マラサダ

またまたテレビで見たものへの食い意地が沸き上がり、作ってしまいました。
ハワイ島で地元の人たちに人気の揚げパンで、マラサダというものです。
レシピを検索しないで、こんな感じかと想像で作ってみました。
普通の食パン生地に少し蜂蜜を入れて甘くシットリさせましたが、
実物を食べたことがないので、これでいいのかどうかはわかりません。
現地でもいろいろ有るでしょうから、これはこれということで。
因みに、今回の食材では賞味期限切れはありません。
f0138305_2072041.jpg

f0138305_2073830.jpg

パンこねに餅つき機を使っているのですが、分量が少なすぎるとコネが上手くいかないので
小麦粉600gで作りました。
マラサダ4個は全体量の約三分の一でしたので、残りは食パンの型に入れました。
が、この型だと大きすぎるので、隙間埋めにサツマイモを・・。
f0138305_20134258.jpg

この並びで焼きあがると思いきや、なんとサツマイモは
食パンの内部にすっかり潜ってしまっていました。
思い通りにはいかないものです。

肝心のマラサダですが、これは肥えるために食べるようなフードです。
これ以上太ってどうする感はありますが、取り合えずは美味しかったです。
# by esiko1837 | 2016-12-15 20:17 | Comments(8)

いがだんご

日曜夜のテレビで、バナナマンの日村さんが「いがだんご」なるものを
美味しそうに食べていました。
地方に行って地元の人のおすすめのウマイモノを教えてもらって食べるという趣旨なのですが、
今回は新潟のナントカという町でした。
そこで勧められたのがこれで、「いが」というのは、栗のイガのことです。
ちょっと作り方を地元の90歳くらのおばあさんが教えてくれたのですが
栗入りのお赤飯に、粒あん入りの草団子を入れて蒸し上げるというものでした。
日村さんは毎週なんでも美味しく食べていますが、今回のものは
私が夕食直後で満腹だったにも関わらず、いやに食欲をそそられました。
年末の恒例として、この頃は毎日、お掃除をあっちを少しこっちをチラッととやっています。
なので台所の戸棚の奥から、スッカリ忘れてしまっている食材が結構出てきていました。
で、ナントナント、「いがだんご」に必要な食材がぜ~んぶ揃っていたのです。
f0138305_19472612.jpg

もち米は最近頂いたものなので、多分新米です。
ヨモギの粉末と金時豆は2年前に賞味期限が切れていました。
団子の粉はお彼岸あたりに切れていて、もち米の粉は・・判読不能でした。
栗は、これは今期にむいて冷凍したものなので、セーフです。
粒あんは、先日やはり戸棚の奥から出てきた一昨年の小豆を煮て冷凍しておいたものです。
小豆としては期限切れですが、あんことしては出来たてです・・・。
ちゃんとした作り方はわからないし、お赤飯と草団子の割合もわからないのですが
とにかく出来ました。
f0138305_19561892.jpg

f0138305_19565754.jpg

母曰く、「不味くはないけど、お赤飯はお赤飯、団子は団子で食べたかった」。
全くその通り、ワタクシも激しく同意したのでありました。
地元の方々は慣れ親しんだお料理でしょうが、ヨソモノ老人にはイマイチでした。
でもこれで、古い食材が随分と消化されました。
勿論、我が家全員、お腹の調子はいつも通りです!
# by esiko1837 | 2016-12-13 20:01 | Comments(6)

が.......

