埼玉に行ってきました

土曜日から二泊で、埼玉に行ってきました。
母が甥の結婚式で横浜に行くため、一ノ関駅駅までの送迎のついでに(?)
埼玉の長女の家まで行って泊まってきました。
母の末弟は私の夫と同年齢のため、母の甥とはいっても、孫(私の長女)よりひとつ年下です。
彼は今年41歳なのですが、縁あって、なんと25歳の女性と結婚式をあげました。
場所は横浜コンチネンタルホテル、夜景の綺麗な夕方からの挙式ということで、
いなかっぺ老人たちのお上りさんご一行は、私の二女の添乗で無事に列席できました。
母曰く、「とにかくお料理が美味しくて感激した。」・・・だそうです。
でも、「とっても感じの良いお嫁さんで、ずっとニコニコしてた」とも言っていました。
f0138305_2183772.jpg

その晩は同じホテルに泊まり、翌日は兄弟会ということで、
同じ添乗員のもと、熱海に行って泊まり、昔話に花が咲いたようです。
毎年兄弟会はやっていたのですが、体が本調子じゃない人もいて
「これで最後かなあ」と、最年長の母は言っていました。

私のほうは、大宮で長女一家と待ち合わせをして、鉄道博物館に行ってきました。
行くこともないと思っていたところですが、孫の絵がちょうどこの時期に展示してあるというので
ナントカ馬鹿丸出しで、ジジババ二組、親一組、そして孫と、7人がかりで見に行きました。
f0138305_21474732.jpg

まぐれで頂いた賞だと思うので、こういうことはまたは無いと思い行ったのですが
館内に展示してある年代物の列車や写真、年表などはかなり興味深く面白かったです。
f0138305_2114360.jpg

f0138305_21141915.jpg

f0138305_21143247.jpg

娘の所から、冬は富士山が結構ハッキリ見えるというので連れて行ってもらいました。
公園の真ん中あたりに小山が盛ってあって、そこに登って撮った写真です。
f0138305_2131492.jpg

東には筑波山が、これまたハッキリと見えていました。
この小山に登ると360度の大展望が拡がっているので、関東平野を実感できました。
# by esiko1837 | 2017-02-15 21:06 | Comments(10)

団塊の世代

新聞で読んだかテレビで見たか忘れましたが先日、ハッとさせられたことが有りました。
日本は何処を向いても団塊の世代がたくさんいて、それが当たり前の風景になっています。
旅行に行けば、これまた何処を見ても見渡す限り、仕事をリタイアしたらしき人々でいっぱいです。
新聞への投稿もしかり、団塊の世代の人々の書かれたものでいっぱいです。
かく言う私もその一員で、投稿はしたことが無いですが、やはりニュースは新聞に限ると
元活字中毒の余韻はいつまでも残っています。
さて、「ハッとさせられたこと」ですが、この当たり前のようにいっぱい存在する団塊の世代が
近い将来に全員いなくなってしまうと聞いたことです。
命はいつか尽きるものですから、当然、あと2~30年もすれば、ぜーんぶいなくなってしまうわけですよね。
自分や家族の死については考えたことが有りますが、この社会から、
一番多い年齢層の年寄りがゾックリ消えてしまうことには思いが至りませんでした。
田舎は今でもあまり人を見かけないのに、ますます人を見かけなくなってしまうでしょう。
新聞は、活字依存の人の嗜好品になってしまい、発行ができなくなるのでは。
列車は?バスは?病院は?買い物は?
と、考え始めたら眠れなくなりそうです。
狭い狭いと思われている日本ですが、そのうち人間はどこかに集められて暮らすようになるのでしょうか。
と、そんな事態になった頃には、とっくに消えてしまっている団塊の世代の私が思うのは大きなお世話なのでしょう。
f0138305_2092244.jpg

# by esiko1837 | 2017-02-09 20:09 | Comments(8)

子供冬まつり

昨日は「子供冬まつり」だったそうで、秋田の横手から「出前かまくら」の職人さんが来て
役場の前庭に、立派なかまくらを作ってくれました。
昼間は、近隣のこども園や保育園の子どもたちで賑わっていました。
f0138305_1938868.jpg

f0138305_19383769.jpg

ここ2.3日、こんなに雪が降っていたのに
f0138305_19365575.jpg

かまくらには雪が足りなかったそうで、山から運んできて作ったそうです。
暗くなったらイルミネーションが点灯すると聞いたので
歩いて5分、走って・・・は無理の場所なので、滑ると怖いので車で1分で行ってきました。
f0138305_19421426.jpg

f0138305_1942309.jpg

f0138305_19424617.jpg

何枚か撮って、さあ帰ろうと思った時に、盛岡発室根行きのバスが入ってきました。
一日2往復しかないバスですが、これが一応最終便です。
f0138305_19444872.jpg

f0138305_194544.jpg

なんと申しましょうか・・・個人的には、イルミネーションよりもこちらの方が好みです。
# by esiko1837 | 2017-02-04 19:45 | Comments(12)

