七回忌

あれから6年経ちました。
土曜日のせいもあってか、一関から気仙沼に至る国道は車が連なっていたそうで、
うちに来ようとした友人は、横断ができなくて、しばし待ったそうです。
「帰りは遠回りでも、ちゃんと信号のある所を通る」と・・田舎感満載の発言をしていました。
最近のテレビは、ローカルでは特にですが震災関連のものが多く放送されていて
もうすぐ3月11日、今年は犠牲になった方々の七回忌だとの認識は有ったのですが
雑事に没頭していて、今日のその時刻には頭にありませんでした。
防災放送から突然サイレンが聞こえてきたので、最初は火事かと思い
次に、震災の時刻だったことを思いだして慌てて黙祷をしたのですが
目をつぶって手を合わせているうちに、涙がぼろぼろと出てきて止まらなくなりました。
最近は忘れていることのほうが多いですが、震災一か月後に見つかった友人が可哀想で
思い出しても胸が張り裂けそうになります。
陸前高田の火葬場に夕刻行ったのですが、火葬場は高台にあるので、避難所になっていました。
そこに避難されている方々の夕餉の匂いが漂っている中での、友人の火葬なのでした。
ランタンと蠟燭の灯りのもと、みそ汁の匂いがする中で友人が火葬されたことは切ないことでした。
そのあと、息子さんとご主人もご遺体で見つかったと聞きましたが、家族で助かった方は無く、
ご主人のお姉さんが、お墓を守っておられます。
友人はご主人とはいろいろあって、息子さんたちが独立したら親戚のいる遠い地に行くのが夢でした。
本気で言っているのか冗談で言っているのか、そこは本人のみぞ知るですが、
あの震災では、避難しようとして家族が一台の車に乗ったと聞いています。
最期は家族がみんな一緒だったことになります。
遠い地に行って一人で暮らす夢は叶いませんでしたが、家族一緒だったことが救いかなとも思います。
プロ並みに歌のうまかったA子さんと、また一緒にカラオケに行きたかったです。
右側がA子さんです。
f0138305_2142471.jpg

3.11の我が家です。
f0138305_2154983.jpg

f0138305_216866.jpg

# by esiko1837 | 2017-03-11 21:06

カワセミその後

四日連続でお姿を見せてくれたカワセミですが、その一週間後くらいに一度だけ現れて
その後はパッタリと姿を消してしまいました。
f0138305_20384819.jpg
f0138305_20383226.jpg
f0138305_20381739.jpg
f0138305_20375416.jpg

先日、また来てくれたと思った時が有ったのですが、よく見たら違う鳥なのでした。
名前は・・・・知りません。
f0138305_20411964.jpg

母も気にして、散歩の時に注意していますが、遭うことは叶わないようです。

さて・・5年も前から動かなくなっていた換気扇をこのたび買い換えました。
どうして5年も放置していたかというと、それは誰かをキッチンに入れたくなかったからです。
もっとハッキリ言えば、キッチンの、特に換気扇周りのお掃除をちゃんとやらないと
とても恥ずかしくて工事を依頼できなかったからです。
先日埼玉の娘の家に行った時に、近くの大型ホームセンターに展示してある
システムキッチンを見て、その綺麗さと便利さに心動かされて帰ってきました。
もう30年近くも使ってきた我が家のキッチンを改めて眺めると
キッチン丸ごとリフォームしたくてたまらなくなりましたが
私もあと何年生きるかわからないのに、大金をかけてやる価値があるのかと考えた結果
本当に不具合のある換気扇だけにしようと決めました。
28年使って、このたびお役御免になった換気扇です。
f0138305_2051385.jpg

同じく28年使いましたが、やむなく現役続行となった流し台です。
f0138305_2052486.jpg

こんな汚い写真を載せてナンダカナアとは思いますが一応、普段よりはマシなのです。
で、こちらは新しい換気扇です。
ミドルクラスのものを頼みましたが、一番高価な機種は熱い蒸気が出てセルフクリーニングし、
それがタンクにたまるので、そのタンクだけ掃除すればいいそうです。
それにしたかったのは山々でしたが、何しろ値段が約30万円だそうで、即却下となりました。
f0138305_2110536.jpg

新しい換気扇、長持ちして欲しいですが、この先何年健全に働いてくれるのでしょう。
これからは、私と長生き競争になります。
# by esiko1837 | 2017-03-05 21:07