昨日起きて外を見たら、結構な銀世界になっていました。
朝食後にカメラを持って庭の廻りをブラブラしていたら
なにやら聞いたことのある「パオパオ」という声が空のほうから降りてきました。
ん、これはもしかしてと空を見上げたらやはり白鳥が!
青空だし・・カメラも持ってるし・・これはバッチリだと思って撮ったのですが
慌てて撮ったものですから、ピントが手前の枝に合ってしまっていて
誠に残念な結果となったのでした。
季節は始まったばかりですから、次の時節を待ちたいと思います。
鳥インフルエンザのため、盛岡の高松の池では白鳥が死んでたそうですが
写真に撮る分には大丈夫でしょう。
f0138305_9265114.jpg

f0138305_927343.jpg

f0138305_9282368.jpg

f0138305_929492.jpg

# by esiko1837 | 2016-12-09 09:29 | Comments(8)

ふるさとの山

f0138305_20524481.jpg
昨夜の天気予報が非常に良かったので、今日は急遽、年末のご挨拶にと盛岡に行ってきました。
夫には兄が3人いて、ここ3~4年でみんな彼岸に旅立ってしまいました。
盛岡には義姉が二人住んでいるので、ご挨拶をして近況を話し合い、
昼食を頂いたりお茶を頂いたりして帰ってきました。
兄たちが存命の時は4夫婦がお盆とお正月に必ず実家に集まって賑やかなものでしたが
今は実家は無人になり、兄たちは誰もいなくなり、仲の良かった兄弟の付き合いも
この数年ですっかり様変わりして寂しいものとなってしまいました。

ここ何年かはどうも私の普段の行いが悪かったらしくてしくて、岩手山の綺麗なお姿を見ることが出来ませんでした。
が、今日はバッチリ!青空のもと冠雪を頂いてスックと聳え立つそのお姿を拝むことができました。
高速を北上すると、花巻あたりから、そのお姿はが見え隠れしてきます。
f0138305_20485536.jpg

f0138305_2049884.jpg

高速の盛岡南インターを出たあたりです。
f0138305_20494040.jpg

f0138305_20495166.jpg

市内からはこんな感じです。
f0138305_20502561.jpg

f0138305_20505318.jpg

f0138305_2051583.jpg

f0138305_20512535.jpg

f0138305_20515362.jpg

久しぶりに岩手山を拝むことが出来た私は、この山が市民の日々の暮らしに
しっかりと溶け込んでいるんだなあと深く感じました。
啄木が毎日仰いでいたであろうこの山を、
異郷の地で望郷の念の象徴として詠んだのがわかるような気がしました。
それほどに、この山は美しく雄々しく人々に迫ってきます。
で、夫はやはり毎日岩手山を見て育ったはずなのですが・・・山に目を向けることもなく
感想を述べるでもなく、ふるさとに山なんてあったっけ?てな感じなのでした。
いいけど・・。

暗くならないうちにと早めに盛岡を出発し、帰る途中の産直で買い物を。
ここは最近また巷で話題の、この方の故郷でした。
アンパンマンじゃない方ね!
f0138305_2125623.jpg

そしてその帰り、北上平野の夕暮れ前です。
f0138305_2142324.jpg

# by esiko1837 | 2016-12-03 21:04 | Comments(14)

冬来る

今日はとても冷え込んで、関東でも雪が降ったとニュースで言っていました。
岩手は氷が張ったりして寒いことは寒かったのですが、雪は殆ど降りませんでした。
f0138305_20105927.jpg

f0138305_2011124.jpg

f0138305_20112942.jpg

こちらは、やはり冷え込んだものの、晴れた昨日の写真です。
f0138305_20123315.jpg

f0138305_20124522.jpg

f0138305_2013694.jpg

f0138305_20132417.jpg

f0138305_20134293.jpg

f0138305_20135651.jpg

f0138305_20141267.jpg

f0138305_20143314.jpg

一昨日の散歩中に体育館の裏庭で、風に舞う見事な枯れ葉のダンスを見ることができました。
カメラを持ってこなかったことが、とても悔やまれました。
昨日の散歩の時も風が吹いていて、カメラが無いことに途中で気づきました。
戻ろうか戻るまいか迷い、結局戻らずに、そのまま行きました。
前日ダンスを見た場所に近づくにつれ、「枯れ葉のダンスが無いように。枯れ葉のダンスが無いように」と、願っている私がいました。
そんなことを願って歩いている66歳の私・・・器の小ささ極まれりです。
# by esiko1837 | 2016-11-24 20:28 | Comments(20)