平和な日々


この歳になると、やらねばならぬことは、ほぼ日常生活関連のことばかりです。
昔よりは4時間も遅く起き、掃除洗濯と朝食を最低限にササッーと済ませれば、あとは何をしてもよいことになります。
うちは夫殆どが何もしないので、以前は面白くない気持ちも有ったりしましたが、
近所の人に愚痴ったら、「じゃあ、あんたのやることがなくなるじゃないの」と言われて物凄く納得したことがあります。
でも、夫は私が言えば何でもやるので、まあそれはそれでよしということにしています。
本日も私が言ったので朝食後に車二台のタイヤ交換をしてくれました。
と、家庭内はこんな毎日ですが、昨日は友人がカボチャの煮たのを持って来てくれました。
「あのね、このカボチャ、切るときに硬くて大変だったからうんと美味しいかと思ったら、
とんでもなく不味いの!うんと美味しくないよ!本当に不味いの!」と言って置いてゆきました。
そこまで不味いんかい?と思いながら夕食に頂いたのですが、これが本当に不味くて・・・短い老い先の語り草がひとつ増えました。
近所の友人たちと、こんな感じで笑いあえる毎日が、本当に楽しくて有難いと思っています。
国内外のニュースを見ると、この平和な毎日が壊れるのではという漠然たる不安がわいてきます。
私は、今何かが具体的に起こって全てが終わりになることが有っても、
友人たちに恵まれ、家族もまあまあ大きな問題もなくて、それなりに楽しい人生だったと諦められる気がしています。
でも、娘や孫の事を考えると、それは諦められることではありません。
娘も孫も、そして若い人たちみんなの老後が平和でありますようにと切に願うばかりです。
      
f0138305_14170195.jpg




# by esiko1837 | 2017-04-10 14:19

沖縄に行ってきました

今年の誕生日が来れば89歳になる母が沖縄に行きたいというので,3月末に行ってきました。
母は長い旅をするたびに、もうこれで最後だと思っているようなのですが
母の歩く姿を見ていると、本当にもう遠くは無理だなという思いが今回はこみあげてきました。
旅行はどうしても歩く距離が長いので、普段は杖を使わないで歩いている母でも杖が必要です。
でも使う習慣が無いもので、つい忘れて出発してしまいます。
父の遺品が一本、ハワイで買った一本、そして沖縄でまた一本買ったので、杖は3本になってしました。
本島だけ4泊5日の旅を、ANAでなるべく安く組み立てて6人で行ってきたのですが
春休みということで、飛行機は満席、ホテルもかなりの混雑でした。
     
f0138305_19424784.jpg
     
f0138305_19430895.jpg
     
f0138305_19432934.jpg
     
f0138305_19433334.jpg
     
f0138305_19434461.jpg
     
f0138305_19435205.jpg
     
f0138305_19440485.jpg
     
f0138305_19441376.jpg
     
f0138305_19444957.jpg
     
f0138305_19445529.jpg
     
f0138305_19461174.jpg
     
f0138305_19482247.jpg
     
f0138305_19490923.jpg
     
f0138305_19494950.jpg
     
f0138305_19503688.jpg
     
f0138305_19514826.jpg
     
f0138305_19521547.jpg
     
f0138305_19523678.jpg
行ったのは、国際通り・美ら海水族館・琉球村・万座毛・アメリカンヴィレッジなどでした。
気温25度の陽気の沖縄から岩手に帰り着いたら、なんとみぞれが降っていました。
気温差は25度くらい有ったのでしょう。
日本は南北に長いことを実感した日でした。
旅に出るといつも、ついつい周囲の人間観察をしてしまっている私ですが
今回、ちょっと驚いたことが有ります。
場所は忘れましたが、男性が女性の肩に手を回して歩いているカップルの後ろから歩いていきました。
カップルが立ち止まったので私が前に出て、二人の顔が見えたんですが、男性の顔があまりに幼かったのです。
もしかしてあの二人は親子?母と息子?
異常に仲の良い母親と娘がよく問題になっていますが、母と息子のケースも有ったの?と
なんだか恐ろしくなったのでした。
その日の朝、ホテルの朝食会場の隣のテーブルに、両親と高校生くらいの息子と中学生くらいの娘がいて
娘は、父親を完全に無視して口をきいていませんでした。
なんだかなあと思って見ていたのですが、こっちのベッタリ母と息子よりは自然なのでは
と思えてきました。
とまあ、ひとさまのことはなんだかんだ無責任に言ってしまいますが
実際のところは、何がどうなっているのか、変なおばさんにはわかりません。
     
