東京・新青森間3時間10分

東北新幹線が2010年に、東京駅・新青森駅間が3時間10分で結ばれるそうです。
その昔・・私が東京から岩手に帰省するときは、上野駅から一ノ関駅まで特急で5時間かかりましたから、まさに隔世の感があります。
美容学校の実習で年末年始に池袋パルコの美容室で働き、常磐線周りの急行で帰省したときなど、あれはいったい何時間かかったのでしょうか・・・。
(多分)十時間くらいの長い間、急行列車の固いシートに座っていたので、一ノ関駅で降りようとしたら足がむくんで靴が履けなかった思い出が、昨日のことのように蘇ります。
足がむくんだのは、美容院での慣れない立ち仕事のせいも加わってでしたが・・・若かったなあ、私・・・・・・・あれから40年・・・・。
今では、美容師の免状も紛失し、技術も全て忘れ・・・・自分の髪さえ梳かさない身に成り果てました。
なにはともあれ、私は青森が大好きですから、これからはもっともっとカメラを持って出かけたいと思います。
遠出は休刊日にしか出来ないという制約がありますので、遠くの地への時間が短縮されるのは大歓迎です。

写真は、須川岳への途中にある、やびつダムです。
大きくして見ていただけたら嬉しいです。
f0138305_1022317.jpg

# by esiko1837 | 2007-11-07 10:02 | Comments(4)

心の整理だ?

慰留だの留保だのという言葉が、今日の一般紙の一面を飾っています。
ここで丸投げしてしまったら、あんたも安倍さんと同じなんだよ!!と言ってやりたいです。
それにしても、腹が黒いか白いかはわかりませんが、海千山千の政治家が
心の整理の時間が必要だ?
何を言ってるんだか・・・と、パンピーおばさんは思います。
「民主党内では、封印されていた小沢批判が噴出」という記事も見られます。
そもそも違う政党の先生を迎えて都合よくやっていこうとした・・・言うだけ疲れます。
生活実感と選挙で投票する人とが結びついていない日本は、何時まで経っても
まっとうな政治は望めないのでしょう。
というか、せめて投票率がもっと高かったら・・・と思います。

今日の写真は昨日と同じ小安峡で、橋の上から見た昨日の写真とは反対側を撮ったものです。
大墳湯といって、約8kmにわたる渓谷の一部で、岩壁からシューシューと熱気と蒸気が激しく噴き上げているところです。
1時間に約10t、98℃のお湯が吹き上げているそうです。
近くには、温泉の滝もあって、面白いところです。
f0138305_7384.jpg

# by esiko1837 | 2007-11-06 07:03 | Comments(4)

アルバトロス

f0138305_795229.jpg
今日のスポーツ新聞の一面は、全部揃って「アルバトロス」でした。
ゴルフに無縁の私には初めて聞く言葉でしたが、配達中に聞いたラジオの解説によると、二打目でホールインしたことを言うそうです。
なんでも、ホールインワンの何十倍だか何百倍だか難しいのだそうです。
全米ゴルフツアーで最年少Vだそうで、達成した桃子さんという人がどのスポーツ新聞にもでっかく載っていました。
チョット前であれば・・スケートで逆転優勝した浅田真央ちゃんが全紙のトップを飾ったのではないでしょうか。
裏の一面には載っていましたが・・私はゴルフにもスケートにも興味がありませんが、庶民の感覚としては、揃いも揃って全部がゴルフかよ!と、つっこみたくなりました。

写真は、昨日行った、秋田県湯沢市の小安峡です。
真湯温泉まで紅葉を見に行くつもりでしたが、あまりのお天気の良さに、秋田の小安峡まで行ってしまいました。
去年に比べて、紅葉の色はやはり今ひとつでした。
一ノ関から須川を越えて秋田に至る国道は、今日から来年の5月まで、雪のために閉鎖になります。
昨日はすでに殆どの看板がシートで覆われていました。
# by esiko1837 | 2007-11-05 07:10 | Comments(10)

今日も紅葉を求めて

Mさんの情報を元に、半信半疑で住田町の川の駅を目指して午後から出かけてきました。
室根山の牧場を越えて北側に出、高田市に向かって進み、途中から遠野に向かって川沿いに行ったのですが、紅葉が満喫できると思った周囲の山々は、それほどの色づきではありませんでした。
やはり、朝夕の寒暖の差があまりないので、緑からそのまま茶色になってチャンチャン!!
となってしまうのでしょう・・・。
青春の無かった私みたい・・なんてね。
f0138305_17181862.jpg

# by esiko1837 | 2007-11-03 17:18 | Comments(5)

紅葉を求めて

紅葉が過ぎてしまったら困ると思い、近場の山などをほぼ毎日ふらついていますが、
なかなか思ったような色にはなってくれません。
今年はいつまでも暖かさが残っていて、朝夕の冷え込みが少ないからなのでしょう。
緑の葉が赤くならずに、このまま茶色くなっていくのかもしれません。
木によって部分的に真っ赤になっているのも見受けられますが、
緑の部分が赤くなるのか、はたまた茶色くなって落葉するのか・・気になるところです。

f0138305_9514623.jpg

# by esiko1837 | 2007-11-01 09:52 | Comments(0)