<< 春の嵐 北の沢はどっちですか >>

腹痛から心不全

私より一歳若い大杉漣さんが急逝されました。
私はそれを新聞の記事で知りましたが、ワイドショーなどは全く見ていないので詳しいことはわかりません。
記事によると、大杉さんは腹痛を訴えて救急車で搬送され、その後に心不全で亡くなったそうです。
腹痛から始まって数時間でいきなり心臓が止まるのかと、驚いた人は多かったと思います。
実は私、30数年前に毒キノコを食べて同じような経験をしています。
夕食に到来物のキノコを食べ、少ししてから劇症ともいえる腹痛と下痢と嘔吐でショック状態になったようで
体が硬直し、呼吸が出来なくなったのです。
夫が救急車を呼んだのですが、自分はこれで終わりなんだと、死を覚悟しました。
その時、小学校一年くらいだった長女が、何故か水を持って来て飲ませてくれました。
これを飲んだら呼吸が苦しいながらも出来るようになり、救急車にも乗ることができました。
入院一週間で家に帰ることができましたが、長女が水を飲ませてくれなかったら、私は生きていなかったと思います。
今思えば、急激な脱水症状になったのかなとも思いますが、生身の私たちですから、
何時突然に命に関わることが起きるかわかりません。
あれ以来、枕元には必ず水を置いておくようにしていますが、当時元気だった祖母の言葉も忘れられません。
「この物の豊富な時代に、なんで山からタダでとって来たモノを食べなきゃいけないの。
 キノコを食べたかったら、シイタケとナメコにしておきなさい。」
あの時は本当にそうだと心から思いましたが、この先、食べ物が豊富な時代がいつまで続くかはわからなくなってきましたよね。
急逝された大杉さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

                             氷点下11度の朝の風景です。
f0138305_20142794.jpg
f0138305_20143364.jpg




by esiko1837 | 2018-02-24 20:18 | Comments(8)
Commented by iwamoto at 2018-02-25 00:53 x
岩手に住む方から、キノコ狩りに誘われたのですが、キノコは怖いよ、と言ってお断りしました。
ネマガリタケを採りに行って翌年くらい(笑)
食べて終わりなら、それはそれで良いのですが。 ほかのお別れよりね。

寝起きの写真ですか、何を着ていらっしゃるのでしょうか。
わたしもパジャマで庭の写真を撮りますけど。
ま、お互いに、いつサヨナラするか分りませんので、生きてる間はよろしくお願いします。

きょうの晩ご飯は、煎餅鍋みたいなもので、それを突つきながらカーリングの後半をチラチラと。
まさか、メダルが取れるなんて。 オメデトウ。
Commented by ブル at 2018-02-25 04:37 x
そうですか、キノコでそんなひどい経験がありましたか。まだ小さかった娘さんから
飲ませてもらった水がそんなに効きましたか。ひどい経験の中に、そんないい思い出
ができているのは素敵なことですね。などと言うのは不埒かしら。。。

私はキノコや毒物では経験ありませんが、食中毒になりそうなものは数限りなく口に
してます。でも今までのところ下痢を起こすに留まってます。本質的に胃は強いよう
です。(^^ゞ

大杉漣さんの急死は私もショックでした。いろいろなことができるいい俳優さんでし
たからね〜。いろいろできてもわざとらしさがないところが好きでした。(^^ゞ

マイナス11度の風景ですか。いいですね。こちらの景色とはちょっと違います。雪
があまり降らないオランダですから。青空が広がることが多く、私はマイナス10度
前後の寒波は大好きです。日本にいた頃から寒さには強かったです。それと、スキー
に狂っていたのでした。
Commented by esiko1837 at 2018-02-25 19:27
お兄さん、コメント有難うございます。
はい、キノコは本当に怖いです。
残り少ない人生ですから、危うきに近寄らずでいきましょう。
ネマガリタケは毒の危険はありませんが、熊に遭遇したり帰り道がわからなくなったりという危険はありますから、これからはお店で売られているものだけを食べたほうがいいでしょうね。

この写真を撮った時は、厳寒期に履くために作った厚手のフリースのオーバースカートを着用していました。
朝は家の中が暖まるまでに時間がかかるのと、私の散らかし部屋が結構足下が寒いので、お昼ごろまではいつも履いています。
見た目は悪いのですがとても暖かいので、冬の必需品です。

カーリング女子ですが、まさかの銅メダルでしたね。
今日は女子会で出かけていたので、録画のエキシビジョンをこれから見るつもりです。
Commented by esiko1837 at 2018-02-25 19:44
ブルさん、コメント有難うございます。
そうなんです、あの時に亡くなっていた可能性も非常に高いので、そうだったとしたら今こうやってデジタル文化に触れることも無かったでしょう。
当時は今のようなネットの環境など想像もできなかったのですから、科学の進化とは恐ろしいものです。

大杉漣さんは同世代のファンが多かったのではないでしょうか。
同世代の方々に共感してもらえる貴重な役者さんだったと思います。
何を食べて腹痛になったのか、または心臓が悪くなってるための症状の一つとして腹痛になったのか・・同年代の私たちとしてとても気になるところです。

