夕方、中に入れて出来上がりです。
f0138305_2017822.jpg

皮をむいた状態で3.5kgのジャガイモから、片栗粉はたったの323gしかできません。
市販品の片栗粉の安さにビックリです。
片栗粉は、買ったほうがいいという結論になりました。

片栗粉を中に入れるときに空を見たら、雲がもう秋の様な風情で広がっていました。
暑さのピークは超えたのでしょうか。
f0138305_2021342.jpg
f0138305_20211892.jpg
f0138305_2021338.jpg

by esiko1837 | 2015-08-09 20:22 | Comments(14)

ポリネシア カルチャー センター

paoままさんに、裸のイケメンの写真をリクエストされていましたが、
PCが入院してたので遅れてしまい、今日になりました。
ビーチではたくさんのパンツイッチョのイケメンがいたとは思うのですが
彼らにカメラを向ける勇気はないので、ポリネシア・カルチャー・センターの写真をアップします。

ポリネシア・カルチャー・センターとは太平洋に浮かぶハワイ、ニュージーランド、
イースター島に囲まれた三角形の海域―ポリネシア。このポリネシアの6つの国や地域を半日で楽しみながら体験できるテーマパーク。
ポリネシアの伝統的なゲームや遊び、ウクレレやフラなどのカルチャー体験、総勢100余名による迫力満点のイブニングショーなど、大人から子供まで楽しめる

ワイキキから車で1時間以上かかる場所にあるこのセンターは、半日パックで行きました。
日本語のわかるスタッフが迎えに来て、案内やクイズで盛り上げ、到着まで飽きさせません。
到着後は、やはり日本語の出来るアルバイトのスタッフが中を案内してくれました。
因みに、ショーに出ている人たちを含め、8割以上が大学生のアルバイトだと聞きました。
ショーに出る人の条件は、「ポリネシアっぽい風貌」だそうで、日本人が出ていたこともあるそうです。
私たちを案内してくれたのは、大学一年生なのに婚約者がいるマシュー君・・イケメンでした。
アメリカと中国のハーフで日本に二年間住んでいたことがあり、日本語はペラペラなのに中国語はできないそうです。
f0138305_20292492.jpg

f0138305_2031557.jpg
f0138305_20322037.jpg
f0138305_20323797.jpg
f0138305_20325247.jpg
f0138305_2033811.jpg
f0138305_20332335.jpg
f0138305_20333570.jpg
f0138305_20334625.jpg
f0138305_2034987.jpg
f0138305_2034259.jpg
f0138305_2034377.jpg

島ごとの建物ではそれぞれにショーをやっていて、とても楽しいものでした。
最後に大きな劇場で劇仕立てのショーを見せてくれるのですが、撮影は禁止でした。
バックステージは、撮影可能でした。
f0138305_2035341.jpg
f0138305_20351919.jpg
f0138305_20353280.jpg

ショー終了後、大勢の観客が一斉にバスに向かって駐車場に行くのですが
たくさんのバスの中から自分たちのバスを見つけられなくて焦りました。
万が一時間に遅れたら置いてけぼりでタクシーに乗るしかなく、
その料金はとんでもなく高いのだと、行きのバスのスタッフに脅されていましたから。
by esiko1837 | 2015-08-06 20:41 | Comments(4)

38度でした

我が家の南向きにある温度計が、お昼過ぎに38度をさしていました。
ホンマかいな・・・・。
何もやる気になれず、エンジンもかからず、今日もグダグダして終わりました。
ちゃんと仕事をされている皆さまに対し、後ろめたい気持ちがわいてきましたが、
60歳まではちゃんと働いたのだからいいかということにして・・。
そんな中(?)、6日の二次に向かって練習しているらしい孫の写真が携帯に送られてきました。
保冷剤でホッカムリだそうです。
「ちゃんと練習して、万が一受かったらどうするのよ」という私の問いに娘は
「お母さん、受かるわけないんだから。大丈夫!」と太鼓判を押してくれました。
無事不合格になったら、すぐににこちらに来るそうです。
f0138305_20354289.jpg

by esiko1837 | 2015-08-01 20:38 | Comments(20)