見ないつもりでしたが

人気の高かったらしい去年の大河ドラマも見なかったくらいなので
今年の大河「女城主直虎」も見るつもりは全然ありませんでした。
が、「ショウビタキ」の名前を求めて検索していてヒットした
市内の方のブログで、「小黒の滝」がロケに使われていたことを知り、
何となく録画していた初回と二回を見てみました。
この滝は隠れた紅葉の名所で、私は何回か紅葉写真目的で行ったことがあります。
ここで「おとわ」と「亀」の別れのシーンが撮られたのですが、葉っぱが青い時期でした。
で、この直虎の子供時代の女の子が、うんと上手いとは思えないものの
何とも子供らしくて元気が有って気に入り、しばらくは観てみることに決めました。
小林薫さんも好きですし。
でも残念ながら、次回からは直虎は大人になってしまいます。
こうなると果たして何回まで私は飽きないで見ることが出来るのか・・・楽しみなことです。
f0138305_206389.jpg


強力粉消化プロジェクト(?)で、コーヒー入りのちぎりパンとウィンナロールを作りました。
f0138305_208168.jpg

f0138305_2081463.jpg

f0138305_2082735.jpg

f0138305_20191082.jpg


我ながらデリカシーの無い出来上がりで・・今日もまた腹いっぱい運動で日が暮れました。
# by esiko1837 | 2017-01-30 20:11 | Comments(14)

このところ編み機モードです

数日前から、編み機モードになりました。
何十年前からやっていると言っても不思議なもので、
しばらく編み機に触っていないと、機械に馬鹿にされてうまくいきません。
この数日で取り合えずセーターを3枚編んでみましたが、
一枚目は糸が外れたり引っかかったりと散々でした。
三枚目にしてなんとかかんとか普通に編めるようになりました。
でも、必要に迫られて編んでいるわけではなく、
この糸とこの糸を組み合わせたらどうなるんだろうというような
興味本位が第一なので、暇つぶし以外の何物でもありません。
あちらに細機、こちらに太機を出しっぱなしにして、
思いついたままに使い分けていますが、ミシンも複数台出してあるので
もう私の動くスペースが殆ど無い状態です。
この部屋を見て、以前は「もう少し片付けたら」と言ってくれる人もあったのですが
ここまで来るとみんな諦めてくれて、もう何も言われなくなりました。
f0138305_119225.jpg

こちらは、イオンの初売りで毎年買う、籠一盛り1000円の毛糸で編んだ帽子です。
レジの人もビックリの36個ありましたが、この毛糸はとても太くて
この帽子の周り一段編むのに一個かかります。
太いので編み進みが速く、この帽子は一時間で編めました。
3個編み終わって知人に引き取ってもらい、あと一個編めそうなので自分用にします。
f0138305_11224829.jpg


ネットショップからメールが来ると気になったのは目を通すのですが、
国産の強力粉が安かったので、2.5キロX4というのを買いました。
試作で食パンを作ってみましたが、いつも使っている輸入品らしきものよりは
扱いが少し難しくて、弾力も落ちるような気がします。
でも10キロもありますから、当分はこれでいくしかありません。
f0138305_11151486.jpg


初場所千秋楽で稀勢の里が見せた土俵際の踏ん張りは凄かったですね。
横綱になった重圧に耐えて、なんとか日本出身横綱の矜持を見せて頂きたいものです。
岩手出身ただひとりの幕内だった錦木関は、5勝10敗で負け越しました。
押されれば押されるまま、投げられれば投げられるまま・・。
解説の方の「良いものを持っているんですがねえ」と言うのを複数回聞きました。
技と粘りを身に着け、幕内に返り咲いて貰いたいです。
f0138305_11213419.jpg

f0138305_11215313.jpg

f0138305_1122748.jpg

f0138305_11222159.jpg

# by esiko1837 | 2017-01-25 11:23 | Comments(10)