<< 夏みかん仕事 南無阿弥陀仏 >>

MRI初体験

私の膝は一進一退を続けています。
殆ど普通に歩ける日があるかと思えば歩行困難の日もあったりします。
年末に膝をぎっくりとねじってしまった時に診て貰ったお医者さんは相変わらず何の指導も説明も無く、ちょっと見て「水がまたたまったようだから抜きましょう」でおしまいです。
サポーターも私が聞くまで触れませんでしたし、筋肉を鍛えるための体操については、こちらから言っても返事もしてくれませんでした。
なのに、異常に人当たりはいいし、注射もものすごく上手です。
膝の回復は長くかかるのは知っていますが、2ヵ月半経っても炎症が治まらないので、昨日は信頼できそうな別の医院に行ってみました。
そこの先生によると、「変形性関節炎だけでは出血はありません。膝をねじった時に、そこで何らかの事件が起こったのだと思われます。今更という気もしますが、MRIをとってみましょう」ということになりました。
膝の模型を使ってちゃんと説明もしてくれて、患者としては絶大なる信頼感を持つことができました。
そのMRIですが・・「先生、私は閉所恐怖症なんですけど、大丈夫でしょうか?」という馬鹿な質問に、先生は「エレベーターは怖いですか?」と私に聞き、私が「長いトンネルは怖いですが、エレベーターは大丈夫です」と答えたら、「じゃあ大丈夫です。」と返事をしてくれました。
そういうわけでさっきMRIの検査を受けて来たのですが、案ずるより産むが易しとはよく言ったもので、閉所恐怖症は何処へやら、私は起こされるまでぐっすりと眠っていたのでした・・・・・。
f0138305_17101274.jpg

by esiko1837 | 2008-03-11 17:13
<< 夏みかん仕事 南無阿弥陀仏 >>