<< が....... 冬来る >>

ふるさとの山

f0138305_20524481.jpg
昨夜の天気予報が非常に良かったので、今日は急遽、年末のご挨拶にと盛岡に行ってきました。
夫には兄が3人いて、ここ3~4年でみんな彼岸に旅立ってしまいました。
盛岡には義姉が二人住んでいるので、ご挨拶をして近況を話し合い、
昼食を頂いたりお茶を頂いたりして帰ってきました。
兄たちが存命の時は4夫婦がお盆とお正月に必ず実家に集まって賑やかなものでしたが
今は実家は無人になり、兄たちは誰もいなくなり、仲の良かった兄弟の付き合いも
この数年ですっかり様変わりして寂しいものとなってしまいました。

ここ何年かはどうも私の普段の行いが悪かったらしくてしくて、岩手山の綺麗なお姿を見ることが出来ませんでした。
が、今日はバッチリ!青空のもと冠雪を頂いてスックと聳え立つそのお姿を拝むことができました。
高速を北上すると、花巻あたりから、そのお姿はが見え隠れしてきます。
f0138305_20485536.jpg

f0138305_2049884.jpg

高速の盛岡南インターを出たあたりです。
f0138305_20494040.jpg

f0138305_20495166.jpg

市内からはこんな感じです。
f0138305_20502561.jpg

f0138305_20505318.jpg

f0138305_2051583.jpg

f0138305_20512535.jpg

f0138305_20515362.jpg

久しぶりに岩手山を拝むことが出来た私は、この山が市民の日々の暮らしに
しっかりと溶け込んでいるんだなあと深く感じました。
啄木が毎日仰いでいたであろうこの山を、
異郷の地で望郷の念の象徴として詠んだのがわかるような気がしました。
それほどに、この山は美しく雄々しく人々に迫ってきます。
で、夫はやはり毎日岩手山を見て育ったはずなのですが・・・山に目を向けることもなく
感想を述べるでもなく、ふるさとに山なんてあったっけ?てな感じなのでした。
いいけど・・。

暗くならないうちにと早めに盛岡を出発し、帰る途中の産直で買い物を。
ここは最近また巷で話題の、この方の故郷でした。
アンパンマンじゃない方ね!
f0138305_2125623.jpg

そしてその帰り、北上平野の夕暮れ前です。
f0138305_2142324.jpg

by esiko1837 | 2016-12-03 21:04 | Comments(14)
Commented by giovannibandw at 2016-12-03 21:54
こんばんは。
岩手山は、盛岡方面に出かけた時しか見ることがないので、
残念ながらふるさとの山というイメージはないです。
山といっても生活に密着しているのではなく、
地元のシンボル的存在なので、関心のない人も多いでしょう。
写真家の森山大道氏が、「遠野物語」の撮影のために遠野市に初めて行った時に、
「早池峰山はどれですか?」と訊いたら、
「知らない」と言われたというエピソードがあります。
そんなものじゃないでしょうか。
Commented by iwamoto at 2016-12-04 09:08 x
何年前でしたか、新幹線の窓に張り付いて写したのを思い出します。
東側の稜線は富士山みたいですね。 裾野が見えると、大きさを感じられます。
独立峰ではないかもしれませんが、独立しているようにも見えるので、形を追いやすいです。
時間を追った撮影だからでしょうか、影の移動が太陽の廻り込みを現しますね。
山に心を動かされ、何かを思う人もいれば、そうでない人もいる。
人によって見るものが違うのですから、仕方のないことでしょう。
だからこそ、大谷君はみんなが見つめる大英雄とも言えますね。

