<< 石と賢治のミュージアム 毎日必ずやっていること >>

Kさんのこと

f0138305_1720778.jpg
二女の同級生のお母さんと、久しぶりに昨日少し立ち話をしました。
Kさんは私より少し年下で、30歳の娘さんと29歳の息子さんがいます。
近くに住んでいる娘さんには、6歳を頭に3人の子供さんがいて、同居している息子さんには4歳(?)の息子さんと2歳の男女の双子の子供さんがいるそうです。
そこまでは普通に聞いていた私ですが、ぶったまげたのはその後です。
息子さん夫婦は共稼ぎをしているので、おばあちゃんは同居している3人の孫の面倒を毎日みているそうなのです。
その上・・・・娘さんは6歳の子を保育園に入れて2人の子供たちは自分でみていたそうですが、生活のためにアルバイトをしたいからと、週の半分は下の2人の子をおばあちゃんに頼んでいるそうなのです。
しかも、上の子も保育園にお迎えに行ったりすると、最高で6人の孫の世話を、おばあちゃんが一人でみているそうなんです。
私は、孫がこちらに来ているときに娘が一日外出していたりすると結構疲れてきますから、もうKさんの日常を、話に聞いているだけで具合が悪くなってきました。
あちらは穏やかに、「だって私しかみる人がいないんだからしょうがないよね。」なんて言っていたのですが、勝手に激高した私は、「なんで保育園にいれないのよ!親はおばあちゃんの体が心配じゃないのか!息子たちに強く言ってそうしなきゃ駄目!!」なんて叫んでしまいました。
でもKさんはあの様子では、この先何年も一人で何人もの孫さんたちの世話をみ続けていくのでしょう。
さよならをしてKさんが車に戻って乗ろうとしたら・・・・エンジンをかけっぱなしの車のドアは内側からロックされていて、孫にロックを開けるように何回も窓の外から説明しているKさんがいました。
正直・・・普通、小さい子を車に残しておくんだったらエンジンは切ってキーは持って降りるよなあ・・・と思った私でした。
大きな事故などが無ければいいのですが、息子さんと娘さんにはおばあちゃんの大変さがわかっているのかなと、かなり心配になりました。
by esiko1837 | 2008-03-28 17:24
<< 石と賢治のミュージアム 毎日必ずやっていること >>