2016年 01月 27日 ( 1 )

日本出身力士

今場所、10年ぶりで日本人の琴奨菊が優勝しましたが
母が大相撲好きなもので、毎日テレビ桟敷で見ていました。
そして琴奨菊に優勝の期待がかかってきた頃に、アナウンサーが
「日本出身の力士が優勝したら、これは10年ぶりです」と繰り返しました。
母は、「なんでわざわざ出身とつけるんだろう。違和感があるから日本人といえばいいのに」と
そのたびに言っていました。
私も同じように違和感があったので調べてみたら、
モンゴル出身で今は帰化した旭天鵬 という力士がいたからでした。
それにしても相撲は国技なのですから、「日本出身」の力士にもっと強くなって欲しいものです。

ところで、友人の孫で3歳になるK君は、お父さんの影響で大の相撲好きです。
お相撲さんの名前はもとより、取り口まで殆ど知っています。
K君のご贔屓は、大砂嵐だそうで・・なんとも渋い趣味なものです。
私が、「猫だましってどういうの?」って聞いたら、小さい両手を自分の顔の前で
パチンと叩いてみせてくれました。
琴奨菊が白鵬を破った日、大叔父さんがK君一家を国技館に連れて行ってくれたそうです。
あの取り組みのあと、場内は座布団の嵐がやまず、K君のお父さんも飛ばしたかったそうですが
子供の教育上よくないと我慢したそうです。
そうしたらK君は、「お父さん、おうちに帰ったら二人で座布団飛ばそうね」と言ったそうです。
帰ってから飛ばしたかどうかは、聞き忘れました・・・。
しかし・・・・あの時の座布団は本当に凄くて、両力士が土俵から去っても
いつまでも舞っていましたっけ。
f0138305_21332780.jpg
f0138305_21334095.jpg

by esiko1837 | 2016-01-27 21:37