助手席写真は、たっぷり楽しめましたか。
Commented by esiko1837 at 2016-12-04 20:19
Lucianさん、こんばんは。
そちらから盛岡に向かって来ると、岩手山を北側から見ることになりますね。
岩手山は、北側から見たほうが断然美しいと思います。
高速で南下しながら見る岩手山のなだらかな稜線が、私は最高に好きです。
盛岡(北側)から見ると東側の裾野の稜線が見えないので、ちょっと物足りない気がしています。
いつも見て育った人たち以外は、「ふるさとの山」という認識はないでしょうね。
私にとってのふるさとの山は、やはり室根山です。
早池峰山を知らないと答えた人のこと、さもありなんという気もします。
もしかしたら、地元のお年寄りなどは、単に「やま」ととらえていたのではないでしょうか。
仰る通り、そんなものなのでしょうね。
Commented by esiko1837 at 2016-12-04 20:29
お兄さん、こんばんは。
お兄さんが岩手山を見た時って、確かテレビがデジタルに切り替えになる時でしたよね。
はてさて、あれは何年前のことだったでしょう・・・。
今↑に書きましたが、北側から見る東の稜線が富士山に似ているので
岩手山は昔から「南部片富士」と言われてきたようです。
人によって見るもの、心を動かされるものが違うこと、そうなんですよね。
わかってはいるのですが、「これほど美しい山を見て育ったのに、何も感じないのか」
なんて、つい思ってしまいます。
でも反対に私がそういうことを言われたとしたら、反感を持つかもしれません。
やはり、人それぞれということでしょう。
大昔の独身時代、職場の人たちに騙されて一度だけこの山頂に登ったことがあります。
死ぬかと思ったもので、金輪際登山はもう致しませんです。
大谷君は、奥州市の出身ですが、岩手出身にしてはかっこいいですよね。
天は二物を与えてくださったようです。
Commented by nikojisan at 2016-12-05 09:08
ワタシにとって故郷の山は何処なんでしょう・・・・??
蔵王山?・・太白山?・・泉ヶ岳?・・・
岩手産は何度か見たことがあるけれど、はっきりとしたイメージは
残ってはいませんね・・・。
磐梯山も、鳥海山も、岩木山も果ては、富士山でも
心に残るものであれば各人の思い出があれば良いのかなとは思います。
Commented by いちご at 2016-12-05 15:56 x
esikoさん、こんにちは。
ふるさとの山!って、何だか響きが良いですよね!
それにこんなに綺麗で素晴らしい山が見られるなんて、羨ましいです(*^_^*)
esikoさん以前、この山が望めるお宿に旅行に行かれてませんでしたか?(*^_^*)
朝の山の景色を撮られてたのがすごく印象に残っていて・・・
ん?もしかしたら私の勘違いでしたらごめんさいね!
それにしても青空と雪化粧した山がとってもきれい!!
見ていると何だか気持ちがスッキリします(*^_^*)
Commented by esiko1837 at 2016-12-05 20:05
るーちゃん、こんばんは。
はて・・・・るーちゃんのふるさとの山ってどこなんでしょうね。
3年位前に柴田町の船岡城址公園にお花見に行ったとき、遠くにそびえる
蔵王の山並みが雄大で感動したのを思い出します。
近くの低い山か、遠くの高い山か・・・選ぶのも大変なので、ここはどっちも「ふるさとの山」ということで・・。
岩手山は、映画「壬生義士伝」のタイトルロールに出てきます。
上に書きましたが、岩手山は北側から見たほうが美しいのですが、
南部藩を脱藩した吉村さんが主人公の映画なので、その主人公が見ていたはずの南側からの山が登場していました。
岩木山といえば、この山が高いこともありますが、周りにあまり高い山が無いせいか
青森の県央部からも日本海側からも、どこからでも見えるのが驚きでした。
山は麓からか遠くから眺めたほうが美しいですね。
Commented by esiko1837 at 2016-12-05 20:13
いちごさん、こんばんは。
言われてみれば、「ふるさとの山」って言い易いですし
響きも良いですね。
夫が盛岡出身なので、40年ちょっと前からは度々目にしていました。
でもなかなかお天気の良い時がなかったり、天気がよくても夏は冠雪が無いのでイマイチだったりと
盛岡に行った度に綺麗なお姿を拝見できてはいないんです。
なので、今回はお天気も冠雪もバッチリで、大満足のお山拝見となりました。
で、なにしろ何回も何回も写真は撮っていますので、ここにも複数回載せています。
覚えていてくださって有難うございます。
何年も前に義姉がまだ元気だったころ、お散歩コースの中にある橋から見る岩手山が大好きだと言ったことがあります。
それを聞いた私は、その橋に歩いて行って山の写真を撮ったのを思い出しました。
あれからまだ10年も経っていない気がするのですが・・・・時間は帰って来てはくれません。
Commented by renchiyan3 at 2016-12-06 05:47
おはようございます
見慣れた故郷の山ってほんと有難いですね
Commented by sustena at 2016-12-06 11:02 x
神々しいですね!先日、名古屋に行った時、富士山がめちゃくちゃきれいで撮りたかったんですが、反対側の窓だったので断念。
関係ないけど、いま息子にせがまれカメラを物色中。そこそこ小さくてカッコいいの、という要望で、LX9かα6000あたりか、社販で安くゲットできるOMーDの5か10か、それとも。。。と悩み中。最近は全然カメラの新しいニュースに接していなかったので物欲は湧かないでいたんですが、自分で使うのではないけど、dpreviewなんぞをチェックしながら唸っているこの頃なのでした。
Commented by esiko1837 at 2016-12-06 19:42
夢遊さん、こんばんは。
山を撮っておられる第一人者は、やはり夢遊さんだと思います。
夢遊さんといえば白山、白山と言えば夢遊さんというイメージが確立しています。
白山はどっしりと雄々しくて、見上げる人々に心の安定を与えてくれる山ですよね。
Commented by esiko1837 at 2016-12-06 19:49
サステナさん、こんばんは。
神々しいと言って頂いて嬉しいです。
でもこの神々しさは、雪を頂かないと雰囲気がイマイチなのであります。
一昨日は季節的にちょうどよく、お天気も良く、豊かな気持ちになれました。
でもやっぱ、殆どの日本人にとっての山と言えば、富士山だと思います。
写真が撮れないのは残念でしたが、瞼に焼き付いただけでも幸せでしたね。