マイナス11度が我が家の外気温の今年の最低です。
これが何回かありましたが、これ以下にはなっていません。
母が、「温度計がそれ以上下がらないように壊れてるんじゃないの?」との疑問を呈しましたが・・そうではないでしょう。
韓国から嫁に来た知人がオリンピックの寒さに触れて、「今年の韓国はシベリアより寒いんだって。」と先日言っていたのですが、多分、シベリアだって今年はいつもより寒いのではないでしょうか。
オランダも氷点下の二桁になってるのですね。
そんなに寒くても雪が殆ど無いなんて想像できません。
ブルさんは日本にいたころはスキーをされていたのですね。
そういえばオリンピックのビッグエアで4位になった岩渕選手は、一関市民です。
岩手と言えば雪国なので、みんな小さい頃からウィンタースポーツに親しんでいるイメージがあるかもしれませんが、実は全くそういう文化はありません。
私の周りはスキーもスケートも全く経験の無い人が殆どです。
なので、岩渕選手は、親御さんがよっぽどの愛好家だったということになりますね。
Commented by いちご at 2018-03-01 09:17 x
おはようございます。
親しみある俳優さんが亡くなられましたね。
つい先日までテレビで拝見していたのに・・・と、本当に寂しい気持ちです。
少し前にご近所のご年配の方が、「今年は寒いから不幸に行くことが多かったよ」っておっしゃっていました。
やはり、寒さは心臓に負担がかかるのかしら・・・
今日から3月。やっと暖かな春が訪れますね。
今年もesikoさんちの景色を見せてもらえるのを楽しみにしています(^^)
Commented by esiko1837 at 2018-03-01 20:23
いちごさん、コメントを有難うございます。
大杉さんを嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか。
同年代をはじめとして、どなたにも愛された俳優さんだったと思います。
盛岡を舞台にした朝ドラ「どんとはれ」ではヒロインのお父さん役だったなあと思い、懐かしいです。
今年は寒いからなのでしょうね、私の知ってる方も複数人亡くなられています。
新聞の慶弔欄を見ると、50代から60代の方が結構亡くなられています。
うちでは脱衣室にストーブを置いて、母と夫はつけているのですが、私はかなり遅れて入るので勿体ないと思い、使っていません。
が、命には代えられないので使おうかなと・・・来年から・・かな。
やっとでも3月になりましたね。
春が来ると思うだけで気持ちが明るくなってきます。
Commented by paoまま at 2018-03-12 13:15 x
三月も半ばに入って来たせいか、日中はぬくい日差しで有難い事ですが、そちらはどうでしょうか。
大杉連さんは前から知ってる役者さんでしたが、昨年からは「ゴチになります」にレギュラー出演され、
「あれっ?こんな面白い人じゃったん?」
と、楽しみにしていたのに残念な事です。
わたくし事ですが、親しくしている友人K子ちゃんの妹さん(まだ35くらい)がスキルス胃がんでこの一日に亡くなりました。
下のお子さんは一歳にまだなっていません、つまり妊娠中にガンが判ったので治療が遅れ、ガン発覚から一年ももたずに旅立ってしまいました。
どんなに残念無念だった事かと思うとやり切れません。
私は30代のころに、やはりスキルス胃がんで34才のママ友を亡くしました。
あの時もガンが判ってから1年くらいで死んでしまいました。
親しい人をこんなに若くして二人もスキルス胃がんで亡くすとはちょっと信じられない思いです。
「身近な友人を二人もスキルス胃がんで亡くすなんて、そんな確率は多分宇宙的な数字じゃろうけぇ、絶対に妹は助かるよ!」
と、K子ちゃんを励ましていたのに本当に残念です。

早くに旦那さんを亡くした先輩が、「この世での修業が足りた人からお浄土にいくんじゃと」
と、お寺さんから言われた法話で私を慰めてくれましたが、その話はとてもK子ちゃんには言えません。
結婚前は広島でバリバリお仕事していた妹さんは、他県へ嫁ぎ専業主婦となっていたので、嫁入り先からは「嫁にきてからは仕事もしてなかったし、つき合いはないだろうから香典も弔電も受けないように」と言われたらしく
「密葬になったので弔電も要らんのんよ、ごめんね」とK子ちゃんに言われ、
「女は嫁に行った先で早くに死んだら婚家先のご意向次第なん?悲しいねぇ」
おまけに嫁入り先が「こんな早くに死ぬだなんて”ハズレ”を引いたもんだわ」みたいな態度をチラチラ見せるのが悔しいとK子ちゃんが泣きながら訴えるのがさらに辛いです。
すみません、なんかとりとめもなくダラダラ書いてしまいました。
まだまだなんぼでも愚痴りそうなので、もうここでやめますごめんなさい。

Commented by esiko1837 at 2018-03-24 22:28
ままさん、ごめんなさい。
10日以上も返信を書かないでしまったこと、お詫び申し上げます。
先日中はかなり寒い日もありましたが、今日はとても暖かかったです。
なので、畑仕事も始まり、今日はホウレンソウとネギの種を蒔いてきました。
大杉漣さんのことは、本当に残念です。
盛岡での「漣っぽ」が先日、追悼番組として放送されたのですが、終点が夫の実家の近くでした。
今度また行ってみようという気になりました。

お友達の妹さんが、若くして亡くなられたのですね。
妊娠中にガンがわかったなんて・・・なんと悲しいことでしょう。
スキルス性胃がん・・・わたしの周囲ではあまり聞かないのですが、ままさんの周りでは、そういう悲しい
ことがあったのですね。
ご遺族にとってはかなり深刻な状況になりますね。
妊娠中に虫垂炎の手術を殆ど麻酔なしで受けた方は近所にいますが、がんの治療をした人は私は知りません。
宇宙的な数字とままさんが思われるのは無理もないと思います。
K子ちゃんの妹さんに対しての婚家の方の扱いはひどいですね。
K子ちゃんのご両親や親族の方々の悲憤はいかばかりかと思います。
残された子供さんが本当のお母さんを失ったことも悲しいですね。
私がおばあちゃんだったら、亡くした娘の代わりに引き取りたい気持ちでいっぱいになるでしょうが、父親が承諾するわけもないでしょうし。
人間、いろんな種類の悲しみがあるものだと思いました。
<< 春の嵐 北の沢はどっちですか >>