     
     
     
     
     


# by esiko1837 | 2017-04-04 20:28

今までありがとうございました

最近、やはりもう潮時という気持ちが強くなってきましたので
このブログを今までのやり方で続けるのをやめることにしました。
長きにわたり、優しいお心で接して下さった皆様に、心から御礼を申し上げます。
閉じてしまうわけではありませんが、たまに更新の独り言スタイルで続けようと思います。
皆様との交流の思い出を、私の宝物として大事にしていきます。
今まで、本当にどうも有難うございました。
 
f0138305_19490487.jpg


# by esiko1837 | 2017-04-02 19:50

今日は暖かかった

今日は、今年一番気温が上がりました・・と、思いました。
前の家を建てた時に屋根に設置し、今の家に持ってきた勤続50年になろうというソーラー温水器が我が家にはあります。
冬場は凍るので水を抜いておくのですが、もう凍ることは無いと思って、本日水を揚げました。
それなりに温まってくれたので、これからは石油代がだいぶ助かる季節となります。
この季節は日によって寒暖の差が大きくて、今日は暖かかったですが、つい何日か前は山が白くなりました。
        
f0138305_20474123.jpg
いつもの散歩のコースの途中に、子ども園があります。
昔と違って、今は寒くても外で子供たちが遊んでいて、私どものような年寄りにも声をかけてくれます。
「こんにちは!おはようございます!」と大きな声で呼びかけてくれるので、老夫婦はとっても嬉しくなります。
村内の保育園も子供の減少によって統合され、以前は六か所もあったのに、今はたったの二か所になってしまいました。 
そのうちに一か所になり、その先は・・・考えたくないですが、もっと統合されてしまうのでしょう。       
        
f0138305_20481394.jpg
        
f0138305_20482348.jpg
  
       
f0138305_20475674.jpg
同じく散歩コースで、室根バイパスの工事をやっている所があります。
当初の完成予定は今月末でしたが、この様子だと、もう少し延びるのでしょう。
       
f0138305_21061250.jpg
バイパスが完成したら、私がお世話になっている産直もお引越しだそうです。
私は組合員ではなく置いて貰っているだけですが、そうなったらどうしようかなと思案中です。
丸一年経ちましたが、おかげさまで随分買っていただきました。
自分の好きで作ったバッグを買ってくださる方がいることが何よりの幸せです。
原価計算をしてはいけないと自分に言い聞かせつつ・・でも肩こり分は欲しいなあ・・・。
私は欲が深いのでしょう。
       
f0138305_21062879.jpg
f0138305_19355315.jpg

    

# by esiko1837 | 2017-03-20 21:17

アカモク

昨日のNHK総合テレビ「朝いち」で、「アカモク」が花粉症に効くということで紹介されました。
アカモクはヒジキの仲間だそうで、とても粘りがあります。
以前は地元の人がわずかに食べるだけで、商品にはならなかったのですが
最近はその効用が見直されているようで、ネットで見たら商品として売り出されていました。
埼玉の孫とパパさんがが結構な花粉症なので送ってあげようと、早速気仙沼に買いに行きました。
まず地元の大きなスーパーに行ってみたのですが、見当たりませんでした。
地元ではあまり食べないとすると、これはお土産屋さんとか観光施設に行った方がいいかと思い
ホテルが経営する大きな観光センターのようなお店にいってみました。
ここでも見当たらないので諦めかけたところ、ここに長く勤めている同級生を発見!
二十何年ぶりだというのに、最初に出た一言が、「あら!ここには定年無いの?」・・。
我ながらひどいもんだと思ったのですが、実はこの彼は大きな手術を乗り越えて職場復帰したという人で
その彼が元気に働いている姿に感動して驚いての一言でした。
で、「テレビで見てアカモクを買いに来たんだけど、置いてないの?」と聞いたら
「あるよ。これだ」と、「ぎばさ」と書いてあるパックを教えてくれました。
この辺では、アカモクのことをギバサと呼んでいるらしいです。
口の悪い私はさらに、「こんなのは海に行ったらいくらでも採れるんじゃないの?」と言ってしまったのですが
敵も同じく口が悪く、「採れるかもしれないけど、あんたが採って来たって、どれがギバサかゴミかわがんないべ」
とのたもうたのでした。
帰って来てから娘に送ったのですが、効いてくれればいいなと願っています。
f0138305_21102216.jpg



# by esiko1837 | 2017-03-15 21:05