宝さがし

近所の橋のあたりでカワセミを一度見かけてから、10年以上になるでしょうか・・。
もうこの辺で見ることは叶わないと思っていたカワセミが、
なんとなんと毎日のお散歩コースの道路から見下ろす沼に居ました。
それも三日続けて!!!
たった一羽ですが、沼に突っ込んでいっては枝に留り、
あっちの枝こっちの枝と飛び移っています。
張り切って綺麗に撮りたい気持ちは山々なれど、
いつも小さいコンデジ、しかもファインダー無しなので
腕の悪さも相まってちゃんと撮ることができません。
数打ちゃ当たる方式で何枚も撮って来ては、PCのモニタでカワセミさがしをしています。
この宝さがし、案外楽しいので、このカメラでいいのかも。
f0138305_2134180.jpg

f0138305_2135727.jpg

f0138305_214211.jpg

f0138305_2144778.jpg

f0138305_215533.jpg

# by esiko1837 | 2017-02-19 21:05

埼玉に行ってきました

土曜日から二泊で、埼玉に行ってきました。
母が甥の結婚式で横浜に行くため、一ノ関駅駅までの送迎のついでに(?)
埼玉の長女の家まで行って泊まってきました。
母の末弟は私の夫と同年齢のため、母の甥とはいっても、孫(私の長女)よりひとつ年下です。
彼は今年41歳なのですが、縁あって、なんと25歳の女性と結婚式をあげました。
場所は横浜コンチネンタルホテル、夜景の綺麗な夕方からの挙式ということで、
いなかっぺ老人たちのお上りさんご一行は、私の二女の添乗で無事に列席できました。
母曰く、「とにかくお料理が美味しくて感激した。」・・・だそうです。
でも、「とっても感じの良いお嫁さんで、ずっとニコニコしてた」とも言っていました。
f0138305_2183772.jpg

その晩は同じホテルに泊まり、翌日は兄弟会ということで、
同じ添乗員のもと、熱海に行って泊まり、昔話に花が咲いたようです。
毎年兄弟会はやっていたのですが、体が本調子じゃない人もいて
「これで最後かなあ」と、最年長の母は言っていました。

私のほうは、大宮で長女一家と待ち合わせをして、鉄道博物館に行ってきました。
行くこともないと思っていたところですが、孫の絵がちょうどこの時期に展示してあるというので
ナントカ馬鹿丸出しで、ジジババ二組、親一組、そして孫と、7人がかりで見に行きました。
f0138305_21474732.jpg

まぐれで頂いた賞だと思うので、こういうことはまたは無いと思い行ったのですが
館内に展示してある年代物の列車や写真、年表などはかなり興味深く面白かったです。
f0138305_2114360.jpg

f0138305_21141915.jpg

f0138305_21143247.jpg

娘の所から、冬は富士山が結構ハッキリ見えるというので連れて行ってもらいました。
公園の真ん中あたりに小山が盛ってあって、そこに登って撮った写真です。
f0138305_2131492.jpg

東には筑波山が、これまたハッキリと見えていました。
この小山に登ると360度の大展望が拡がっているので、関東平野を実感できました。
# by esiko1837 | 2017-02-15 21:06

団塊の世代

新聞で読んだかテレビで見たか忘れましたが先日、ハッとさせられたことが有りました。
日本は何処を向いても団塊の世代がたくさんいて、それが当たり前の風景になっています。
旅行に行けば、これまた何処を見ても見渡す限り、仕事をリタイアしたらしき人々でいっぱいです。
新聞への投稿もしかり、団塊の世代の人々の書かれたものでいっぱいです。
かく言う私もその一員で、投稿はしたことが無いですが、やはりニュースは新聞に限ると
元活字中毒の余韻はいつまでも残っています。
さて、「ハッとさせられたこと」ですが、この当たり前のようにいっぱい存在する団塊の世代が
近い将来に全員いなくなってしまうと聞いたことです。
命はいつか尽きるものですから、当然、あと2~30年もすれば、ぜーんぶいなくなってしまうわけですよね。
自分や家族の死については考えたことが有りますが、この社会から、
一番多い年齢層の年寄りがゾックリ消えてしまうことには思いが至りませんでした。
田舎は今でもあまり人を見かけないのに、ますます人を見かけなくなってしまうでしょう。
新聞は、活字依存の人の嗜好品になってしまい、発行ができなくなるのでは。
列車は?バスは?病院は?買い物は?
と、考え始めたら眠れなくなりそうです。
狭い狭いと思われている日本ですが、そのうち人間はどこかに集められて暮らすようになるのでしょうか。
と、そんな事態になった頃には、とっくに消えてしまっている団塊の世代の私が思うのは大きなお世話なのでしょう。
f0138305_2092244.jpg

# by esiko1837 | 2017-02-09 20:09