<< 春の嵐 北の沢はどっちですか >>

腹痛から心不全

私より一歳若い大杉漣さんが急逝されました。
私はそれを新聞の記事で知りましたが、ワイドショーなどは全く見ていないので詳しいことはわかりません。
記事によると、大杉さんは腹痛を訴えて救急車で搬送され、その後に心不全で亡くなったそうです。
腹痛から始まって数時間でいきなり心臓が止まるのかと、驚いた人は多かったと思います。
実は私、30数年前に毒キノコを食べて同じような経験をしています。
夕食に到来物のキノコを食べ、少ししてから劇症ともいえる腹痛と下痢と嘔吐でショック状態になったようで
体が硬直し、呼吸が出来なくなったのです。
夫が救急車を呼んだのですが、自分はこれで終わりなんだと、死を覚悟しました。
その時、小学校一年くらいだった長女が、何故か水を持って来て飲ませてくれました。
これを飲んだら呼吸が苦しいながらも出来るようになり、救急車にも乗ることができました。
入院一週間で家に帰ることができましたが、長女が水を飲ませてくれなかったら、私は生きていなかったと思います。
今思えば、急激な脱水症状になったのかなとも思いますが、生身の私たちですから、
何時突然に命に関わることが起きるかわかりません。
あれ以来、枕元には必ず水を置いておくようにしていますが、当時元気だった祖母の言葉も忘れられません。
「この物の豊富な時代に、なんで山からタダでとって来たモノを食べなきゃいけないの。
 キノコを食べたかったら、シイタケとナメコにしておきなさい。」
あの時は本当にそうだと心から思いましたが、この先、食べ物が豊富な時代がいつまで続くかはわからなくなってきましたよね。
急逝された大杉さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

                             氷点下11度の朝の風景です。
f0138305_20142794.jpg
f0138305_20143364.jpg




by esiko1837 | 2018-02-24 20:18
<< 春の嵐 北の沢はどっちですか >>