<< またまた脳トレ川柳 父の実家の古法事 >>

無駄なハイテンション

参院選の選挙運動は昨日まで、今日は投票日でした。
期日前投票の割合は前回より大きかったようですが、投票率は減少したようですね。
さて、2日前の夜に某ローカルTV局から、「今回の選挙についてのアンケートにご協力頂けますでしょうか」
と電話がありました。
投票する候補者も政党も決まっていたし断る理由がないので、了解の返事をしました。
電話からは、「私はテレビ●●のアルバイトの者です。御協力有難うございます。
支持政党は有りますか?投票する候補者は決まっていますか?誰ですか?
比例代表ではどこに入れますか?」と、どこまでもアルバイト以上でも以下でも無く
かなり淡々とした声が続き、アッと言う間にアンケートは終わってしまいました。

支持政党はありますか? → はい!ずーっと前から○○党です。
投票する候補者は決まっていますか? → ○○党だから勿論、△△さんです!
比例代表はどこに入れますか? → だから!○○党しかないでしょう!

と、アンケートの集計には全く反映されないテンションの高さで私は答えてしまったのでした。
典型的なおばさんって、無駄な所でエネルギーを使っちゃうんですよね。
f0138305_19425842.jpg

by esiko1837 | 2013-07-21 19:47
<< またまた脳トレ川柳 父の実家の古法事 >>