<< マザコンの唄 夏みかん仕事 >>

春は別れのシーズン

私たちの村に12年間も住んで、子供たちとも大人たちともすっかり仲良しになったアメリカンのAさん一家が、新しい職を得て青森県に引っ越すことになりました。
Aさんが大学時代、日本から留学していたNちゃんと恋に落ちて婚約し、Nちゃんの国である日本に職を求めて、12年前に中学校の英語指導助手としてこの村に来たのが彼らとの出会いでした。
こちらに来て少ししてからNちゃんの実家の近く(東京)で結婚式をし、私の友人夫婦はお仲人を頼まれて東京まで行ってきました。
あれから12年・・・・子供は一人増えまた一人増え・・・・可愛い男の子ばかりの4人兄弟になり、彼らは6人家族になりました。
近所のおばあさん協力隊が微力ながら子育てのお手伝いをさせてもらっていましたが、4人のオムツを代々取り替えてきた私も友人たちも、子供たちとのお別れを思うと今から涙が出てきて困っています。
先日は、若い人の発案で広く皆さんに呼びかけて、公民館で彼らの送別会をしたのですが、会場に向かう途中で、参加するべく歩いている子供たちの数の多さに・・・彼は学校でこんなに慕われていたんだと思うと感動して、またまた涙がとまりませんでした。
こんな人間の少ない村で、当日は250人もの人たちが来てくれて、賑やかな送別会になりました。
f0138305_8193653.jpg

出会いがあれば必ず別れはありますから、仕方の無いことなのですが、4人のうち誰かが、我が家の中や外でチョロチョロと動き回っていた賑やかな日々は・・・もう絶対に帰ってきません。
f0138305_810399.jpg

by esiko1837 | 2008-03-16 08:28
<< マザコンの唄 夏みかん仕事 >>