カメラを息子にせがまれ・・・ということは、偉大な母が買ってあげるということですね。
何かしてあげられるうちが華と思って、おおいに悩んで買ってあげてください。
最近は私もカメラに対しての物欲が消滅してしまって、旬のカメラをよく知りません。
この頃はLX100ばかりなのですが、結構いいですよ。
あ、ミラーレスをお探しなのですね。
sonyから新型が出たようですが・・・どうなんでしょ。
Commented by iwamoto at 2016-12-08 22:51 x
大谷君は、二物を得たなんてものではございません。
二刀流は三刀流を目指すとも言いますし、見た目も最高。
一年後にはアメリカでしょうか。
例外的に、彼にはメジャーでやってみて欲しいです。
世界レベルでも、最高の野球人は日本から来たオータニだと言わせたい。
Commented by esiko1837 at 2016-12-09 09:39
お兄さん、おはようございます。
岩手は、今朝も寒いです。
大谷君は、そもそも最初からメジャーリーグが希望だったんですよね。
それが説得されて日本に留まったわけですから、その希望は叶えてもらいたいものです。
年俸が巷では4億円はいくんじゃないかと言われていたのが
二億七千万でサインしたそうで、それはメジャーに行きたいとの希望を認めてくれたからと
言ってたのをニュースで見ました。
ごねたりしないであっさりとサインした大谷君に好感を持った東北人は多かったと思います。
希望をかなえてもらいたいと、全国のファンは思っているでしょうね。
同じころ、ローカルのニュースで同じく花巻東出身の菊池雄星君が、
被災地の中学校を訪れて野球教室をやった様子を放送していました。
彼はいろいろと騒がれたあげくに叩かれて散々でしたが、
今は落ち着いたのか、物静かで優しい笑顔で中学生と接していたのが印象的でした。
大スターにはなれませんでしたが、このぐらいが東北人にはちょうどいいかと。
なんていうのは、お祖母さんが孫を思うような勝手な感想ですが。
<< が....... 冬来る >>